大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・オメガとシグマ・69『御籠りの五日間・3』

2017-05-06 11:17:56 | 小説

高校ライトノベル・オメガとシグマ・69
オメガのターム『御籠りの五日間・3』




 一口にエロゲと言ってもいろいろだ。

 とにかくエッチをしまくるシミレーションもの。
 ストーリーもへったくれもない、時間や場所やロケーションを設定する。中には男女のアバターも一からカスタマイズして声や性格まで決めていたすものや、ぶっとんだものではVRになっているものもある。
 シグマが「こんなのもあります」と見せてくれたが、うちのサブカル研ではやらない。
 
 その対極にあるのがシナリオゲー。
 ほとんどノベルと同じで、ストーリーが命。
 たいていフルボイスになっていて、画面に出てくるキャラが喋ってくれる。当然声優さんたちが演じてくれているんだけど、その熱のこもり方、表現の豊かさに、最初はびっくりしたものだ。
 途中に様々な分岐があり、どの分岐を選ぶかによって付き合えるパートナーが変わってくる。
 物によっては分岐が百以上もあって、エンディングが分岐の組み合わせで無数と言っていいほど別れるものもある。
 俺たちサブカル研がやっているのは、主にこのシナリオゲーで、まだ初心者の俺はシグマの勧めで十本ほどやっただけだけど、正直目から鱗の毎日だ。
 モノにもよるけども、最後の方にならなければエッチフラグが立たないものが結構ある。
 エッチに至らなければ、普通のノベルゲームと変わらない。
「これも、元々はエロゲだったんですよ」
 シグマが開いたフォルダにはプレイステーションなどの、俺だってタイトルぐらいは知っている普通のゲームが並んでいた。
「ここにこういうイベントが入っているんです」
「オ……オーーーー!」
 プレイステーションでは手を握ったり、ハグしたり、せいぜいキスするだけなのが、男女の距離に寄って様々なエッチの展開になる。
「……この方が断然ナチュラルってか、展開として自然に広がっていくよなあ」「もう、ほとんで文学じゃんよ」
 エロゲの感動が無ければ、二か月ちょっと前、学食の前で堂本に弄られているのを助けただけで、それ以後のシグマとの付き合いは無かっただろう。

 座卓の上のエロゲは、そう言うのばかりだったから、ノリスケの横で見ているだけの増田さんにも抵抗はない。

「『蒼空に翼広げて』は、もうじきフラグが立つぞ」
 ノリスケがやっているのは、先月コンプリートしたやつだったので湯船の中で忠告を与える。
「いや、つばさルートを先にやったんで、夕方には初エッチになってしまった」
「え、そーなのか!?」
「おまえ『まにてつ』に熱中してたから気づかなかったんだろ」
「増田さんは?」
「ビックリしたようだけど、なんか、コクコク頷いてたぞ」
 もう三日目になるんで、それぞれのゲームも最初の佳境に入っているようだ。あれこれゲームの感想を言い合っていると、のぼせそうになって来た。
「そろそろ出ないと、女子の時間だぞ」
「あ、今日は女子があとだったな」
 御神楽大神神社の豊楽殿はよくできているが、旅館ではないので、風呂は時間を決めて男女交代で入っている。
 風呂そのものはゆったりとしたL字型になっていて、Lの底辺の部分がガラスになっていて眺めがいい。底辺と縦棒の角の所は大きな岩がドデンとあって、入り口からは目隠しになっている。
 岩の角を曲がるのと湯気に曇ったガラス戸が開くのが同時だった。

 エ……ア…………

 無防備に湯船から立ち上がった俺たちの前には、前も隠さないオメガと増田さんが立っているではないか!

 ゴメン!

 一言言うのが精いっぱいで、ノリスケと二人で風呂を出た。

「御神渡りがありますので、豊楽殿の半分を閉めます」
「おみわたり?」
 巫女さんの言葉にポカンとするばかりだ。
「えとね……」
 風信子が補足してくれる。
「神さまがお通りになる道が今夜から豊楽殿に掛かるの、掛かる部分は使えなくなるから、座敷の半分に結界を張ることになるのよ」
 座敷に戻ると、半分の所に結界を示すしめ縄が張られていた。
 それまで几帳を挟んで座敷の両端に敷いていた男女の寝床が、接するほどに近くなってしまった。

 衣擦れの音だけでもドキドキしたのに、今夜の几帳の向こうからはオメガと増田さんの気配は距離の二乗倍で濃厚になる。

 風呂で一瞬見てしまった二人の無防備な裸が、どんどん際立ってくる、ああ、やんぬるかな!
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・新希望ヶ... | トップ | 高校ライトノベル・学校時代... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。