大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・『はるか 真田山学院高校演劇部物語・58』

2017-07-16 06:17:17 | はるか 真田山学院高校演劇部物語
はるか 真田山学院高校演劇部物語・58

出版された『はるか ワケあり転校生の7カ月』の原話ノーカット版。いかにはるかは生まれ変化していったか!?


アハハと笑いながら読み、高校演劇の基礎とマネジメントが分かる高演ラノベ! 


『第六章 おわかれだけど、さよならじゃない7』

 五ヶ月ぶりの南千住図書館。

 高安の図書館にもなじんだけど、ここの図書館は特別だ。
 五歳で越してきてから、十二年間。何百冊の本を借りただろう。休日はたいていこの図書館。たまにお父さんが荒川に紙ヒコ-キを飛ばすのについて行くこともあったけど、まあ、どっちもどっち。あとはガキンチョのころ遊んだスサノオ神社(字が難しくて、いまだに書けません)くらいのもの。
「高安の図書館よりすごいなあ」
 先生も嬉しそうだ。
「じゃあ、行ってきます。お昼までには戻るつもりですけど、十二時まわるようなら、スマホに電話してください」
「はるかの番号知らんで」
 もう、この原始人!
「はい、これです」
 メモに書いて渡すと、いそいそと(我が家)を目指した。


 図書館から四つ角を曲がると(我が家)だ。
 
 角を曲がるたびに懐かしさがこみ上げてくる。
「よう、はるかじゃねえか!?」
 四つ目の角を曲がってすぐ、ご近所の仲鉄工のおじさんが声をかけてきた。
「あいかわらず四人でやってるんですか?」
「ハハ、今は一人で二人分働いて四人前だけどよ。ま、心意気だよ。心意気」
 やっぱ、厳しいんだ……。
「まどかちゃん、元気ですか?」
 つい、幼なじみのことを聞いてしまう。まどかゃんのアドレスは、悩みに悩んで、引っ越しの朝、新幹線の中で消去した。四つ目の角を曲がって、わたしはほとんど南千住の子に戻っていた。
「あ、さっきまでいたんだけどよ、部活とかで出てちまったとこだよ。分かってたら、言っといたのによ」
「ううんいいの、半分出来心で寄っちゃったから」
 半分は残念で、半分ホッとした。ここで幼なじみに会ったら、ここまで突っ張っていたものが一度に崩れてしまう。
「ところではるか、おまえんちだけどよ……」
 そこで、おじさんの肩越しにお父さんの姿が見えた。
「お父さーん!」
「はるか……」
「あ……」
 三人同時に声をあげていた。

 一瞬、時間が止まったような気がした……?

 それは刹那のことで、次の瞬間にはお父さんに抱きついていた。
 お父さんが、手にした段ボール箱を落とした。

 え……インクの匂いがしない。
 
 輪転機の音がしない。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・小悪魔マ... | トップ | 高校ライトノベル・時かける... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

はるか 真田山学院高校演劇部物語」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。