大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・ライトノベルベスト[女子高生ラノベ作家軽子]

2016-11-20 06:40:12 | ライトノベルベスト
ライトノベルベスト
[女子高生ラノベ作家軽子]



 軽子はこんな子だった。

 保育所の頃から人にお話しして、笑ってもらったり、驚いてもらったり、感動してもらうことが好きだった。
 でも、そんなに笑える話や、驚ける話、感動できる話が転がっているはずはなく、無意識のうちに話を作ってしまっていた。
 これで、話が詰まらなければ、人から「ウソつき少女」「オオカミ少女」「千三つ少女」などとバカにされていたはずである。

 だが軽子の話はおもしろい。

「キリンさんてかわいそうだね……」
 動物園に行ったとき、キリンの柵の前で涙を浮かべていた。
「軽子ちゃん、どうかした?」
 先生が聞くと、こう答えた。
「キリンさんはね、ふる里に残してきたお友だちや家族が恋しいんだよ。だから、あんなに首を長くしてふる里のことを思ってるの。でも叶わない願いだから、キリンさんは、一言も口を利かないで辛抱してるんだよ。キリンさんかわいそう……」
 そう想像すると、軽子の頭の中では本当になってしまい、一人涙を流してしまうのだった。
「でもさ、アフリカにいるキリンさんだって、首が長いよ」
 先生が頭を撫でながら、そう慰めてくれると、こう答えた。
「そりゃ当り前よ。みんな動物園に送られた仲間や、子供のことを思っているんだから」

 と、こんな調子であった。

 大きくなると、少し話が変わった。
「お父さん、キリンさんね、居なくなったお父さんのこと捜してるんだよ」
「ああ、知ってるよ。だからきりんさんは首が長いんだろ?」
 お父さんは高校生になった娘が、懐かしい作り話をし始めたと、ビールを飲みながら、いい加減な返事をした。
「違うわよ。キリンさんはね、そのために、ビールのラベルにお父さんの似顔絵を貼ってるんだよ。だから、ビールってキリンさんの涙で出来てるんだよ」
 これは、父が仕事の付き合いだと言って、毎日帰りが遅くなったとき、母の気持ちから作った話。お父さんは手にした缶ビールを持て余した。
 次の日は、ネットから野生のキリンが怪我をして保護され、やっと怪我が治ってサバンナに戻って家族と再会した記事をコピーして、テーブルの上に置いておいた。

 軽子の苗字は羅野邊であった。子供の頃は分からなかったが、ラノベというのはライトノベルの略であることを知った。軽子は、苗字が重いので、せめて名前は軽くという思いで親が付けた「軽子」と書いて「けいこ」と読む。
 この名前も、軽子はラノベに縁があると思った。

 デビューの仕方なんか分からないので、パソコンに思いついた話を書き溜めるだけだったが、ある日ブログの形で世間に発表することを思いついた。
 話は1000を超えていたので、USBに取り込んである。
 その中から10本、飛び切り軽くて面白い話を選び出し、ライトノベルベストという叢書名でアップロードしようとした。ブログの勉強もし、きれいなデザインのブログにした。

「よーし、これでOK!」

 軽子は勇んでエンターキーを押した。するとあろうことか、画面の文字は画面を抜けてユラユラと舞い上がり、空いた窓の隙間から空に昇って行ってしまった。

「ああ、軽すぎたんだ……」

 軽子が、その後ラノベ作家になれたかは定かではない……。


ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・乃木坂学... | トップ | 高校ライトノベル・泉希 ラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ライトノベルベスト」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。