大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・乃木坂学院高校演劇部物語・30『第七章・2』

2016-10-16 06:03:19 | 小説7
まどか 乃木坂学院高校演劇部物語・30   

 
『はるか ワケあり転校生の7ヵ月』姉妹版


 この話に出てくる個人、法人、団体名は全てフィクションです。


『第七章 涙を乾かすには優しすぎて……2』

「ほかに、言いようってもんがあるだろう。命の恩人なんだからよ」
 あらためて、大久保クンちにお礼に行って、帰ってきたお父さんの声が、部屋まで聞こえてきた。
「でもねえ。あのときは、あの子も、ああしか言いようがなかったのよ」
 と、お母さんの声。


 そうなんだ。ひとがましい感情は、家に帰ってから蘇ってきた。
 インフルエンザで、お風呂に入れないもんだから、幼稚園以来久々にお母さんが体を拭いてくれた。髪もドライシャンプー一本使って丹念に洗ってくれた。そうやってお母さんの気持ちが伝わってくる間に、フリーズしていたパソコンが再起動したように蘇ってきた。恐怖と安心と、忠クンへの感謝と愛おしさ、お母さんの愛情、その他モロモロの感情が爆発した。
 お母さんの胸で泣きじゃくった。
「いいよいいよ、もう怖くない、怖くないよ。なにも心配することもないんだからね」
「そうじゃない、そうじゃない、それだけじゃないの……」
「分かってる、分かってるわよ。まどかの母親を十五年もやってきたんだ。全部分かってるわよ」
「だって、だって……ウワーン!」
 このとき、襖がガラリと開いた。
「まどか、大丈夫か!?」
 兄貴が慌てた心配顔で突っ立ていた。
「このバカ!」
 と、お母さん。わたしは慌てて、掛け布団を胸までたぐり寄せた。
「年頃の娘の部屋をノックもしないで……」
「だって、まどかのこと……」
 二人の声が階段を降りていく。階下でおじいちゃんが、息子と孫を叱っている気配。お母さんとおばあちゃんが、それに同調している。
 嬉しかった、家族の気遣いが。シキタリに一番うるさいおじいちゃんが、自分でそう仕付けたお父さんを叱っている。
「お前は器量が悪いからなあ」
 と、いつもアンニュイにオチョクってばかり居いるアニキは、襖を開けた瞬間、わたしの顔を見た。火事で救急車で運ばれたと聞いて、やけどなんかしてないか気にかけてくれたんだ。分かっていながら、わたしは反射的に裸の胸を隠した。わたしは、いつの間にか住み始めた自分の中のオンナを持て余していた。
 注射が効き始め眠くなってきた。
 眠る前に忠クンにお礼を、せめてメールだけでも……そう思って携帯を手にする。「今日はありがとう」そこまで打って手が止まる。「愛してるよ」と打って胸ドッキン……これはフライングだ。「好きだよ」と打ち直して、戸惑う……結局花束のデコメをつけて送信。
――他に打ちようがあるだろ、まどか。
 そう叱る自分がいたが、ハンチクなわたしには精一杯……で、眠ってしまった。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・タキさん... | トップ | 高校ライトノベル・《そして... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。