大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・オフステージ・(こちら空堀高校演劇部)・50「地区総会・2」

2017-07-17 11:10:31 | 小説・2

高校ライトノベル・オフステージ(こちら空堀高校演劇部)
50『地区総会・2』




 世間がわたしを見る目は身体障がい者だ。

 小六の事故で車いすの生活になってしまった。
 それまでは、当たり前だけど健常者だった。
 でも、健常者沢村千歳とは呼ばれなかった。

 今は身体障がい者とか脚の不自由な沢村千歳さんだ。

 障がいとか足の不自由なとかの枕詞が先行してというかアクセントが付いて、沢村千歳という中身は影が薄くなってしまった。
 小六までは健常者だったので、この影の薄さはしっかり感じる。
 高校に入ったら、少しは変わるかなあと期待した。
 
 空堀高校は施設的にも整っていて、その方面でもモデル校だったので期待があった。
 空堀高校なら枕詞抜きの沢村千歳として扱ってもらえるんじゃないかと。
 実際は中学以上に失望した。
 モデル校だけあって、設備も対応も隙が無い。でも、沢村千歳はどっかいっちゃうんだよね。

 連休明けには辞めようと思った。

 辞めるために演劇部に入った。部活とかがんばったけど、やっぱダメだったということにするために。
 演劇部とは名ばかりで、放課後部室に集まってはウダウダしている、グータラ部活。
 アリバイ部活だからうってつけだと思った。これで学期末には退学できると思った。

 でも、違ったんだよね。

 正直、三人の先輩はグータラだ。予想通り演劇部らしいことは何もやらない。
 わたしもほとんどホッタラカシにされている。さすがに移動の時なんかには手を貸してくれるけど、どこかゾンザイ。
 ゾンザイどころか、部室棟の解体修理に伴って仮部室に引っ越してからは、お茶くみの係りはわたしになった。
 一見不人情に見える。
 だって、健常な先輩たちはテーブル囲んで好きなことをやっている。
 小山内先輩はエロゲだし、須磨先輩は寝っ転がってるし、ミリー先輩は解体される部室棟ばかり見ている。
 そこをウンショウンショとお茶を淹れるわたしは絵的にはイジメられてる的に見えるかもしれない。

 でも、違うんだよね。

 わたしが淹れるお茶とかコーヒーは美味しいんだ。
 たぶんお姉ちゃんの影響。お姉ちゃんはお茶とかコーヒーを扱う会社に勤めているから、知らず知らず影響を受けたみたい。
 先輩たちは「美味しい」と言って飲んでくれる。グータラするのにはお茶とかコーヒーとかは必須アイテムなんだ。

 でもね、赤いリボンの女子高の一団は違うんだよね。

「空堀高校の沢村千歳さんですね! サインしてください!」
 ここ二日続いている猛暑日のせいでなくホッペを赤くして手帳を出している。
「「動画観て感動しました!」」二人が声を揃える。
 横を見ると、三人の先輩のところにも人が集まっている。

 あーーなんだか凹んでしまう……。
 
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・時かける... | トップ | 高校ライトノベル・かぐや姫... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

小説・2」カテゴリの最新記事