大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・時かける少女・88・スタートラック『恒星ケプラー69C』

2017-06-18 06:12:54 | 時かける少女
時かける少女・88スタートラック 
『恒星ケプラー69C』 
        

 昭和二十年四月、前月の大空襲で肺を痛めた湊子(みなこ)は、密かに心に想う山野中尉が、沖縄特攻で戦死するまでは生きていようと心に決めた。そして瀕死の枕許にやってきた死神をハメた。死と時間の論理をすり替えて、その三時間後に迫った死を免れたのだ。しかし、そのために時空は乱れ湊子の時間軸は崩壊して、時のさまよい人。時かける少女になってしまった……目覚めると、今度は西暦2369年であった。ファルコン・Zでの旅……アルルカンを倒したのは宇宙海賊マクダラであった。


「元の宙域に戻って、恒星ケプラー69Cを目指すんだ」

 マクダラはコスモセイバーを収めると、静かに、そう言った。
「なんで、マクダラが……」
「こないだの恩返し……なんて言ったら気持ちが悪いかい?」
「うん、キショクワルイ」
「ハハ、怪我の療養を兼ねて、クリミア星で古文書を検索していたらね。恒星ケプラー69Cにお宝がありそうな情報にぶちあたってね。ワープを重ねてやってきたら、向こうからコンタクトしてきた。まず、ジョージ・マーク船長のファルコン・Zを寄こせってね」
「そんなのを、まっとうに信じるタマか?」
「シカトして行こうとしたんだけどね、エンジンが動かなくなっちまってさ。ケプラー以外の方向なら動くんだけどね。そこでマゴマゴしていたら、この亜空間にジャンプするように言ってきやがった。どうやら、あんたらがケプラーに行かなきゃ、話にならなくらしい。伝言は以上。アルルカンは……」

 アルルカンの胴と首が消えていた。

「……船長、アルルカンが存在していた痕跡が……」
 コスモエネルギーをチャージしたコスモスが、弱々しい声で言った。
「なにか、とんでもない意志が働いているね……じゃ、マーク船長、あとは頼んだぜ」

 マクダラは、自分の船に戻っていった。

「船長、ファルコン・Zが自分の意志で動いています」
 船はバルスのコントロールを受け付けず、もとの宙域に戻った。
「アルルカンの痕跡も、船の航跡のあともありません。時間は大使船が蒸発した時間の10秒後です」
「あれだけの船が蒸発したんや、熱反応や衝撃波ぐらい残って……へんわ」
「船長、ミナホがなにか呟いている……」

「*:;+@&%$#:***54###`@@&@$$%$##””:**@@**;++|¥$#……」

「解析不能です。船が、言語をリフレインして、なにかインストールし始めました!」
 完全にエネルギーをチャージし終えたコスモスが興奮気味に言った。
「マリア王女、どうやらベータ星には、立ち寄れそうもありまへんなあ」
「この船を動かしている意志に従うほかないようですね」
「信じられません、船長……船が、ワープし始めて……とんでもないエネルギーです!」
「衝撃に備えろ!」

 しかし、衝撃は、やってこなかった。衝撃も無くファルコン・Zは2000光年以上を瞬時にワープした。

 そして目の前には、恒星ケプラー69C第3惑星が青く光って迫ってきた……。


ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・新 VARIA... | トップ | 高校ライトノベル・『はるか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。