大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・あすかのマンダラ池奮戦記・2『金の成績表』

2016-10-20 06:12:29 | 小説5
あすかのマンダラ池奮戦記・2
『金の成績表』




「ところで、あすかちゃん……」

 と、神さまが馴れ馴れしく、静もる池を背に、近所のオバサンのように語りかけてくる。

「あたしのこと知ってるの?」
「神さまだよ、あたし。もうこの池に三百年も住んでる」
「三百年……神さま?」
「トヨアシハライケスミノミコトと申すのよ……オッホン」
「ト、トヨアシ……」
「イケスミ……イケスミさんでいいわよ。ところであすか……落し物したでしょ?」
「え、はい……」
「成績票」
「拾ってくれたんですか!?」
「はい、あすかが落とした成績票……」

 イケスミはマジックのように二つの成績票を空中から出した!

「それ……?」
「金の成績票と、紙の成績票と、どっちがあすかさんのかしらぁ?」
「……これって、昔話にあったよね。正直に言ったら金の方までもらえるって……フフフ、やっぱ猫の恩返しか!?」

 あすかは、一瞬で善良無垢な女子高生の表情を作った。

「さあ、どっち。どっちがあすかちゃんの成績票?」
「はい、もちろん紙の方です! そのコーヒーのしみがついているのが何よりの証拠。紙の方があたしの成績票です!」
「う~ん、素敵に正直な目の輝き。はいどうぞ。まちがいないわね」
「……英数国が欠点、物理と化学がおなさけの四十点。まちがいありません、あたしの成績票です!」
「それはよかった。あなたって、正直者ね」
「いえ、それほどでも……」

 騙しているつもりだが、正直に照れる。あたりはアヤカシ色に黄昏れているのにも気づかぬあすか。

「『正直者の頭(こうべ)に神宿る』って、昔からいうのよ」
「神戸? ひょっとして神さま阪神ファン? 阪神の神って神さまの神だもんね。どうしよう、わたしって巨人ファンだよ……」
「バカ、頭のことだわよ。神さまは正直者が大好きって意味」
「それって、正直者をおたすけになるってことなんですよね!?」
「まあね……」
「ウフフ……やっぱ恩返し!」
「……ん?」
「いえ、なんでも……」
「というわけで、その正直さを愛(め)で、特別にこの金の成績票もさずけましょう」
「やったあ!……いえ、こっちのことです。ありがとうございます!」
「それでは、これからも、神をあがめ、自然をいつくしみ正直に生きますように」
「はは!」

 あすかは、神の威に打たれたようにひれ伏す。

「ヌフフ……」
「え……?」
「いえ、なんでも……めでたしめでたし……」
「めでたしめでたし……」

 池の中に消える神さま。この後の展開を気ほどにも気づかず、神妙にひれふすあすかであった。



※このお話は、もともと戯曲です。実演の動画は下記のURLをコピーして貼り付けて検索してください。

 http://youtu.be/b7_aVzYIZ7I

※戯曲は、下記のアドレスで、どうぞ。

 前半: blog.goo.ne.jp/ryonryon_001/.../2bd8f1bd52aa0113d74dd35562492d7d‎

 後半: blog.goo.ne.jp/ryonryon_001/e/5229ae2fb5774ee8842297c52079c1dd‎
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル《そして ... | トップ | 高校ライトノベル・マリア戦... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。