大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・『はるか 真田山学院高校演劇部物語・73』

2017-07-31 06:12:34 | はるか 真田山学院高校演劇部物語
はるか 真田山学院高校演劇部物語・73

出版された『はるか ワケあり転校生の7カ月』の原話ノーカット版。いかにはるかは生まれ変化していったか!?


アハハと笑いながら読み、高校演劇の基礎とマネジメントが分かる高演ラノベ! 

『第七章 ヘビーローテーション 11』

 転院の日は平日の昼前だった。お母さんは、やっぱり来なかった。

「はるかちゃん、ほんとうにありがとう」
 車椅子を押しながら、秀美さんが言った。
 静かで、短い言葉だったけど、万感の想いがこもっていた。
 わたしは、群青に紙ヒコーキのシュシュでポニーテール。
「シュシュの企画当たるといいですね」
「もう当たってるわよ。さっきから何人も、はるかちゃんのことを見ている」
「え……車椅子の三人連れだからじゃないんですか?」
「視線の区別くらいはつかなきゃ、この仕事は務まりません。むろん、はるかちゃん自身に魅力が無きゃ、誰も見てくれたりしないけどね」
「はるかの器量は学園祭の準ミスレベル。父親だからよくわかってる」
「それって、どういう意味」
「客観的な事実を言ってるんだ」
――それって、わたしのウィークポイントにつながっちゃうんですけど、父上さま。
「今のはるかちゃんは、東京で会ったときの何倍もステキよ。そのシュシュが無くっても」
――それは、秀美さんの心映えの照り返しですよ。
 発車のアナウンス。
 車窓を通して、笑顔の交換。
 発車のチャイム。

 あっけなく、のぞみはホームを離れていった。

 見えなくなるまで見送って、ため息一つ。
 振り返ると、スマホを構えたオネーサンが二人、わたしの写メを撮っていた。
「ごめんなさい、あんまり可愛かったから」
「ども……」
「よかったら、この写メ送ろうか。スマホとか持ってるでしょ」
「はい、ありがとうございます」
 送ってもらった写メは、とてもよく撮れていた。
 一枚は、ちょっと寂しげに、のぞみを見送る全身像。
 もう一枚は、振り向いた刹那。ポニーテールがなびいて、群青のシュシュがいいワンポイントになって、少し驚いたようなバストアップ。
「このままJRのコマーシャルに使えるわよ」
 と、オネーサン。聞くと写真学校の学生さんだった。
 オネーサンたちと別れてしばらく写メを見つめて……ひらめいた!
――これだ、『おわかれだけど、さよならじゃない』
 わたしは、ベンチに腰を下ろし、写メを見ながら、そのときの物理的記憶を部活ノートにメモった。

 この写メが、後に大きな波紋を呼ぶとは想像もしなかった。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・小悪魔マ... | トップ | 高校ライトノベル・時空戦艦... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。