大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・乃木坂学院高校演劇部物語・65『第十四章 貴崎サイドの物語4・3』

2016-11-20 06:18:54 | 小説7
まどか 乃木坂学院高校演劇部物語・65   

 これは前出の『まどか 乃木坂学院演劇部物語』の初稿です。紛失していたもが出てきましたので再掲載しました。

『はるか ワケあり転校生の7ヵ月』姉妹版


 この話に出てくる個人、法人、団体名は全てフィクションです。


『第十四章 貴崎サイドの物語4・3』


「……という訳で、ご両人がビデオを編集して理事会にかけ、貴崎先生のご決心が硬いと判断したわけなんです。理事の方に放送関係の方がおられましてな、編集の仕方が不自然だと申し出られ……むろん元のメモリーカードの情報は消去されておりましたが、パソコンにデータが残っておりました。このお二人がやったこととは言え、監督責任はわたしにあります。この通りです。水に流してくださいなどとは申しませんが、この年寄りに免じて、許してやってもらえませんかな」
 理事長が頭を下げた。
「お二人には罪はありません。最初から罠……お考えは分かっていましたから」
「貴崎先生……」
 理事長は驚き、お祖父ちゃんは苦い顔。校長と教頭は鳩が豆鉄砲食らったような顔になった。

「こうでもしなきゃ、責任をとることもできませんでしたから……理事長先生が祖父の名前を口にされたときに予感はしたんです。祖父が介入してくると」
「そりゃ違うぞ、マリ。ワシは確かに乃木高の運営に関わってはおる。それは親友の高山が困っておったからじゃ」
「いや、恥をいうようですが。乃木高の経営は、いささか厳しいところにきておりました。文科省の指導に乗らんものですからなあ」
「いや、そこが彦君の偉いところだ。今の文科省の方針で学校を経営すれば、品数だけが多いコンビニのようになる。なんでも揃うが、本物が何一つない空疎な学校にな」
「しかし、貧すれば鈍す。倉庫の修繕一つできずに火事まで出してしまった」
「あれは、わたしの責任です。他にも責任をとらなければならないことが……これは、わたしの考えでやったことです。校長、教頭先生は、いわば逆にわたしが利用したんです」
「マリ、ワシはおまえが責任をとって辞めることに反対などせん。その点、彦君とは見解が違うがの」
「え……じゃあ、なんであんな見え透いたお目付つけたりしたの!?」

 その時、当のお目付がお茶を運んでやってきた。

「失礼します」
「史郎、ここに顔を出しちゃいかんと……」
 お祖父ちゃんがウロタエるのがおもしろかった。
「旦那さまには、内緒にしてきましたが。お嬢さまは、とっくに気づいておいででした」
「マリ……」
 お祖父ちゃんは目を剥いた。校長とバーコードは訳が分かっていない。理事長は気づいたようだ。
「君は、演劇部の部長をやっていた……峰岸君だな」
「はい。本名は佐田と申します。入学に際しては母方の苗字を使いましたが」
「顔はお母さん似なんだろうけど、雰囲気はお父さんにそっくりなんだもん」
「入部して、三日で見抜かれてしまいました」
 峰崎クンのお父さんは、佐田さんといって、お祖父ちゃんの個人秘書。元警視庁の名刑事。ある事件で捜査の強引さをマスコミに叩かれて辞職。その人柄に惚れ込んで、お祖父ちゃんが頼み込んで個人秘書になってもらった。峰岸君は、そのジュニア。
 お祖父ちゃんの周囲は、こういう峰岸くんのお父さんのような変わり種が多い。
 あの運転手の西田さんも……ま、それは、これからのお楽しみということで。
「峰岸クンの前任者は、卒業まで分からなかったから。ちょっと警戒してたしね」
 ちなみに、前任者は運転手の西田さんのお孫さん。堂々と西田の苗字で入学、演劇部じゃ、いいバイプレイヤーだった。
 卒業式の前日に首都高を百キロの大人しいスピードで走っていたら、うしろからパッシングされてカーチェイス。レインボーブリッジの手前で、一般道に降りてご挨拶。
「あんた、なかなかやるわね……」
「あんたのほうこそ……」
 サイドドウィンドウを降ろして、こっちを向いたその顔が彼女……西田和子だった。

「なあマリ、こうして彦君も、校長教頭も来てくださったんだ。そろそろ曲げたヘソを戻しちゃくれんかね」
「乃木高に戻れってことですか……それをやったら、『明朗闊達、自主独立』乃木高建学の精神に反します」
「ごもっとも。しかし……」
 理事長の言葉をさえぎって、わたしは続けた。お祖父ちゃんがもっとも嫌がる言い方。
「校長先生、式日の度におっしゃいますね。『明朗闊達』であるためには後ろめたくあってはならない。『自主独立』であるためには、責任の持てる人間でなくてはならない。生徒にさえ、そう要求されるんです。教師には言わずもがなであると思います」
 校長と教頭はうなだれた。理事長は、じっと見つめている。お祖父ちゃんは顔が赤くなってきた。
「わたしは、これでもイッパシの教師なんです……」
「イッパシの教師だと。つけあがるなマリ!」
「なんだってのよ。お祖父ちゃんの知ったこっちゃないわよ!」
「今度の二乃丸高校も自分の才覚で入ったと思っとるだろ。この彦九郎が、八方手を尽くしてお膳立てをしてくれたからこそのことなんだぞ!」
 
 ……心臓が停まりそうになった。

「淳ちゃん……」
 理事長が、間に入ろうとした。
「ワシは、マリを木崎産業の三代目にしようとは思わん。社長の世襲は二代で十分だ。しかしマリにはイッパシの何かにはなって欲しい。その為に付けた目付じゃ……しかし、今のマリはイッパシという冠を付けるのには、何かが足らん」
「お祖父ちゃん、わたしだってね……」
「二乃丸じゃ、演劇部員を半分にしちまったってな。今は……」
「五人です。そのうち三人が年明けには辞めます」
 峰崎クンが答えた……わたしにはコタエた。
 しばらく問答が続いた。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・タキさん... | トップ | 高校ライトノベル・ライトノ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

小説7」カテゴリの最新記事