大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・オメガとシグマ・76『夏コミに行きたい!』

2017-05-13 13:11:57 | 小説
高校ライトノベル・オメガとシグマ・76
シグマのターム『夏コミに行きたい!』




 これの三倍以上の人が来るんだ……

 そう思うとため息が出る。

 ウットリしてるんじゃない、すごいなあ……そう感じて尻込みしてしまう。


 気まぐれでテレビを点けたら後楽園球場の試合を映していた。
 後楽園球場は43000人ほど人が入る。
「満席の後楽園球場には定員いっぱい43000人、満杯の野球ファンで埋め尽くされております!」
 アナウンサーの言葉でリモコンを持つ手が止まった。
 画面の後楽園もすごいけど、かねがね行きたかったアソコは一日に17万人、三日で50万人以上人が集まる。

 夏コミ 2017!

 日本最大!……ってことは世界最大のオタクの祭典!
 中学の頃から行きたかったけど、動画サイトなどでの混雑ぶりというか密度の高さで諦めていた。

 夏コミに行けば、限定アイテムや同人誌が手に入る。

 これが他府県なら諦めもつくけど、なんてったって東京ビッグサイトだ。始発に乗っても六時前には着ける。
 それに、今のあたしはボッチじゃない、サブカル研のみんなに声を掛ければいいんだ。

 ……でも迷ってしまう。

 オタクと言ってもいろいろなんだ。
 人生全てが二次元というようなヘビーなものから、数ある趣味の一つですという人も居る。
 うちのサブカル研は、あたしが無理を言って、その無理に先輩たちが合わせてくれているところある。
 そうなんだ、合わせてくれているんだ。
 ノリスケ先輩は元々二次元が好きみたい。パソコンでゲーム進行していても、とてもテンポがいい。
 ゲームで詰まっても「おもしれーじゃねーか」とセーブデータを見て「ここが分岐だったんだな」と適切に過去フラグに戻って、すぐにルートに戻ってくる。
 でも、オメガ先輩は途中で投げ出すゲームも多い。
 最初にやってもらった『君の名を』はツボにはまったみたいだけど、先月紹介した『時を掛ける妹』は止まっているみたいで、あまり興味はない様子だ。
 部活らしくやろうということで始めた『バトルフィールドラブ』で勝ったことが一度もない。エロゲなんで勝ちにこだわることもないんだけど、やっぱ、お付き合いでやらされてる感が漂っている。
 冷静に分析すれば、あたしの我がままに、人のいい先輩たちが着きあってくれているということなんだ。
 そこんとこ分かっているから、連休中も無理は言わなかったんだ。

 それで、あたしは風信子先輩に相談してみることにした。

「へー、そういうのがあるんだ!」
 まず感心された。
 三日で50万人以上のイベントとはいえ、やっぱオタクの祭典。連日ニュースで取り上げられたたり、スポンサーがついて中継されるようなもんじゃない。情報に接していなければ知らなくて当たり前。去年の夏コミの動画を見ていると、先輩は意外なことを言った。

「ね、これって出展とかした方が面白いんじゃない?」

 絶句した、そういう発想は持ったことが無いから……。
  
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・新希望ヶ... | トップ | 高校ライトノベル・学校時代... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。