大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・🍑・MOMOTO・🍑デブだって彼女が欲しい!・18『最新の鞄やろー!・2』

2017-03-20 06:27:57 | ノベル
🍑・MOMOTO・🍑デブだって彼女が欲しい!・18
『最新の鞄やろー!・2』
 



 旧演劇部の部室にはロッカーがある。

 単なる隠れ家に使っていたので、ロッカーには興味は無かった。
 でも、『山のようなインナー(取り扱い注意)』という妙な芝居で、県大会で一位になっていたこと、小道具に山のような女物の下着を使っていたこと、そして「最新の鞄やろー!」という暗号に俄然興味がわいた。

 ロッカーの中には、まだ演劇部が存在していたころの台本や日誌が入っていた。

 その中から『山のようなインナー(取り扱い注意)』という台本と、県大会で一位になった年の日誌を取り出して部室を出た。
「ちょっと、息が詰まりそうだったわね!」
 部室を出ると、桜子は盛大に息を吐いて、制服の胸をパカパカやった。桜子ほどではないけど、オレも八瀬もうっすらと汗をかいていた。なんせ、軽のワンボックスカーほどしかない部室に三十分以上三人でいたのだ、軽い酸欠にもなる。
「四人分よ! 桃斗一人で二人分はあるでしょ!」
「百戸一人に、ほとんどの酸素吸いつくされたぜ」
 桜子も八瀬も容赦がない。

 桜子は台本を、八瀬は撮りまくった部室の写メを、オレはクラブ日誌を持って帰った。

 久々に三人揃って帰ろうということになった……とたんにメールが入ってきた。
「残念……二人で帰ってくれ」
「なんだ、彼女からか?」
「んなワケねーだろ! 親父だよ親父!」
 夜、三時間ほど空いたので、三人で食事をしようというメールだった。

 駅のホームは、桜子と八瀬の向かい側になった。何とも寂しい。

 部室の中では、あれこれ探すのに夢中だったけど、ごく近くで桜子を感じていたことを思い出す。
――そういや、瞬間だけど桜子に触ったなあ――
 ロッカーを開ける時に、左の肘が、桜子の柔らかい胸に触れた。今になってドギマギする。
 気づくと、向かいの桜子と八瀬の姿が無い。電車の尻が遠ざかっていく。

 隣の駅の改札で、親父とお袋と待ち合わせ。

「新しい店を見つけたんだ、さ、行こう」
 親父は、そういうとスマホのナビを開いた。

 ナビに変わる寸前、一瞬マチウケ画面が見えた。
 桃の入学式、入学式の看板の前で撮った桃のアップ。葬式の日、桃の遺影に使ったやつだ。
 入学式では、いっぱい写真を撮った。一枚だけ、ちょっと実年齢より上に見えるのがあって、桃のお気に入りだった。
「高校生に見えるね!」
 桃は、その画像を細工して高校の制服にしてしまった。
「三年たったら、この制服だね!」
 喜んでいたけど、桃は、この制服を着ることなく、一か月後には帰らぬ人になってしまった。
「ちょっと、この子だれよ!?」
 一度マチウケを見られて、桜子に詰め寄られたことがる。
「スタイルもルックスも、良すぎ! ん? 組章……うちのクラス!? ちょっと桃斗!」
「それ、桃だよ」
 答えを言うと、桜子はビックリした。
「桃ちゃんて、美人になるよ! スタイルもイケて……あ、これはハメこみか!」
 そのあと桃に聞くと、桃は、こう言った。
「首から下は、桜子さんだよ」
 オレは、桜子と桃の両方を見直した。

 そんなことをポワポワ思っているうちに親父とのディナーが終わった。

「なかなか美味いフランス料理だった!」
「ハハ、桃斗は味オンチだなあ、今のはイタリア料理だぞ」
「ホホ、ほんと、この子ったら」
「アハハ」

 笑っておいたが、何を食べたか覚えていなかった……。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・VARIATION... | トップ | 高校ライトノベル・信長狂詩... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。