大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・時かける少女BETA・43≪国変え物語・4・五右衛門見参・2≫

2017-08-13 06:30:27 | 時かける少女
時かける少女BETA・43
≪国変え物語・4・五右衛門見参・2≫



 五右衛門は唐突に現れた。

 美奈が湯あみの最中に、湯屋の梁の上に現れた。美奈は、それが湯屋の近くに寄ってきたときから分かっていたが、子狸かなんぞの小動物だと思っていた。
 その小動物が、闇語りで話しかけてきた。
「不思議な女子だ……」
「あら、子狸じゃなかったのね」
「ほう……闇語りが出来るのか?」

 闇語りとは、忍びの者や老たけた盗人が、口も動かさず会話する術である。並の人間ができることではない。

 次の瞬間、それは、道頓そっくりの顔で湯船に浸かっていた。大胆にも裸の美奈の真ん前である。

「……見れば、ますます不思議だ。こんなにいい女なのに、そそられん。道頓の新手の隠し女でないのは本当のようだな」
「五右衛門さんも大胆なことで……それに大した化けよう」
「ハハ、化けすぎて自分の顔を忘れてしもうた」
「あなたの噂は虚実取り混ぜてあるから、正体が分からなかった」
「おれもな。外堀の作事の道頓が、器量よしの女子の医者を連れていて、これが、医者としても評判がいい。稼業の合間に拝んでおこうと思ってな」
「ただの盗賊でないことは、気配を感じたときから分かった。目の力に子供のような好奇心しか感じられない。そのくせ、目の奥が企みのない凄味であふれている。気持ちの根っこに恨みがある。評判通り長嶋の一向一揆の生き残り……」
「敵に回したら、怖そうだな」
「羽柴さまを、信長公の物まねかどうか見定めているのね」
「ああ、信長と同じなら、とことん邪魔をしてやる」

 瞬間、五右衛門の姿が消えた。下女が湯加減を聞きに来たからである。下女が美奈の返事に満足して去っていくと、また現れた。

「天下は羽柴様が取るわ。信長様と同じようかどうかは分からないけど」
「あの禿げネズミに天下が治まるのか?」
「治まりすぎるほどに。それに信長様のような苛斂誅求(かれんちゅうきゅう)なことはなさらない」
「それはつまらん。オレはただの盗賊に成り果ててしまう」
 五右衛門は、つまらなさそうに湯船の中で放屁した。湯の表面でポカンと大きな泡になって弾けた。不思議なことに柑橘系のいい香りがする。何ともおかしく美優は忍び笑いをした。
「治まり過ぎて、海の外に目が向くのが恐ろしい」
「エウロパやノビスパン(メキシコ)に目が向くのであれば、癪だが悪いことでは無い。オレも海賊には興味がある」
「いえ、予感でしかないけど、なにかとても禍々しい予感がするの」
「……異国との戦(いくさ)か?」
「おそらく……でも、それまでにも、もっと恐ろしげなことも……」
「そうか……あんたとは面白い話ができそうだ。また来るぜ」

 五右衛門は掻き消えるように居なくなった。逃走経路はわかるが、美奈はあえて知ろうとはしなかった。

「美奈はん、なんや今日はええ香りがするなあ」
 久宝寺の堀を渡ったところで、道頓が言った。道頓の目が珍しく好色になった。
「今朝、ゆず風呂にしてみましたの」
「ああ、今年もそないな季節やねんなあ……」

 道頓が、季節の移ろいに思いをいたしている間に、美奈は五右衛門が残していった香りを急いで分解した。
 はるかに八部通り完成した大阪城の甍が、朝日に光った。

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・小悪魔マ... | トップ | 高校ライトノベル・『はるか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。