大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・まどか乃木坂学院高校演劇部物語・15『第四章 貴崎サイドの物語1』

2016-10-01 06:25:15 | 小説7
まどか 乃木坂学院高校演劇部物語・15   

 これは前出の『まどか 乃木坂学院演劇部物語』の初稿です。紛失していたもが出てきましたので再掲載しました。

『はるか ワケあり転校生の7ヵ月』姉妹版


 この話に出てくる個人、法人、団体名は全てフィクションです。

『第四章 貴崎サイドの物語1』

 お気楽そうに手を振るのがやっとだった。

 バックミラーに、いつまでも不安そうに見送るまどかの姿が見える。
 フェリペの通用門をくぐるまでの、ほんの数十秒なんだけど、やたらに長く感じられる。

 体が、グイっと左に傾き、四トンの巨体は通りに出た。
「いつもの、かけます?」
 馴染みの運ちゃんが気を利かしてくれ、返事も待たずにオハコのポップスをかけてくれた。運ちゃんと二人のデュオになった。
「この曲って、Mアニメのテーマミュージックなんですよね。家で唄ってたらカミサンに言われました」
「そう、わたしも。そのアニメからこのミュージシャンにハマちゃったのよ」
「へえ、そうなんだ」
 運ちゃんは、わたしがダッシュボードに片足乗っける前に、缶コーヒーをとった。運ちゃんは飲み残しの缶コーヒーを飲み干すと、昨日のお天気を挨拶代わりに確認するような気楽さで聞いてきた。
「なんか、あったんすか?」
「どうして?」
「なんとなくね……」
 ルームミラーにウィンクした運ちゃんの顔が見えた。
「オトコがらみ……かな。先生ベッピンさんだから」
「ドキ……!」
 大げさに胸に手を当てとぼけておく。大方のとこ外れてはいるが、二割方はあたっている……。
「すんません、ここからは進入禁止だ……」
 話のことかと思ったら、グイっとハンドルがきられた。
――進入禁止――この先、工事中の看板が、助手席に流れる景色の中に一瞬見えた。
 それから、運ちゃんは黙って運転に専念した。予定にない道を走っているせいか、わたしに気を遣ってのことか、判断がつきかねた。おのずと、わたしは物思いにふけった……。


 病院に行くと、受付でその場所を告げられた……集中治療室。

 最初に怖い顔をした教頭の顔が飛び込んできた。その向こうに、潤香のご両親。
 気の弱いバーコードは、ご両親に顔が向けられず、ずっとドアを見ていたんだろう。
「先生、お忙しいところすみません」
 潤香のお母さんが頭を下げた。
「いえ、それより……」
 わたしの言葉で上げたお母さんの顔は戸惑っていた。
「実は……」
 母親の言葉が続くと、潤香のお父さんが割って入ってきた。
「先生、あんた、なんでこのこと言ってくれなかったんだ!?」
「は……?」
 出されたお父さんの手には、潤香の携帯が乗っていた。
「大変なことですよ、これは!」
 携帯の文面を読む前に、バーコードがつっこんできた。
「すみません」
 言葉だけでシカトして、携帯の画面に目をやった。ヤマちゃんの気をつかったメールの一つ前のメールが目に入ってきた。
――今日は、ほんとうにすみませんでした。不注意からとはいえ、申し訳ありませんでした。タンコブ大丈夫ですか? 明日の舞台楽しみにしてますね。K高 工藤美弥
「送信履歴、と写メも見てやってください」
 ボタンを押してみた。
――石頭だから大丈夫。K高の芝居はソデで観てました。がんばってましたね♪ 明日はよろしく。 芹沢潤香
 そして、写メを見ると、K高のポニーテールと潤香のツーショット。そして、背後に少し離れて怖い顔をしたわたしが写っていた。
「先生、あんたこの事故を見てたんでしょ?」
「はい。こんな大事になると思わずに……申し訳ありませんでした」
「かわいそうに、潤香は……」
 お父さんが向けた顔の先には、集中治療室のガラスの向こうに潤香が横たわっていた。長い髪を剃られた頭には包帯が巻かれ、ネットが被せられ、体のあちこちにはチューブが繋がれていた。
「こないだ、頭を打ったばかりなんだ、気のつけようがあるでしょうが。こんな危険な裏方やらせずとも!」
「申し訳ありませんでした。不注意でした。本当に申し訳ありませんでした」
「これ、持っていてやってくださいな」
 渡されたのは、一束の潤香の髪の毛だった。
「……これが遺髪になるようなことになったら、訴えてやるからな!」
「あなた……!」
 お母さんがいさめると、お父さんは充血した目に涙を溢れさせて去っていった。バーコードは最敬礼で見送った。
「すみません、先生。主人はあんな気性なもんですから……そんなものを渡したりして」
「いえ、わたしが不注意であったことは確かなんですから。戒めとして……潤香さんの回復を祈るためにも持っています」

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・『メタモ... | トップ | 高校ライトノベル・希望ヶ丘... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

小説7」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。