大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・ライトノベル・ポナの新子・55『SEN 4・8』

2017-02-24 06:38:31 | 小説7
ライトノベル・ポナの新子・55
『SEN 4・8』
        


「SEN 4・8」と書いて「セン フォー・エイト」と読む。「SEN」は、そのまま「エスイーエヌ」と読んでもいい。

 という安祐美の説明で、あっさり決まった。景気づけの質問が出た。
「4・8ってのはフォーティーエイトって読む人もいるんじゃない?」
「いいじゃん、覚えやすくて。多少パクリっぽいけど、ちゃんと意味があるんだから」
 安祐美が幽霊らしからぬ陽気さで答えた。

 なるほどなあ……。

 家に帰ってからも、安祐美のネーミングの感覚の良さに感心した。
 SENのSEは世田谷女学院の頭文字、Nは乃木坂学院で、構成メンバーの所属校を現している。これは直ぐに分かった。
 4・8が分からないので、安祐美が説明してくれた。
「それぞれの学校が4丁目と8丁目にあるからよ」
 と涼しい顔でいうので「あ、そうか」と納得した。

 お風呂に入っても、SEN4・8が頭から離れない。で、考えすぎてポナは気が付いた。

――4・8って……人数じゃないかな――

 メンバーは五人だけど、安祐美は実体化しているとは言え幽霊だ。がんばりすぎると実体化もしていられずに姿が現せなくなる。それから、想像するのも嫌だったけど、このSEN4・8が上手くいったら……。
 そこまで考えた時、大ネエの声がした。
「ねえ、浴槽の中に指輪落っことしたみたいなんだけど、ポナ、探してくれない?」
「うん……」
 入浴剤で浴槽の底が見えないので、ポナは手探りした。手応えがあったので、持ち上げた。意外に重いという感触はあったが、安祐美のこっとで頭がいっぱいだった。
「ごめん、洗面台にあった」
 大ネエの声。気が付くと浴槽のお湯が、ほとんど無くなっていた。
「あれ……?」
「あんた、なにやってんの?」
 大ネエに言われて気が付くと、指には浴槽のゴム栓のリングがハマっていた。

「ねえ、4・8の0・8は、安祐美、あんた自身のことじゃないの?」
 ララランチを食べながら、隣に座っている安祐美に聞いた。
「分かった……?」
 ラーメンを食べている安祐美の手が止まった。
「まさか、今のユニットが上手くいったら……」
「ハハ、考えすぎ。あたし幽霊だから、存在としては八掛けぐらいかなって、それで0・8よ」
 と、勢いよくラーメンをすすって、食器のトレーを返却口に持っていった。

 六時間目のチャイムが鳴って、直ぐにみなみが教室に入ってきた。
「なんで乃木坂が、こんな時間にここにいるのよ?」
「うち、三者懇談で昼から休み。それより、いいニュース!!」

 なんと、急にデビュー公演が決まったのである……。



ポナの周辺の人たち

父     寺沢達孝(59歳)   定年間近の高校教師
母     寺沢豊子(49歳)   父の元教え子。五人の子どもを、しっかり育てた、しっかり母さん
長男    寺沢達幸(30歳)   海上自衛隊 一等海尉
次男    寺沢孝史(28歳)   元警察官、今は胡散臭い商社員だったが、乃木坂の講師になる。
長女    寺沢優奈(26歳)   横浜中央署の女性警官
次女    寺沢優里(19歳)   城南大学社会学部二年生。身長・3サイズがポナといっしょ
三女    寺沢新子(15歳)   世田谷女学院一年生。一人歳の離れたミソッカス。自称ポナ(Person Of No Account )
ポチ    寺沢家の飼い犬、ポナと同い年。死んでペンダントになった。

高畑みなみ ポナの小学校からの親友(乃木坂学院高校)
支倉奈菜  ポナが世田谷女学院に入ってからの友だち。良くも悪くも一人っ子
橋本由紀  ポナのクラスメート、元気な生徒会副会長
浜崎安祐美 世田谷女学院に住み着いている幽霊
吉岡先生  美術の常勤講師、演劇部をしたくて仕方がない。
佐伯美智  父の演劇部の部長
蟹江大輔  ポナを好きな修学院高校の生徒

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・オメガと... | トップ | 高校ライトノベル・連載戯曲... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

小説7」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。