大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・オフステージ・(こちら空堀高校演劇部)・6・ああ演劇部!!・1

2017-05-16 06:07:51 | 小説・2
オフステージ(こちら空堀高校演劇部)
  ああ演劇部!!・1
                   


 なんと掲示板に貼り出されていた。

 以下のクラブは部員数を5月12日までに規定の5人以上にならない場合同好会に編入する。

 演劇部 新聞部 社会問題研究部 上方文化研究部 園芸部 薙刀部 ワンダーフォーゲル部

 生徒会規約により、同好会に編入された場合、予算の執行を停止し部室を明け渡すものとする。

                       空堀高校生徒会会長 瀬戸内美晴


「うわ~~~~~~~~~~~」

 演劇部部長の小山内啓介は、盛大なため息をついた。
 このため息が図書室にいた沢村千歳とシンクロしたのだが、この物語における自分の役割を認識していない2人には自覚は無い。

「そら大変やなあ……」

 セーやんは後頭部で後ろ手組み、脚を突っ張って椅子をギシギシ言わせながらのけ反った。セーやんが気乗りしない時の癖である。
「名前貸してくれるだけでええねん、頼むわ」
 啓介は、のけ反ったセーやんの顔を覗き込むようにして食い下がった。
「ちょっと、ツバかかるやんけ」
「ああ、すまんすまん」
 啓介はハンカチを出してセーやんの顔を拭いた。
「ちょっと、止めてくれ。男のハンカチで顔拭かれたない!」
「すまん、そやからさあ……」

「ケースケ、ちょっとミットモナイわよ」

 訛のある標準語が後ろで響いた。振り向くとミリーが腕組みして立っている。
「え……」
「ケースケの演劇部って部室が欲しいだけでしょ。たった一人で広い部屋独占して、演劇なんてちっともしてないじゃん。生徒会が言うことのほうが正しいよ。それみんな知ってるから、誘いにのらないんだよ。ケースケ見ていると日本男子の値打ちが下がるよ」
 ブロンドの留学生は手厳しい。
「いや、俺は目覚めたんや! これからは伝統ある空堀演劇部の灯を守るために精進するんや!」
「ショージン?」
 むつかしい日本語は分からないミリー。
「えと、Do my best!や!」
「ケースケ、窓から飛んでみるといいよ」
 ミリーは傍の窓を目いっぱいに開いた。
「飛べるわけないやろ」
「ケースケ軽いから飛んでいくと思うよ」
「ウヌヌヌ……」
 休み時間の教室に堪えきれない失笑が起こった。
「ミリーも辛らつやなあ……啓介も突然部室の明け渡し言われてトチ狂うとんねんで。まあ、これが刺激になって部活に励みよるかもしれへん」
「トラやん、おまえこそ心の友や! やっぱり演劇部入るべきや!」
「それとこれは違う。お手軽な身内から声かけるんと違て、せめて中庭とかで基礎練習してアピールしてみろよ」
「え、あの意味不明な『あめんぼ赤いなアイウエオ』とかお腹ペコペコの腹式呼吸とかか?」
「そや、そういう地道な努力こそ大事やと思うで」
「そうだね『隗より始めよ』だね」
「なにそれ、ミリー?」
「ことを始めるには、つべこべ言わないで自分からやってみろって、中国の格言だよ」
「……ミリーの日本語の知識は偏りがあるなあ」
「なに言ってんの、去年の古文で習ったでしょ?」
「え、習た?」

 墓穴を掘りっぱなしの啓介であった。

 いいかもしれないなあ――千歳は思った。

 学校を辞めるにしろ、なにか口実が欲しかった。
 入学して一カ月余りで辞めるには、致し方なかったという理由が欲しかった。それはもう仕方がない、千歳はよくやったという状況で辞めるのがいい。

 演劇部が、それにうってつけだと千歳は思い始めた……。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・VARIATION... | トップ | 高校ライトノベル・トモコパ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。