大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・『はるか 真田山学院高校演劇部物語・29』

2017-06-17 06:16:20 | はるか 真田山学院高校演劇部物語

はるか 真田山学院高校演劇部物語・29


出版された『はるか ワケあり転校生の7カ月』の原話ノーカット版。いかにはるかは生まれ変化していったか!?

アハハと笑いながら読み、高校演劇の基礎とマネジメントが分かる高演ラノベ! 


『第三章 はるかは、やなやつ!7』


 この梅雨のようなドンヨリ部活の間、個人的にはいいことがあった。
 
 先月、締め切りギリギリに出した、わたしの初エッセー「オレンジ色の自転車」が最終選考に残ったのだ。
「やりー!」
 思わず、A書房の『ジュニア文芸』を買ってしまった。
 フツーの本はおろか、雑誌だって、たいがい図書館で済ませてしまうわたしには、異例中の異例だ。
 さっそく由香に電話をする。
「はるかの言うてた、手ぇからこぼれてしまいそうなことてこれやったんやね!」
 由香は誤解している。
「東京に残してきたものが一つある」
 と、そのとき思いついた、いいかげんなデマカセを言ってある。
 でも、このノミネートを素直に喜んでくれる由香の誤解は嬉しかった。
 それに、自分自身、そのタクラミとは別に、自分の乏しい文才が認められたことがストレートに嬉しかった。
「他のひとにはナイショだよ♪」のメッセを付けて、ノミネートのページの写メを送った。
 お母さんにも、と思った……でも、今のお母さんのスランプを思うとはばかられた。だって、あのハシクレはきっとイチャモンつけるもん。
 大橋先生に、と思った。が、わたしは先生のメアドを知らないことに気がついた。

「大橋やったら、ケータイ持っとらへんで」

 ケータイの向こうで、タキさんがそう言った。
「じゃ、どうしてメールのやりとりとか……」
「あいつは、パソコンや。パソコンのメアドおせたるわ……で、なんかええことでもあったんか?」
 なんで分かるんだ、このオッサン!?
 タキさんに言ったら、お母さんにツーカー。でも、上手い誘導尋問にひっかっかって、言わされてしまった。
 お母さんはお使いに出て、お店にはいないようだ。
「お母さんには、くれぐれもナイショで」
「わかっとる。トモちゃんスランプやさかいな。それにまだノミネートされただけで、一等賞とったわけやないもんな」
「一等賞はいらないんです。二等賞でいいんです、二等賞で」
「オカンに似合わん謙虚さやな」
「わたしは、自分の力を知ってますから」
「ガハハハハ……!」
 大爆笑のあと、大橋先生のメアドが送られてきた。
 なんで大爆笑?
……先生にメールを打ちながら、気がついた。

 わたしって、お母さんのこと認めていない……。

「自分の力を知ってますから」
 ということは、反語として、こんな言葉を含んでいる。
「お母さんは、自分を分かっていない」
 たしかにお母さんはイチャモンつけてくるだろう、母親としては欠点だらけ。でも物書きとしては真剣だ。それ分かってるから、正面から文句言わないし、素直に大阪まで付いてきた。
 なんという上から目線「上から、はるか」それも無意識だから、余計にイヤラシイ。

――ああ、なんてやな子なんだろ、はるかって子は!

「やなやつ、やなやつ、やなやつ……」
 
 駅のホームに立って、わたしは、まだそうつぶやいていた。
 瞬間、梅雨の雲間が切れて、お日様のビーム。
 わたしは、突然スポットライトをあびせられた大根役者が、おずおずと袖に引っ込むように、やってきた電車に乗り込んだ。
 お日様のビームは、わたしを咎めるように電車を追いかけ、広がってきた。
 その広がりの中に、白い紙ヒコーキのように、ジェット機が一つ浮かんでいた……。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・時かける... | トップ | 高校ライトノベル・連載戯曲... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

はるか 真田山学院高校演劇部物語」カテゴリの最新記事