大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・『魔法科高校の優等生・4』

2016-09-18 06:08:43 | ノベル
高校ライトノベル
『魔法科高校の優等生・4』
        


 ライターを探して、いらついているマスターのタバコに火を点けてやった。

「おおきに、麗奈ちゃん……」
 そう言ってマスターは新聞を広げた。

 今の火が麗奈の指先から出ても、このマスターは何も言わない。

 あの魔法学校……もう「あの」としか言えない。歴史から完全に抹殺された学校。
 あれから三年たった。わずかに残った学校関係者は社会的に抹殺された。関係者と分かれば仕事がない。従って食べていくことができない。下手に細かい魔法を使って食料を得ようとしても、政府は全国ネットで調べ、十数分後には対魔ジャケットを着た警官に抹殺される。

 麗奈は元々政府の調査員として魔法学校に潜入していたが、政府の露骨な学校潰しに反発。学校側について戦い、公には戦死したことにされ、地下に潜伏していた。で、いろいろあった末に、この『志忠屋』という店でパートで働いている。マスターは麗奈が魔女であることにこだわりはない。
『志忠屋』は二時半から五時半までアイドルタイムと言って店を閉じる。
 本来は、ディナータイムのための準備の時間なのだが、麗奈が来てからは、魔法で五分ほどで片づける。でもって店では重宝がられている。ま、それでギャラが倍になることはないが、地上で、こんなに気楽な場所はないと、麗奈は当分世話になるつもりであった。

 マスターは、このアイドルタイムに新聞を読んだり、副業の映画評論の原稿を書いたり、居眠りしてイビキをかいたりと、忙しい。

「ご準備中に申し訳ありません……」
「はい、どちらさんで?」
 マスターが半分ほどになったタバコをもみ消した。
「あの、映画評論家の滝川浩一さまでいらっしゃいますよね……」
「うい、さいですが」
「わたし、映画公論の佐瀬部と申します」
 いかにも、業界人らしいジャケットから名刺を出した。
「映画のことでっか?」
「ええ『融点の地球』という映画について、お話を伺えればと思いまして」
「ああ、あの映画ね……」

 麗奈は、男をうさんくさく思ったが、マスターの客なので、魔力隠しを兼ねてタバコをくゆらせた。もちろんライターで火を点けている(カウンターの中に器用に手を突っこんであたりをつけて取りだしたライター……はガス切れになっていたので、近くのコンビニまで行った)

「あのストーリーはよくできていましたね。温暖化で海面が上昇。北極の氷が溶けて、船が転覆する所なんか圧巻でした」
 ライターを買いに行く前は、こんな話題だった。帰ってみると……。
「ガハハ。そんなこと信じて、あれ見てたん?」
「ええ、もちろん。だからCO2の排出権売買の証券をさっそく買いましたよ」
「なんぼほど?」
「安月給なんで百万ちょっとですけど」
「ほんで?」
「こうやって、映画のお話をさせていただいたのも、何かのご縁。滝川さんも一口いかがですか?」
「あの映画の本質は、地球温暖化のプロパガンダ。エンドロール見た? 証券やら保険の会社がズラッと並んどる」
「地球の温暖化を信じないんですか?」
「なにを根拠に?」
「だって、北極の氷は溶けてますよ」
「あれは、端の方から溶けていくもんなん」
「でも、パンフにも載っていましたけど、北極の氷は確実に小さくなっていますよ」
「それはね、何度で氷と感知するか、人工衛星いじったら、なんぼでも変えられる」
「でも、ラムダジオグラフィックの資料ですよ!?」
「あそこの株の半分はC国が持っとる。昔のあの会社とはちゃう」

 麗奈が、思わず言った。

「その話し、ショバ変えて、あたしが聞くよ」
 そうやって男を連れ出すと大通りまで出た。
「あんた、魔法学校の生き残りだろ。魔法の臭いがする」
「僕は……あんた?」
「魔法よりシケたサギなんかやるんじゃないよ。なんだったら、直ぐ後ろの交番に入ってもいいのよ」
「麗奈さん……だったよね。だれもがあんたみたいには生きられないよ」
「最後の誇りは捨てるんじゃないよ。ま、困ったときは……」
「訪ねてきていいですか?」
「ばか、自分で道を開くんだよ。いいね」
 男はすごすごと、地下鉄の入り口に消えていった。

「ごめん、マスター。類が類を呼んじゃったみたい」
「せっかく遊んでたのに。あいつあれからスマホに電話かかってきて、先客がきまりそうや言うて、オレに迫る用意しとってんで。そこから話はおもろなんのに!」

 下手な魔法使いの上をいくオッサンである。麗奈は、ますます居心地が良くなった。

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・まどか ... | トップ | 高校ライトノベル・ライトノ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。