大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・小悪魔マユの魔法日記・27『フェアリーテール・1』

2017-07-27 06:39:07 | 小説4
小悪魔マユの魔法日記・27
『フェアリーテール・1』



「よく食べるわね……」

 里衣紗の声が降ってきた。
 マユが目を上げると、里衣紗と沙耶が並んで立っていた。
「あんたたちだって」
 里衣紗と沙耶は、食堂特製のフライドポテトを持って、ホチクリ食べていた。
「あたしたち、Bランチと、これだけだよ」
 沙耶に言われて、マユは自分のテーブルに目を落とした。

 A定食(B定食に、ぶっといトンカツが付いている)に、かき揚げ丼、きつねそば、脇には、沙耶たちより一回り大きなフライドポテトが、ドデンと置かれていた……たしかに多い。
「あ、昨日AKRのレッスンとかあったし……」
「でも、知井子は、あれだよ……」
 里衣紗の目線の先には、テーブル二つ分向こうに知井子が、玉丼の空になったのを置いて、アイスを舐めながら、練習曲のスコアを見て、テーブルの下、足だけでステップの練習をしていた。
「同じAKRなんだよね……」
「あ……わたしの体って、燃費悪いのよね。アハ、アハハハ」
 と、その場はごまかした。

 マユの体は、二人が同居していた。マユと、幽霊の浅野拓美……。
 マユは小悪魔ではあるが、体は、まったくの人間である。使っただけのエネルギーは補給しなければならない。それも、今は二人分。当然、食事もするしトイレにも行く。

 で、今、マユは女子トイレの個室の中にいる。と言って、用を足しているわけではない。いくらラノベとはいえ、トイレの個室の状況を描写することまではしない。
 しかし、トイレ本来の使い方をしていなければ別である。

――ねえ、拓美。わたしの体に同居してるのは……まあ、同意する。暫定的にだけど。
――ごめんね、レッスンで体力使うもんだから……わたしって、サブリーダーでもあるわけでしょ。スタジオには一番に入って、最後に出るの。
――リーダーの大石さんもいるでしょう。
――クララはクララよ。トップとサブは自転車の前と後ろ。どっちが力を抜いても自転車は進まないわ。
――でも、拓美って幽霊じゃん。空気も吸わないのに、食事はするわけ?
――マユの体に入っているから、お腹が空くの!
――拓美って、生きてたころ、かなりの大メシ食いだったんじゃないの?
――そういうマユの体こそ、燃費悪いんじゃないの。自分でも言ってたじゃないの。
――あの状況じゃ、ああでも言わなきゃ、ごまかせないじゃん!

 そのとき、個室がノックされた。

「あ、ごめんなさい、今空けるから……」
 マユは、急いで水を流し、個室を出た。
 目の前に、知井子ぐらいの背丈のカワイイ子が立っていた。

 手を洗いながら、鏡越しに他の個室が全て空いていることに気づいた。
 そして、今の子が、個室に入らず、じっとマユを見ている。
 鏡の中で、視線が合った。マユは、少しドキリとした。

「あなた、小悪魔のマユさんね」

 その子は、ニコリともせずに言った。
 マユは、大いにドキリとした……。

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・時かける... | トップ | 高校ライトノベル・『はるか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

小説4」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。