大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・トモコパラドクス・90『絶崖の聖杯・1』

2017-05-11 06:37:57 | トモコパラドクス
トモコパラドクス・90 
『絶崖の聖杯・1』
        

 三十年前、友子が生む娘が極東戦争を起こすという説が有力になった未来。そこから来た特殊部隊によって、女子高生の友子は一度殺された。しかしこれに反対する勢力により義体として一命を取り留める。しかし、未来世界の内紛や、資材不足により、義体化できたのは三十年先の現代。やむなく友子は弟一郎の娘として社会に適応する「え、お姉ちゃんが、オレの娘!?」そう、友子は十六歳。女子高生としてのパラドクスに満ちた生活が再開された! 娘である栞との決着もすみ、久々に女子高生として、マッタリ過ごすはずであった……さて、今回のターゲットが絞り込まれてきた。


 かすかに気配が残っていた、T町三千人のテレポの形跡が……。

 町の人間の中には、超能力と言うほどではないが、勘の良い者が1/1000ほどの確率でいる。その二三人の思念が、テレポさせられた先を暗示していた。トルコのカッパドキアの一点を意識の最後に残していたのだ。他の人間は、どこに行くのかも分からずに、なにが起こったのかも分からないままテレポさせられていた。

 滝川、紀香、友子の三人は、カッパドキアのそこにテレポした。

 カッパドキア……古代のカルスト大地に作られた、古代交易の中継点として栄えた都市の跡である。背の低い灌木の群れがチラホラあるだけで、住居に適した木材が無く、古代のカッパドキアの人々は、石と日干し煉瓦で家や城壁を作っていたが、ペルシアの進出と共に寂れ、岩山に穴を穿ち、それをもって住居としていた。
 それは、古代的というよりは、宇宙の別の星にある文化遺跡を思わせるものがあった。実際にスペースファンタジーのロケに使われることも多く、そういうところは観光地化され、様々な国の観光客で賑わっていた。

 三人がテレポしたのは、そんなカッパドキアの辺境で、ふだん人の立ち入ることも希な渓谷地帯であった。

「地質的に不安定なところね」
「カルストだからな。石灰岩が多くて浸食がすすんでいる……あ、危ない!」
 紀香も友子も同時にジャンプして、隣の岩山に着地した。滝川だけが、上空を漂い、崩れたばかりの岩庇を見つめていた。
「なにしてんの、こっちにきたら?」
「おかしいと思わないか。いくらカルストとは言え、あんなに大きな岩庇が、いきなり崩れたんだ……」
「かすかに感じる。あの岩庇の上に大勢の人間が乗っていたんだ」
「その重みで……トラップ?」
「そこまでは、分からないわ。気配を徹底的に消している」
「三千人分もの人の気配を?」
「多分、聖骸布の力だろ」
「集団テレポもね」
「こう痕跡もなにもなくっちゃ、分からないわね」
 
 三人は途方にくれた。

 感覚を研ぎ澄まし、あたりの気配を伺ったが、ウサギなどの小動物や蛇の気配まで拾ってしまい際限がなかった。
「ね、微かだけど、カツブシみたいな微粒子を検知したわ」
 紀香の一言で、三人はカツブシの正体をさぐりに、岩山をいくつか飛び越えた。

「なんだ……」

 それは、死んでカラカラに乾き、ミイラになったヤギの死体だった。
「今日は、ここで野宿だな」
「待って……T町では、ここへの残留思念が残っていたわ。それは感覚の鋭い人が何人かいたからよ。それが感じられないということは……」
「あたしたちが、追跡できないように始末した?」
「殺せば、死臭がする。おれ達の嗅覚はハゲタカの百倍はある」
「あ……」
「水道局長の殺され方……」
「ミイラ化すれば、死臭はしないわ!」
「でも、さっきのヤギみたいなのは、キリがないわ」
「水道局長とヤギのミイラじゃ、微妙に成分が違う」
「そうね、服や持ち物も同時に乾燥させるから、その成分が違うのよ!」

 三人は、水道局長のデータを基に、あたりを検索した。

「あった、三時の方角!」

 行ってみると、ワンピースを着せられたヤギとキツネのミイラだった。
「敵も読んでいるなあ」
「こうなりゃ、中型動物のミイラ、全部当たるしかないわね」

 五体目でビンゴだったが、ミイラがない。

「ミイラをテレポさせたんだ!」
「だとしたら、手の打ちようがないわね」
「もし、おれ達が、これをやるとしたら、どうする?」
「原子分解する。それだと絶対に分からないから」
「聖骸布は、トモちゃんが一部を引き裂いたんで、完全な力がないんだ。だとしたら……」
「テレポさせやすいのは、元の場所!」

 三人は、もう一度T町にテレポし、それを……発見した。

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・VARIATION... | トップ | 高校ライトノベル・時かける... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トモコパラドクス」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。