大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・時かける少女・65『スタートラック・5』

2017-05-26 06:46:35 | 時かける少女
時かける少女・65 
『スタートラック・5』 
        

 昭和二十年四月、前月の大空襲で肺を痛めた湊子(みなこ)は、密かに心に想う山野中尉が、沖縄特攻で戦死するまでは生きていようと心に決めた。そして瀕死の枕許にやってきた死神をハメた。死と時間の論理をすり替えて、その三時間後に迫った死を免れたのだ。しかし、そのために時空は乱れ湊子の時間軸は崩壊して、時のさまよい人。時かける少女になってしまった……目覚めると、今度は西暦2369年であった。いよいよ、ミナコのデジタルアイドルショーが火星で始まる!


 さすが、火星で有数のマースアリーナだった。2万人収容の会場前は長蛇の列!

 リハは、開場2時間前にデジタルリハを簡単にやった。火星のAKBファン1000万人の内から2万人のファンをモニタリングした情報で、デジタル観客を可視的に再現。その2万人分のホログラム相手に、曲やベシャリの反応をモニタリング。とくにベシャリはMCだけでなく、他のメンバーや観客との息の合方まで試した。ハンベに取り込んだ火星の時事ネタや、芸能界の情報まで、うまく絡めることができた。曲は30曲。『あ いたかった』から『永遠のAKB』まで、念入りにやった。特に心配した地球との感覚のズレは少なかった。というか、火星の若者たちの方が熱く、AKBを古典芸能バイブルとしてではなく。今の自分たちのエモーションとしてとらえていて、それだけ、ダイレクトに反応してくれることが分かった。

 デジリハなので、圧縮し3時間の公演にもかかわらず30分で終わった。むろんミナコの自信があればこそであったが。

 残りの本番まで、ミナコは開場待ちの観客の中に混じってみた。モニタリングのデジ観客ではなく、部分的にでも、今日の生の観客のエモーションを知っておきたかったのだ。

 筋骨タクマシイ老若取り混ぜてのグループの中に入ってみた。ここは、他のグループと違ってガタイや風貌のわりに大人しい。
「お待たせしております。開場まで30分です。いましばらくお待ちください」
 スタッフのユニホームを着たミナコは丁寧に声を掛けた。ハンベが「極フロンティアからの観客」と、教えてくれた。北極の開拓団の人たちだ。地球の40%の引力しかない火星なので、大気形成のためや、人間に適した環境を作るために、赤道周辺は地球と同じ重力にしてある。しかし、それ以外は40%の引力のままである。ここの重力は堪えるはずだ。
「重力疲れなさいませんか?」ミナコは聞いてみた。
「あんた、地球からきたアルバイトだろ」
「あ、はい」
 バイトとは認めても、総合ディレクターだとは言えない。こんな小娘がオペレートしてるんじゃ、申し訳ないほど苦労して見に来てくれているんだ。
「極地は、確かに重力は、ここの40%だけどね、その分重労働に耐えている。日頃から200マースキロぐらいの重さのものを扱ってるんだ。並の赤道人よりは丈夫さ」
「いちおう、重力シンパサイザーはつけてきてるけどね」
「試しに、そこの車持ち上げてみようか」
「おい、よせ」
 年輩の仲間の言うことも聞かず、若者二人が、路駐している高そうなスポーツカーを持ち上げ、焼き鳥を焼くように、クルクルと回し始めた。スポーツカーとは言え、500マースキログラムはある。周囲の人たちが目を丸くしている。

「おい、汚い手で、オレの車を触るんじゃない!」
 前列の方から、いいとこのボッチャン風が駆け寄ってきた。
「ここは路上駐車は御法度だぜ、ニイチャン」
「ナンバーをよく見ろ、政府の公用車だぞ!」
 ボッチャンが、鼻息を荒くした。
「公用車にスポーツタイプなんてのがあんのかい?」
「オレはな……」
 ボッチャンは瞬間ハンベの個人情報の一部を解放した。
「これは、とんだVIPだ」
「あなた、国務長官の息子!?」
 ミナコも驚いた。
「あ、ついムキになっちゃった。ま、そういうことだから……」
「待ちな、ボンボン。国務長官の息子だからって、路駐していいのかい」
「だから、公用車だって!」
「こんなガキのオモチャが公用車だなんて、ふざけんな!」
「なんだと!」

 ボッチャンが、へっぴり腰でスゴムと、取り巻きの若者が7人ほどやってきた。

「この、北極の野蛮人に、キャピタルの礼儀を教えてやって!」
「こっちも教えてやらあ、赤道がヌクヌクしてられんのは、極地のお陰だってな!」
「あ、あの、みなさん……」
 ミナコのか細い声など聞こえもしないで、もしくはシカトして、大乱闘になった。

 これじゃ、ショーが……いいえ、コンサートがムチャクチャになる。そしてミナコは切れた。

「いいかげんにしなさい、みんなAKBのファンなんでしょう!!」
 その一言で、みんなが静かになった。あまりのインパクトにミナコ自身驚いた。
「そうだよ……おれ達、なにやってんだ?」
「そうだな、同じファンなんだ。オレ、車パーキングに持っていく」

 ビックリするような素直さで、大乱闘は収まり、みんな大人しく列に戻り始めた。さすがにAKBの威力だと思った。

「あんた、似ている……」
 極地組の年輩のおじさんが言った。ミナコは、あたりを振り向き、自分であると分かってドッキリした。
「あたしが……誰に?」
「あ、いや……その、名前は忘れたがAKBの選抜メンバーのだれかだったかに」

 ミナコはいぶかった……AKBのメンバーは、選抜はおろか、研究生の全員まで知っている……ま、オジイチャンと言ってもいいくらいの年輩。きっと何かの思い違い。
「おっと、開場の時間だ」

 ミナコは、開演にそなえ、オペレーションルームに急いだ……。

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・オフステ... | トップ | 高校ライトノベル・『はるか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。