大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・連載戯曲・ステルスドラゴンとグリムの森・7

2017-06-20 06:37:12 | 戯曲
連載戯曲
ステルスドラゴンとグリムの森・7


 時   ある日ある時
 所   グリムの森とお城
 人物  赤ずきん
 白雪姫
 王子(アニマ・モラトリアム・フォン・ゲッチンゲン)
 家来(ヨンチョ・パンサ)



 二人身をひそめる。バサバサと音をたてて、ドラゴンが梢の高さほどのところを通り過ぎる気配がする(音と光で表現)

白雪: ……今の見えた?
赤ずきん: ううん、気配だけ。多分ドラゴン。
白雪: そう、ドラゴンよ。夕方わたしを襲った時も、半分体が透けていたけど、とうとう……。
赤ずきん: ステルスになっちまいやがった。よほど気をつけないと、不意打ちをくらってしまう。この分では狸バスも……。
白雪: どうしよう……。
赤ずきん: 仕方ない、今夜はわたしも婆ちゃんちに……。

 スマホを出そうとすると、下手よりかすかなパッシングと間の抜けたクラクション。

赤ずきん: 狸バス、あんなところに隠れていたんだ……(狸語が返ってくる)
 え、今日は特別に婆ちゃんちまで送ってくれる? 
 じゃ、白雪さんを送ってもらって、それから、ちょこっとだけ婆ちゃんと話して、それからお城まで……。
 オッケー?(狸語)え、そのかわりしばらく休業? 
 仕方ないわねえ、あんなぶっそうなドラゴンがいたんじゃねえ……。
 (白雪に)婆ちゃんに薬をもらおう、よく効くの持ってるから。じゃタヌちゃん、お願いね!(狸エンジンの始動音)

 二人、下手の狸バスに行くところで暗転、小鳥たちの朝を告げる声で明るくなる。
 花道を、王子を先頭に、ヨンチョが続き、赤ずきん遅れて駆けてくる。


王子: だから何度も言ったろう、その場で気持ちが変わったのではない。
 姫の女性としての尊厳を守るために、わたしはあえて我慢をして……。
赤ずきん: なにが尊厳を守るよ、白雪さんの気持ちはズタズタよ。
王子: それを乗り越えて自分で行動を起こさねば、一生わたし、つまり男性に従属せねばならなくなる。
 男の口づけを待って生命をとりもどすなど、女性を男の玩具とし、その尊厳を汚すものだ。
 わたしに出来ることは、男とか女とかを越えた人間としての地平から「がんばれ、めざめられよ!」と叫び続けることだ。
ヨンチョ: 王子は叫ばれた!
王子: 「がんばれ、めざめられよ!」
ヨンチョ: 「がんばれ、めざめられよ!」
赤ずきん: ……それが何やらつぶやかれるってやつね。それ、自分の考えじゃないよね。
王子: わたしのの考えだ!
ヨンチョ: 王子さまのお考えである!
赤ずきん: 影響されたわね……女王さまに? 朝の御あいさつに行ってから変だもん。
王子: ……参考にはした。しかし自分の考えではある。
ヨンチョ: 御自分の考えではある! とおおせられた。
赤ずきん: うるせえ!
ヨンチョ: おっかねえ……。
赤ずきん: 家来にバックコーラスしてもらわないと自分の考えも言えないの!? 
 女王にちょこっと言われただけでコロッと考え変わっちゃうの!?
王子: ……。
赤ずきん: わたし、昨日は自分の説得力に自信持ったけど、とんだピエロだったようね。
 さようなら、時間かかるけど別の王子さま探すわ。そして白雪さんの怪我はわたしが治して見せる!
王子: 待て! 姫は怪我をしているのか……!?
赤ずきん: ええ、森のドラゴンが成長し、夜と昼のわずかな境にも居座るようになり、
 ガラスの棺からよみがえろうとして、まだ低血圧のところを襲われた。心配はいらない、全治一ヶ月程度の怪我よ。
 それにこれからは、わたしたちグリムの仲間で白雪さんを守るから……じゃ、さよなら!
王子: 待て、待て、行くな……行くなと申しておるのだぞ!(ヨンチョに)赤ずきんをつかまえろ!
ヨンチョ: アイアイ(サー……と動きかける)
赤ずきん: (花道の途中で立ち止まり)バカヤロー! そんなことも家来に言わなきゃできないのかよ!
王子: ……すまん、わたしの悪い癖だ……頼む、もう一度もどってきてはくれないか?

 階段(花道のかかり)まで進み、手をさしのべる 

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・『はるか... | トップ | 高校ライトノベル・ライトノ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

戯曲」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。