おばさんの料理教室

家庭菜園の野菜を使い皆で料理を楽しもう

おばさんの料理教室No.2759 食用菊と新小松菜の合わせおひたし

2017年12月11日 | 日記

食用菊と新小松菜の合わせおひたし

 

①  新小松菜を煮沸食塩水(1~2%約*海水は3%)に1分ほど茹で、冷水にくぐらせ色止め。適当な大きさに切る。

②  食用菊も沸騰水にさっと入れ冷水で冷やす。

③  ①・②を合わせ醤油で合えて出来上がり。

新小松菜は、青梗菜と小松菜の掛け合わせの新しい野菜で耐寒性が強く、冬でもよく生育を続ける。

 昨年の昨日のブログ

*大根の皮のキンピラ 

今の時期大根の収穫真っ盛り、おでんを作る時にかつらむきした皮をキンピラにしました。 

   

①  細く切り、油でいためながら砂糖・醤油で味付けして出来上がり。 

*好みにより種を取ったタカ爪輪切りにしたものを味付け時に加える 

② 皿に盛り付け好みにより唐辛子を掛ける。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おばさんの料理教室No.2758 イクラご飯

2017年12月10日 | 日記

野菜と花を育て美を眺め食を楽しむ 

いくらご飯 

いくらの季節が始まり、美味しそうなのでスーパで買い求めました。 

  

 丼にご飯を軽く盛る。 

 刻み海苔をご飯に乗せる。 

 いくらを乗せる。 

 わさびを天盛り。 

 刻み葱を添える。 

 たま杓子1杯の出し汁をかけ出来上がり。  

* いくらは熱湯をかけすぐ球をほぐし。醤油・塩・味噌(酒でうすめて)をそれぞれ好みの味で混ぜ2~3時間冷蔵庫に置くと良い。 

* 山芋を添えるのも良い 。

* マグロ・雲丹丼も同じで乗せる物が違う。 

* 万能出し汁・・かつお昆布出し汁に薄口醤油と本だし。 

* お酒・みりん 旨味醤油で作っておく。

 昨年の昨日のブログ

*大根なめし(葉の部分)

今の時期大根の収穫真っ盛り、葉っぱビタミン豊富、それに魚のそぼろなどを天盛りするのも尚良い。     

 

①  煮沸食塩水(1~2%約*海水は3%)に大根葉の茎を先に浸け、次に葉を浸け1分以内。

②  湯がいたら、冷水にくぐらせ色止めし、水切りして、出来るだけ細かく切り、昆布茶・塩を混ぜる。

③  お椀にご飯を盛り大根葉を天盛り。

参考

* 若い大根葉の茎は、しょりしょり感があり美味しい。

* 塩をまぶして一夜冷蔵庫で軽く醗酵した物は格別の日本食の味だ。

* ゆかり(紫蘇の塩まぶし)をまm葉が茶色になる。

* 魚のそぼろは鯛・ハマチ何でも良い。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おばさんの料理教室No.2757 イクラかまぼこ盛り

2017年12月10日 | 日記
  • イクラかまぼこ盛り

  • イクラは今年大不作ですが、豪華にかまぼこと楽しみました    
  • ① イクラ・蒲鉾・わさびを皿に盛る。
  • ② ①にぶどうを飾り出来上がり。
  • 昨年の昨日のブログ

  • *大根なます

    秋口に種を播いた大根の収穫が真っ盛り、イカ大根に炊いても味がとても美味しい、今回は大根なます作りました。

                    

    ①  大根を繊維に沿って千切りにする(スライサーでも可)塩少々を混ぜ1時間置く。葉は湯通し細かく切って置く。

    ② 人参を大根の1/10の割合で細く切り(スライサーでも可)大根  より少し柔らかめに塩もみする。

    ③ ①の大根の水を搾り、人参を均一に混ぜる。干し柿も良い。

    ④ 酢:砂糖=3:1の割合で砂糖を溶かし③の大根・人参を良く搾り均一に混ぜて出来上がり。

    *数時間置いておくと味が浸みこみ良い。

    *冷蔵庫に数日置く場合は甘酢液を少し多めが良い。

    *青紫蘇のみじん切りや柚子の搾のり液も風味がある。

    *長期保存は塩を多め、少ないと葉が茶色になる。

    *葉は湯がく事は殺菌・虫退治、水にさらすのは色止めとアク抜き。


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おばさんの料理教室No.2756 カレイの唐揚げ

2017年12月08日 | 日記

カレイの唐揚げ

  

 カレイにメリケン粉をまぶす。

② 160で℃カリッと揚げる。

③ お皿に②を盛り付けて出来上がり。

*お好みで季節の野菜を盛り付けるのも良い。

昨年の昨日のブログ

*柚子のタネのお茶 

柚子の種はお茶にして飲むと風邪予防・ジンマシンが出た時とか、歯槽膿漏に聞くとか消炎効果があるとか。 

   

①  柚子の種を天日干しで、からからに乾燥させ、保存しておく。 

②  ①の種を、お猪口1杯の種に水200mℓの割で7~8分煎じて飲む

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おばさんの料理教室No.2755 鯖缶を使ったカレー

2017年12月07日 | 日記

*鯖缶を使ったカレー 

肉の代わり鯖缶を使い、ジャガイモの代わりヤーコンが収穫したのでこれを使いました。

   

鍋に水・人参・玉ねぎ・ヤーコン・だしの素などを加えて煮る。

②  カレー粉・ルーを溶かして、とろ火でかき混ぜる。

③  ご飯を盛りつけ②をかけて出来上がり。

野菜は季節の、しめじ・なすなどの野菜や好みによりにんにくも。

昨年の昨日のブログ 

豆腐と柚子味噌 

 

① 豆腐とネギを熱湯で温めて一口大に切る。 

② お皿に盛り付け、柚子味噌を天盛りして出来上がり。 

 *柚子味噌は柚子と味噌をフードプロセッサーで細かくする。

 

 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おばさんの料理教室No.2754 柚子ジャム 

2017年12月06日 | 日記

*柚子ジャム 

先日収穫した柚子でジャムを作りました。

  

 

①  洗った柚子400gを縦に切り、汁を絞り取置く。

②  皮とわたをフードプロセッツサーで細かく潰す。

③  ②を水100mlと砂糖100gで煮て、沸騰したら2~3分かき混ぜて火を止め、①の絞り汁を少々混ぜ出来上がり。

    *絞り汁の保存は柚子酢に対し5%の塩を溶かす。

昨年の昨日のブログ

ジャガイモの初収穫 

先日、ジャガイモの初収穫、早速ソテーにしました。 

  

       レッドムーン      ソテーに柚子味噌を天盛り

 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おばさんの料理教室No.2753 オクラ納豆

2017年12月05日 | 日記

野菜と花を育て美を眺め食を楽しむ

*オクラ納豆

オクラが沢山収穫出来、食べられない物を、冷凍保存したものを解凍して納豆・卵を混ぜ朝ごはんのおかずが出来上がり。

    

①  オクラを冷凍庫から取り出し解凍しておく。

②  ①に納豆・卵を混ぜて出来上がり。味付けは醤油。 

昨年の昨日のブログ

 *小芋の柚子山椒の田楽  

    畑からおこしたての小芋はぬめりがあり大変美味しい.

       ① 小芋を洗い、皮のまま沸騰したら15分煮て、皮を手で取り除く。  

     この方法は、皮は手で簡単に剥ける。  

② 皿に盛り、柚子と山椒の実(又は葉っぱ)をフードプロセッサー潰したものを天盛りして出来上がり。柚子味噌でも何でも合う。 

*山椒の実や葉っぱは冷凍保存したもので良い。 

*煮る場合の出汁は、昆布15g・水1ℓに夏場30分・冬場1時間浸け 取り出し煮沸させ、鰹節25gを入れ、火を止め鰹節がしずめばこす。なければ出汁の素を水で溶いても良い。 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おばさんの料理教室No.2752 柚子の醤油麹和え 

2017年12月04日 | 日記

*柚子の醤油麹和 

               柚子を輪切りに薄く切り、醤油麹を混ぜ出来上がり。

  

①  柚子を洗い輪切りに出来るだけ薄く切る。

②  ①に醤油麹を和えて出来上がり。

昨年の昨日のブログ 

*ハマチの刺身こんな食べ方 

今、ハマチの美味しい季節。柚子が沢山収穫したのでハマチに柚子をたっぷり絞り食べました。 

      

① ハマチを刺身用に切る。 

② 皿に盛り付け醤油・柚子の汁をたっぷり絞り、山葵を添えて出来上がり。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おばさんの料理教室No.2751 赤魚の煮付け 

2017年12月03日 | 日記

野菜と花を育て美を眺め食を楽しむ

*赤魚の煮付け

先日、赤魚が美味しそうで買って来ました。

  

赤魚の鱗を剥がし内臓を取り除く。

鍋に①を入れ、酒・醤油・みりんだけで、煮て汁が無くなるまで煮詰めて身が固い状態で出来上がり。

  先日、猿が我が家の裏山からフェンスを通り表の道路に抜けて行った。 

 

昨年の昨日のブログ

*柚子の高級ジャム 

先日収穫した柚子でジャムを作りました。 

     

①  洗った柚子400gを縦に切り、汁を絞り取置く。 

②   皮とわたをフードプロセッツサーで細かく潰す。 

③   ②を水100mlと砂糖100gで煮て、沸騰したら2~3分かき混ぜて火を止め、①の絞り汁を混ぜ出来上がり。 

  *絞り汁は沸騰させると香りが飛ぶので煮沸しないこと。 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おばさんの料理教室No.2750 大根葉納豆

2017年12月02日 | 日記

*大根葉納豆

今、大根葉が大変美味しい。茹でて納豆・卵と混ぜました。

    

① 大葉を軽く茹で細かく切る。

② ①と納豆卵を混ぜて出来上がり。 

昨年の昨日のブログ

*簡単オムレツ 

*朝ごはんのオムレツを簡単につくりました。 

           

① 玉ねぎ細かく切りサラダ油で炒める。 

② ショルダーベーコンを細かく切り①に入れる。 

③ 溶き卵(昆布茶・胡椒少々)を流し入れ、全体を混ぜて半熟になれば平らにして、蓋をして3~4分で出来上がり。 

④ ほうれん草のおひたしを盛りつけました。 

  *ベーコンの代わりに牛肉・豚肉・つな缶・イカ・明太子でも良い。 

  *野菜はジャガイモ・人参・ほうれん草など季節の野菜で良い。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おばさんの料理教室No.2749 柚子素麺

2017年12月01日 | 日記

野菜と花を育て美を眺め食を楽しむ

柚子素麺 

  先日畑で柚子の収穫33kg、これを使って柚子素麺を楽しみました。

 

柚子を洗い薄くスライスして置く。

そうめんを茹でる。

②を器に盛り、①を天盛りsh素麺つゆをかけ出来上がり。

*錦糸卵玉子・ハムの細切り・きゅうりの細切り・トマト・エビなどを天盛りも好みで。 

黒豆の豆ご飯  

                                                        赤く炊き上げる方法 

                                

① 保存乾燥豆1カップを水で1夜ふやかし、鍋(アルミはだめ)に重曹1gを入れ20分煮て、ザルで濾す。 

② 炊飯器に洗った米(3合・もち米1合)・①の煮汁+分量になる水・昆布茶少々を入れ混ぜて、上に煮た豆を置き炊く。 

 炊きあがりが濃い赤に出来上がり。 

 

 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おばさんの料理教室No.2748 鮭のムニエル

2017年11月30日 | 日記

野菜と花を育て美を眺め食を楽しむ

*鮭のムニエル

   9月5日に苗を植え付けたブロッコリーが、先日の初収穫。 

   

① に塩小匙1/4・胡椒少々で下味を付け10分置き、水を拭いてビニール袋に入れ小麦粉大匙1.5で均一にまぶし、サラダ油で両面を焼く。

② 皿に盛付けブロッコリーと柚子を天盛り出来上がり。

*好みのタルタルソースなどで食べる。 

昨年の昨日のブログ

*簡単ちりめん山椒  

今年、我が家の山椒の実を摘み採り、冷凍保存しておいた山椒を使いました。    

① ちりめんじゃこを、ザルに入れ、その上から熱湯をかけ生臭みを取る。 

② 鍋に料理酒・醤油を入れ煮たて、ちりめんじゃこを入れ、適当に煮て、仕上がり寸前に実山椒を入れる。 

③ 煮えたら、煮汁を切って、バットに広げて冷ます。 

*煮汁は次回に使うか、他の料理に使う。 

 山椒の実は10秒程熱湯に入れ、冷水で冷やし、冷凍保存しておくと何時までも緑を保つ(これは酵素の働きをなくす事)。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おばさんの料理教室No.2747 大根を使った卵焼き 

2017年11月29日 | 日記

*大根を使った卵焼き 

               今、大根葉が大変美味しい。茹でて大根ナメシなども。

    

①  大根の葉を軽く茹で細かく切る。

② ①と卵を混ぜ、塩・醤油で味を付け焼いて出来上がり。

 昨年の昨日のブログ

ター采おしたし      

   9月29日に種を播いたターサイが収穫の時期を迎えました 

    

  鍋に水、塩を加える(濃度1~2%位)、沸騰したらター采の茎の部分、葉と入れ、45秒~1分程で引き上げ水で冷やす(色止め・あく抜き効果) 

 適当な大きさに切り、水を絞る。 

 ボールに切ったター采を入れ、醤油・鰹節を入れて混ぜて、出来上がり 

*今の時期柚子があるので、薄くきりター采に天盛りしました。 

*葉が大きい場合は適当な大きさに切る。 

* 好みにより、半分すりつぶしたゴマを入れるのも 

* 野菜は新鮮な物ほど美味しい。 

* 食用菊の花等があれば色彩り混ぜると。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おばさんの料理教室No.2746 ジャガイモのコロコロ煮

2017年11月28日 | 日記

ジャガイモのコロコロ煮

じゃがいもの収穫が終わり、種芋(50g以下)にならない小さいじゃがいもはころころ煮にします。(じゃがいもはデストロイヤー

    

ジャガイモを5分茹で薄皮をむく。

①を鍋に入れ、サラダ油(ゴマ油)少々で炒め、ジャガイモに油をからめる(1~2分)。

*油で揚げてから煮ても良い

② ジャガイモ全体に油が回れば、醤油・砂糖・だしの素を加え、柔らかくなるまで煮詰めて出来上がり。

*煮る時、大きいジャガイモを下にして煮ると良い。

煮汁が少なくなってきたら、コロコロ転がして全体にからめる。 

昨年の昨日のブログ

なすの鍋しぎ  

 野菜が高い中で、茄子が安く売っていたので、シンプルに胡麻油で・みりん醤油砂糖で炒めました。 

*好みで豚肉ピーマンししとうや・生姜を入れても調理法としては炒め煮で、水を入れず調味料野菜の水分だけで煮ることが多おい。          

  鍋しぎとは、茄子を用いた日本の家庭料理(郷土料理)。栃木県ではあぶらみそという名で知られている。 

 茄子を縦に切り、練り味噌を塗って焼く「味噌田楽」を、江戸では「しぎ焼き」とも呼んだ。「しぎ」というのは、調理されたなすの形がに似ていることから、あるいは切り取った茄子のヘタが鴫の頭部に似ていたから、もともと「鴫壷焼」という鴫肉と茄子を用いる料理であったが、精進料理で肉を使わずに作ったものが普及したため等、諸説がある。 

 

 



     

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おばさんの料理教室No.2745 ネギとイカ・椎茸のヌタ

2017年11月27日 | 日記

ネギとイカ・椎茸のヌタ

霜が始まり、ネギはヌルミが出始め最高に美味しくなりました、イカは冷凍ロールイカ使いました。椎茸も採り立て。

  

煮沸水に塩少々、4~5cm位に切った、ネギの根元の白い部分を先に入れ、暫くしたら青い部分を入れ、沸騰してから柔らかくなればザルで水を切る。

イカを細かく切りさっと茹で、椎茸をさっと焼く。

①の水を絞ったネギに②のイカ・椎茸と味噌・砂糖・酢・みりんの練り噌酢に和える、好みにより辛子も合う。

器に盛り、練り酢味噌を天盛り。

   *お揚げなど入れるのも良い。 

昨年の昨日のブログ

*柚子の皮のジャム  

 

先日収穫した柚子の皮を熱処理して、柚子ジャムを作りました。   

 柚子酢 

柚子実を良く洗い横に二つに切り、手で汁をしぼり、塩5%になるように加え保存性を良くして、冷蔵保存する。絞り液はポンズやドレッシングに加えたりする。絞り汁はお湯・蜂蜜を加え好みの甘さで、レモネードで飲むのも良い。 

 ジャム 

① 皮の部分は40分程煮て流水で4~5時間晒す、それを細かく切り、蜂蜜・砂糖を入れ炊きあげて出来上がり。 

 *余分なものは冷凍保存 

 *この様に柚子の皮は無駄のないように全部食用として使っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加