大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・ライトノベルセレクト・〔最後の終業式〕

2016-12-10 06:58:48 | ライトノベルセレクト
ライトノベルセレクト
〔最後の終業式〕



 最後の終業式といったら笑われるかもしれない。

 だって、まだ二学期の終わりで、わたしは、まだ二年生。
 最後という意味は二つ。一つは担任の樹里先生が産休に入るので担任を降りる。だから最後の終業式。

 もう一つは……最後に言います。

 樹里先生は、若いけどお母さんみたいな先生。一年から持ち上がりでラッキーと思ったら、突然の妊娠宣言。
 わたしは知っていたけど、みんなと同じように驚く真似をしておいた。
「みんなも知ってると思うけど、あたしは独身です。いろいろ悩んだけど、あたしは一人で赤ちゃん産んでがんばります。反発する人もいるかもしれないけど、こういう女の生き方もあるんだって理解してくれると嬉しいです」
 爆弾発言だった。中には泣き出す子もいる。

「先生……」
「なに?」
「あの……おめでとうございます!」
「ありがとう、樹里とは同じ名前だし、正直すごく親近感あった。樹里って、肝心なとこで自己主張しない子だから、ちょっと心配はしてたんだ。女だって、もっと自由に生きていい、言っていい……なんて、途中で担任投げ出すやつが言っちゃダメか!?」
「先生、強引だから」
「ハハ、性分だからね」
「体育祭のエントリー、もめたじゃないですか。だれもリレーのアンカーやりたがらなくて。で、先生、自分で全部決めちゃった」
「カッタルイのやでしょ。あたしが決めたら、文句はあたしのとこにしかこない……でもさ、あのとき、なんで自分でアンカーやるって言いに来たの?」
「ああ……あれ」
「あのとき別のことで相談あったんじゃないの。あの十秒ほどの沈黙で、あたし思っちゃったんだけど」
「あ……圧倒されただけです。先生目力あるから」
「ハハ、そっか。でもさ、あの時言うんだったら、ホームルームの時に言ってくれても、よかったじゃん」
「ま、いいじゃないですか、けっきょくリレーでは優勝できたんだから」
「だよね。樹里は、基本的にはできる子なんだよ。いろんなことに可能性がある。そういうとこ大事にしな」

 けっきょく肝心なことは言えなかった。

――お母さん――そう一言言えば、わたしの願いは叶う。

 樹里先生は、難産になる。出産前に樹里先生は、お医者さんから聞かれた。
「母体が危なくなったときは、母体の方を優先します。それでいいですね」
 樹里先生は、しばらく考え、涙を流しながら頷いた。

 で、予想通りの難産になり、母子どちらかの選択になった。ご両親の希望。それに本人の選択もあった。
「母体を生かします」
 その一言で、赤ちゃんは闇に葬られた。母体から取り出された時には息が無かったので、赤ちゃんは人間の扱いもされずに焼却された。

 神さまが、憐れんでくださった。
「あの人の生徒として、仮に世の中に存在しなさい。君が、あの人に『お母さん』と一言言えば、実在になり、本当の親子になれるようにしてあげよう。多少の混乱はあるだろうけど、そのことは、わたしに任せなさい」
 神さまの言葉に従って、わたしは樹里先生の生徒になった。そして、一年と十カ月が過ぎた。

 それが三回続いた。以前の二回は言えずじまいだった。そして三回目。これで言えなければ、もうわたしにはチャンスが無い。もとのカオスに戻るだけだ。

 わたしは、先生の家の前で、日付が変わるまで待った。クリスマスイブの終業式の夜。

 鐘が鳴り始めた。あの鐘が十二回鳴ったら、わたしは、この世から消える。
 十回鳴ったときに決心した。あの人を道連れにしようと……。

 三学期の始業式、わたしと英語の男の先生が居なくなった。いや、最初から存在しないことになっていた。学校は何事もなく新春を迎えた。

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・ライトノ... | トップ | 高校ライトノベル・音に聞く... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ライトノベルセレクト」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。