大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・VARIATIONS*さくら*93(惣一編)『MAMORI』

2017-05-16 06:01:45 | 小説4
VARIATIONS*さくら*93(惣一編)
『MAMORI』
         


 その日、課業が終了すると、私服に着替えて、横須賀の街に出た。

 明菜はカウンターの奥に座っていた。
「半年ぶりだな」
 そう言いながら、マスターに「いつもの」という顔をしておいた。
 この店は、志忠屋といい、大阪、東京に次ぐ3号店で、イタ飯屋の看板をあげた無国籍料理と酒の店だ。
「あたし、こんなことをやってるの」
 明菜が名刺を出すのと、ピザが出てくるのが一緒だった。
「あ、あたしのピザなのに……」
 ピザの一枚を見敵必殺の呼吸でかっさらうと、明菜がさくらを思い出させるように膨れた。
「妹みたいなこというなよ」
「さくらちゃんはスターよ」
「明菜だってスターだ」
「あたしが?」
「流れ星だけどな。一瞬輝いたかと思うと、すぐに消えちまう……丸川書店MAMORI編集 白川明菜。今度は雑誌社か」
「元防大で採用。女子にターゲットを絞った防衛雑誌。実はね……」
 明菜は、この半年を超える空白を埋めるように多弁だった。以前は、こんなに自分から喋る奴じゃなかった。
「はい、いつもの。特盛とレギュラーにしといたよ」
 マスターが、そう言いながら定番の海の幸のパスタを並べてくれた。
「レギュラーじゃ足りないだろう。オレの少しやるわ」
 フォークとスプーンで、適量分けてやる。
「マスター、ソーセージの盛り合わせも。二人分」
「いいぜ、佐世保沖の記事。一応室長の許可はとらなきゃいけないけどな」
「単に海戦のことだけじゃなくて、手のひら返したような政府と国民の意識も平行して、これは、あたしが書くんだけど」
「その原稿は、あらかじめ見せてくれよな。うちは表に関わることは書かないから」
「大丈夫、文責ははっきり区別しとくから。もちろん事前に、そちらに見せるけど」

 そのあと、薩摩白波を飲みながら、脈絡のない話の末に、明菜がポツリと言った。

「自衛隊が、本当に戦闘やるなんて思わなかった。惣一がサルボーとかテーッなんて実戦で叫んでるとこなんて想像つかない」
「おれは、たかやすじゃ居候みたいなもんだったから、ただ吉本艦長のケツにくっついいていただけさ」
「でも、いずれは、そういう立場になるんだ……」
「……そうだな」
 吉本艦長の姿が頭をよぎり、少し厳粛な言い回しになってしまった。
「惣一……」
「うん……?」
 オレは前を向いたまま、明菜の言葉を待った。へんな沈黙になってしまった。
「じゃ、今夜はありがとう。これがうまくいったら、本採用になれるかもね。いいからいいから、経費で落としとくから」
 そういうと明菜は伝票を掴んで、レジに行った。
「あ、小銭ないから、崩すね」
 マスターは、そう言って万札をオレにつきつけた。
「もう少し砕けろや。私服なんだしよ」
「え、ああ……」
 万札を崩しながら、あいまいな返事にしかならない。
「あ、経費なら領収書いるよね。ごめん切らしてるから、こいつに買わせにいかせるから。一尉さん、そこの文具屋まで行って、水でも飲んで」

 言われるままに領収書を買ってきた。マスターはゆっくりと領収書を書いた。

「今度、惣一が命令するとこ見たいわね。あんた、年上の部下にはまだ『実施』としか言えないんでしょ」
「んなことねえよ。明菜も……」
「なによ」
「いつか、かっこよく命令するとこ見せてやっから」
「ハハ、できたら、You Tubeにでも投稿しといて。じゃ、またね」
 最後は、いつもの調子で明菜は、ドアの外に消えた。

 マスターに、思い切りケツを蹴り上げられた。

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・オメガと... | トップ | 高校ライトノベル・オフステ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。