大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・VARIATIONS*さくら*68(さくら編)『次の役は佐倉さくら!?』

2017-04-21 06:37:51 | 小説4
VARIATIONS*さくら*68
『次の役は佐倉さくら!?』



次の仕事は東京だよ

 マネージャーの吾妻さんが突然言った。


 二カ月ちょっとに及んだ『ワケテン』の仕事が、やっと一段落。最後まで遅れていたマサカドさんの役も、あたしがモーションキャプチャーをやって、あっけなく終了。由香の役の撮影が終わった時に花束をもらったけど、マサカドさんの仕事で、撮影そのものが終わり、もういっぺん花束をもらうとは思ってもいなかった。あとは久々に東京に帰って学校にいきたかった。思えば、一月に学校の先輩であり、シンガーでもある原鈴奈にそそのかされ、新曲のプロモにちょっと出たのがきっかけだった。

 気が付けば、半年足らずで女優のはしくれになってしまった。

 四月の初めに、この『ワケあり転校生の7ヵ月』の仕事をもらったのが本格的な女優の仕事だった。役が大阪の女子高生の役だったので、ほとんど大阪に居続けだった。まともに学校に行けた日はほとんどない。さすがに中間テストは日帰りだったけど、まともに受けられた。
 この仕事が終わったら、しばらく普通の帝都女学院の生徒に戻りたかった。毎日授業のノートを解説付きでファックスしてくれたマクサや恵里奈と机を並べたかった。

 でもね……たとえ、東京での仕事とはいえ、ドラマや映画の仕事ならば、まともに学校に行けるのは望み薄だ。
 
 正直、フルマラソンを終えたあと、もう一回走ってこいと言われたようなものである。

「今度の役は、むつかしい。それに女優としては、一度は通っておかなきゃならない道でもある」
 あたしの落ち込みを屁とも思わずに、吾妻マネージャーは、今時めずらしいシステム手帳とにらめっこしている。むろんパソコンやタブレットなんかも使っているが、システム手帳だと、まず自分で書き、その上日に何度も見なおすことで、常に頭の中にスケジュールや担当しているタレントのことなどが入ってくるので、このアナログでかさばるばかりの手帳の化け物がいいらしい。
「今度の役はむつかしい。主役だしな……」
「……ありがとうございます」
「なんだ、気持ちが入ってないなあ」
「いいえ、そんなことありません。主役に時めいています!」

 本当は、時めいてなんかいなかった。こんどのワケテンで、女優の大変さ。特に主役の重圧ははるかさんを見て、よく分かっている。だから嬉しさよりも気の重さが先にやってくる。
「今度の役は、佐倉さくらという役だ」
 一瞬どこかで聞いた名前と思った……で、自分の名前であることに気付いて、戸惑った。どういう意味だろう?

「しばらくお休み。自分の生活に戻るんだ」
「え……」
「今まで学校に行っていたのとは大きく違う。佐倉さくらを演ずるつもりで学校にいけ」
「は、はい!」

 あたしは、吾妻さんにドッキリで威かされた後のように、ドギマギしながらも嬉しかった。

 しかし、吾妻さんが言ったのは、単なるドッキリではないことが、学校に行って分かった……。

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・オメガと... | トップ | 高校ライトノベル🍑MOMOTO🍑デ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。