大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・時かける少女・59『お彼岸最後の日』

2017-05-20 06:55:35 | 時かける少女
時かける少女・59 
『お彼岸最後の日』 
        

 昭和二十年四月、前月の大空襲で肺を痛めた湊子(みなこ)は、密かに心に想う山野中尉が、沖縄特攻で戦死するまでは生きていようと心に決めた。そして瀕死の枕許にやってきた死神をハメた。死と時間の論理をすり替えて、その三時間後に迫った死を免れたのだ。しかし、そのために時空は乱れ湊子の時間軸は崩壊して、時のさまよい人。時かける少女になってしまった……今度は、正念寺というお寺の娘の光奈子になり、演劇部員。今日は、お彼岸、最後の日だ。


 大きな花が電柱に寄り添うように活けられているので、光奈子は驚いた。

「ああ、あんたS高の子ね?」
 生地屋のオバサンが、ちょうど新聞をとりに表にでてきたところにでくわした。
「はい、亡くなったひなのとは、同じクラブです」
 手にしたお花が貧弱に思え、光奈子は、持て余していた。
「あ、そのままじゃ、直ぐに萎びちゃう。ちょっと待って……」
 オバサンは、店の中に入ると小さな花瓶を持ってきてくれた。
「これ、オバサンが……」
「せっかくのお花だもの……あ、花は違う人。花瓶だけがあたし」
「そうなんですか。ありがとうございます」
 そう、言いながら、花の主は誰なんだろうと、思いをめぐらせた。
「さあ、あんたのは、これに生けようね」
 オバサンが、花を活けてくれ、二人で手を合わせた。

 ふと気配を感じて振り返ると、五十代後半ぐらいの女の人が、花を抱えて手を合わせていた。

「あら、奥さん。お花なら、まだ二日はもちますよ」
「今日、お彼岸の最後の日ですから……」
「じゃ、お預かりして、明後日にでも生けかえさせていただきます」
「そうですか、あいすみません」
「……あ、こちら亡くなった、お嬢さんのお友だちです。えと……」
「藤井光奈子と、申します。いっしょに演劇部にいました」
「坂田と申します。ひなのさんを……」
「加害者の身内の方ですか?」
 言ってしまってから、加害者というトゲのある言葉を口にしたことを後悔した。
「はい、ひなのさんの命を縮めた者の祖母です」
「お孫さんが、その……分かった時から、毎日来てくださってるの」
「ありがとうございます。ひなのの仲間としてお礼を申し上げます」
「孫は、見栄っ張りで、気の弱い子で……」
「奥さん、そう何度もおっしゃらなくても……」
「いえ、こちらのお嬢さんには、初めてですから」
「許してやってください……とは申しません。一生をかけて償わせます」
「お孫さん……未成年なんですね」
「はい、危険運転で、今は鑑別所におります」
「ご両親は?」
「恥ずかしいことですが、気の回らない親達で。せめて、わたしがと思いまして……」
 女の人は、嗚咽をもらして、言葉にならなかった。

 電柱の影の先に人がいるのに気づいた。

「まなかちゃん……」
「もう、涙もお花もいい。お姉ちゃん返して!」
「ごめんなさい。まなかさん」

 もう初老と言っていい女の人が、心から中学生のまなかちゃんに、深々と頭を下げた。

「……光奈子ちゃんも、早くしないと、学校遅刻するわよ!」
 そう言うと、まなかちゃんは、さっさと三叉路をYの下に向かって、早足で歩き出した。

 この日、アミダさんの美保とは、学校でも会わなかった。

 自分で悟れと、言われたような気がした。
 どうにもならない。
 光奈子には、そこまでしか分からなかった。

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・トモコパ... | トップ | 高校ライトノベル・新希望ヶ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。