おばさんの料理教室

家庭菜園の野菜を使い皆で料理を楽しもう

おばさんの料理教室No.2707 赤いピーマンの油炒め

2017年10月15日 | 日記

赤いピーマンの油炒め  

ピーマンの収穫が終わりに近づくと見事に赤いピーマンが現れる。緑と合わせて油炒めを楽しみます。

  

① ピーマンを縦に二つに切り種を取り除き、胡麻油・塩・胡椒で炒め、最後に香り付けに醤油をふり、鰹節を加える。

② お皿に盛りつけ出来上がり。

  *その他ちりめんじゃこや野菜・玉ねぎ・人参を一緒に炒めるのも良い。 

昨年の昨日のブログ 

*フランクフルトを使ったゴーヤチャンプル 

ゴーヤも収穫終わりになりました。豚肉の代わりにフランクフルトを使いました。

                              

 サラダ油で、溶き卵に醤油・塩で味付けして炒めて、かき混ぜて柔らかい位で取り置く。 

 ゴーヤを薄切り切り、塩でもんで取り置く。 

 サラダ油でフランクフルトを炒め、油に旨味を移す。 

④ ③にゴーヤ・豆腐を入れ、コンソメ・塩・胡椒で味付けて①を混ぜる。 

*今回は豚肉の代わりフランクフルトを使いました、野菜は人参・玉ねぎ・椎茸等季節の物で、硬いものから順に加える。味付けは豆板醤などでも良い。 

⑤ 皿に、④を盛りつける。 

チャンプルとは、野菜豆腐などを炒めた、沖縄の方言で「混ぜこぜにした」というような意味があり、野菜や豆腐に限らず、さまざまな材料を一緒にして炒める。ありあわせの野菜に、毎日手に入る豆腐、保存食である塩漬けの豚肉などを、加えた家庭料理であるが、沖縄県以外の日本各地でも食べられるようになった。 

                  初雪カズラ 

           



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加