大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・《紛らいもののセラ・12》セラのビフォーアフター

2017-07-15 06:12:33 | 小説4
《紛らいもののセラ・12》
セラのビフォーアフター



 マスコミが騒ぎはじめた。

「セラのビフォーアフター」のようなタイトルで週刊誌が取り上げ、放送局や学校の下校中にレポーターに狙われることもあった。
 某局の昼のバラエティーでも特集のコーナーで取り上げられ、レポーターや評論家が適当に面白おかしく言っている。

「解離性同一性障害……の可能性がありますね」

 どこから手に入れたのか、事故前のセラの写真や動画、さらには関係者と思われる匿名で顔ボカシ音声変換をかけたコメントまで出てきた。
「解離性同一性障害って、セラセラは男だったんですか!?」
 性同一性障害と勘違いして、ゲストがボケて笑いを誘う。音響効果で笑い声まで増幅させている。
「違います。自分のことが自分のことと思えない症状で、昔は多重人格と言われたものです」
 精神科の医師が真面目に答えた。
「ということは、事故をきっかけにセラセラの隠れてた人格が出てきたってことですか?」
 もう一人のゲストが聞く。ちなみに、セラの呼び方はセラセラになってきた。本名が世良セラなのだから、そのままといえばそのままだけど、扱いとしては準アイドル的な表現で、佐藤良子や遺族の人たちには申し訳ない気持ちのセラだった。
「セラセラは、ご両親が再婚で、実のお父さんはアメリカの方。これが昔のセラセラなんだけど、写真も動画も、今みたいに明るいですね」
 MCが、セラ自身でももう持っていない昔の写真や動画を出してきた。母親の再婚が決まったときに、セラなりに過去を清算しようと思って処分したものだ。どこで手に入れたのかネット社会というか情報社会の恐ろしさを感じた。

 メディアは興味本位ではあったが、セラの変貌ぶりを好意的に取り上げてくれた。でも、微妙に世良家の日々には影響した。

 毎日、メディアが家や通学路で待ち構えている。
「わたし自身困惑してます『春が怖くて』という曲は、そもそもアイドルとかアーティストなんてつもりで歌ったんじゃないんです。あくまで、あのバス事故の慰霊の延長線上にあることなんで、あんまり、こういう扱いはしないでいただきたいんです。お願いします」
 セラは、聞かれるたびに、そう答えた。正直な気持ちだし、崩せない姿勢だと思った。

 父の龍太が責任者として建造していた26DDHが、正式に航空母艦であると発表された。艦名も一言でそれと分かる「あかぎ」とされた。

 政府が、周辺諸国へのプラスマイナスの影響を考えて、造船所に、そう指示してきた。三つの国が猛反発し、他のアジア諸国は好意的だった。某国の理不尽な進出に憂慮していたアメリカも賛同。遅れて建造の始まった27DDHも空母であると発表された。
「これで、俺も奥歯に物が挟まったような説明をせずに済む」
 久々に帰宅した父は、にこやかに、そう言った。セラには間接的に今のセラでいいと言われたような気がして、気持ちが楽になった。

 そんな早春の朝、マネージャー兼プロディユーサーの春美から電話があった。

「大木さん(『春が怖くて』の作曲者)が、今のセラのために新曲を作ってくださったの。事務所に来て、一度見てくれないかな」
「わたしは……」
「あ、セラちゃん。ぼく大木、このごろの君を見てて湧いてきた曲なんだ。ぜひ君に歌って欲しい」
「わたしは……」
「もう君の学校の近くまで来てる。目立たないよう駅の西の道で待ってる。よろしくね」
 大木は、ときめいていた。それが切ったばかりのスマホに余熱のように残っていた。

 どうしよう……セラの正直な気持ちだった。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・かぐや姫... | トップ | 高校ライトノベル・連載戯曲... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。