大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・秋物語り・25『なにかが違う・2』

2017-11-20 06:46:27 | 小説4
秋物語り・25
『なにかが違う・2』
       
 主な人物:水沢亜紀(サトコ:縮めてトコ=わたし) 杉井麗(シホ) 高階美花=呉美花(サキ)

 ※( )内は、大阪のガールズバーのころの源氏名


 教室に入って、江角が授業をしなかった。入学以来初めてのことだ


 江角というのは、デモシカだけど、妙にカタチにこだわるところがある。
 たとえクラス全員が寝ていても淡々と授業はやる。少々内職していても叱るようなことはしない。ただ、授業妨害にはうるさい。授業に遅刻し、全然関係ない話で盛り上がっていた男子数人に向かってチョークを投げ、真っ青な顔で近寄り、有無を言わせず張り倒したことがある。
「わたしの授業を潰すんじゃない!」
「いきなり、シバいといて、叱るこたあねーだろ……」
「小城ママみたいな寝言じゃ無い。叱ってんじゃない……怒ってんのよ、あたしは! あんたらみたいなバカがどうなろうと知ったこっちゃない。授業邪魔する、あんたらが憎ったらしいのよ。あああっ!!」
 そう言うと、遅刻した男子の机を持ち上げ、廊下に放り出した。

 あの時、江角は切れていた。それ以来、陰でこそこそはやるけれども、授業妨害する者はいなくなった。

 わたしは、ただのヒステリーだと思った。最低のオンナだと思った。

 でも、今日の江角はちがった。

「昨日ね、バカが一人死んだ。高校からいっしょでね、生徒手帳丸暗記して、よく先生にも生徒にも突っかかってた。大学でも同期……在学中に司法試験受かってしまうほどのバカだった。裁判官になってね、バカな判決ばかり出して、先週最後の裁判で判決出して夕べ死んじゃった……ただ物覚えがいいだけのバカ、歩く六法全書……最後の判決? まるでバカよ。今時自衛隊は憲法違反だって判決。笑っちゃうよ。スカすんじゃないっつーのよ! そんな憲法とか法律ばっか大事にして『自衛隊は憲法の精神及び第九条に照らし合わせ、明らかに憲法に違反したものである』 アッパレ護憲裁判官の死……そう書き立てるA新聞、マスコミ。あいつの心には平和主義なんてかけらもないのよ……じゃ、なんでそんな判決? バカだからよ。死んで正解だったかもね……あいつ、憲法が改正されたら真逆の判決出してるわよ。日本の軍隊は合憲であり、集団的自衛権は個別的自衛権と並んで、車の両輪である……あいつのところに、日の丸やら君が代の訴訟がこなくてよかった……だって、法律で決まってるんだから、自衛隊とは真逆の判決出すわ……あいつにとって裁判は言葉遊び。中学生が証明問題に熱をあげるのといっしょ……答を出す情熱しかなくって、本当の正義なんて、あんたらの百分の一もない……そう、わたしはイラツイてんの! あいつの、そういうところ……学生のころから分かってた……だから、そこ直してほしくて……裁判官はね、一度人間になって、その人間を心の底に沈めて、そいで裁判官にならなきゃいけないのよ……そう、男の裁判官。それがなにか……?」

「先生、好きだったの、その人?」わたしが一人、一回だけ質問した。

「どうだろ……どうなんだろ。ただ人間には成って欲しかった。大人の人間には……裁判は、中学生の証明問題なんかじゃないんだから。で、あの才能と情熱を……わたしは好きだった……そうよHクン。そう言う関係にもなったわ……その時、少しだけ人間的になった。でも朝になったら判例集読みふけっていた。わたしは嫌になった……辛抱が足りなかったのかもね、一度は変わりかけたんだからね……」

 わたしは、江角のことを教師としては認めていない。でも、人間……オンナであるとは思った。
 江角は、問わず語りに、自分にも、変わり目の時期があったことを認めた。わたしは、そう受け止めた。
 江角は、死んだ裁判官をバカだと何度も言った。でも、あれは自分に対して言ってる言葉のように感じられた。

 なんか違う……そう感じたとき、江角というオンナは飛びきれなかったんだ。わたしは思う。去年の大阪での一夏。わたしも麗も美花も飛んだんだ。今思えば「なんか違う」と感じていたんだ。
 そして、今、わたしは次の「なんか違う」にぶつかっていた。

 江角のように簡単に逃げたりはしない。
 
 その試練は、秋の実りをとりいれるように、忙しくやってくることになる……。

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・高安女子... | トップ | 高校ライトノベル・ホリーウ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

小説4」カテゴリの最新記事