大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・セレクト№27『小林イッサの憂鬱』

2017-08-09 18:25:18 | ライトノベルセレクト
ライトノベル・セレクト№27
『小林イッサの憂鬱』
    



「おーい、小林イッサの、む・す・め!」

 仁のバカタレが窓から囃し立てた。
みんなが一瞬窓の仁とわたしを交互に見た。
 クスリと笑う子や、ひそひそささやく子もいたけど、シカトした。
 もうすぐこの学校ともお別れ。事を荒立てることもないだろう。そう思って知らん顔、そう、それに限る。

 正直みなみは、中学校は、この学校で何事もなく卒業できるだろう……ひそかに期待していた。

 みなみは、幼稚園のころから転校ばかりしてきた。お父さんの仕事がら、転勤のたびに転校させられてきた。中学に入ってからは転校もなく、居心地も良いので、この中学校にずっと居たかった。ウザイのは、さっきの仁くらい。自分と同じ名前の主人公がドラマになり、それがヒットしてからは、友だちにも「仁」と呼ばれていい気になっている。
 性格は悪くないのだけど、どうにも子どもっぽい。まあ、中学生というのをどうとらえるかで、仁の評価は分かれるだろうけど、わたしのカテゴリーの中では……ガキだ

 あれは、中一の梅雨ごろだった。

 朝から雲一つない上天気だったので、みなみは傘を持たずに学校へ行った。ところが、昼過ぎから雲行きが怪しくなり、下校するころにはポツリポツリきだした。そして、バス停のところまで来たところで本降りになってきた。家まで三〇〇メートルほど。ずぶ濡れになりそうなので、バス停の小さな庇(ひさし)の下で雨が小降りになるのを待っていた。ワンマンバスが停まるので恐縮だった。
 そこに通りかかったのが、仁。一瞬通り過ぎて傘を押しつけてきた。
「……使えよ」
「いいよ、家すぐそこだから」
「使えって、小林が濡れんのに、中林がさしてるわけにいかないだろ……それに、おれ仁だし」
 そう言って、あいつは行ってしまった。

 それは、それでおしまいだった。

 ところが、その年の夏、大型の台風がまともにこの地方を通り、町は道が寸断され、川は氾濫。町役場から避難勧告が出された。そして、町の多くの人たちが、高台にある中学校に避難してきた。午後になって電気もとまり、県知事は自衛隊に災害出動を要請。
 
 そして、やってきたのが、お父さんの部隊だった。

 中学校の校庭が派遣部隊のベースになった。部隊の大半は、避難地域の警戒に出動していったが、学校に残った隊員の人たちも、避難してきた人たちの面倒をよくみてくれた。中には体調を崩すお年寄りもいて、ヘリコプターで搬送したり、発電機の用意や、食料の配給までやってくれた。堤防の一部が決壊して、みんなが動揺したとき、部隊長のお父さんが体育館にやってきて、みんなを励ました。
「お父さんて、言っちゃだめよ」
 お母さんに言われていたので、まったく他人の顔をするのに苦労した。

 幸い、堤防の決壊は畑をかなりダメにしたけど、流された家もなく、怪我人もなく、この地方では比較的被害は少なくてすんだ。
 そう、それで済むはずだった……あの記事が新聞に載るまでは。
 その年、お父さんはS新聞の「国民の自衛隊員」に選ばれてしまい、町長さんも感謝状を渡すことになった。

 そして、わたしが、その部隊長小林二佐の娘だということが知れてしまった。

 おおむね、みんなの反応は良かった。あの仁はなんとなくおかしくなった。あいつは、あれでみんなに影響力のあるやつで、クラスの何人かの態度がよそよそしくなった。べつにイジメられたり、シカトされることはなかったけど、ちょっと寂しかった。

 でもって、今度お父さんは一階級昇進して転属することになった。

 台風で避難したとき、みんなを励ましたときのおとうさんは弁舌爽やかだった。みんなも勇気づけられ感心してくれた。だけど、お父さんは、取材にきた記者に余計なことを言った。
「名誉なことですが、小林イッサになってしまいました」
 このフレーズがウケて、新聞に、こういう見出しで載ってしまった。

『小林イッサの憂鬱』

 ……で。

「おーい、小林イッサの、む・す・め!」になったわけ。
 幼稚園のころから慣れた「おわかれの挨拶」をした。ただ、今回こまったのは、「ぜひ、全校集会の場で」と校長先生に頼まれたこと。
 で、わたしは全校の生徒や先生の前で挨拶することになった。
「……というわけで、わたしは、また転校することになりました。みなさんありがとうございました!」
 AKBのタカミナさんのように元気に挨拶……ところが、拍手に混じってすすり泣きが始まった。

――まいったなあ……。

 泣き出したのは、仁といっしょにヨソヨソだった女の子たち。
「……うちでは、小林イッサは禁句です。なんというか分かりますか?」
 すすり泣きが止み、みんなの注目が集まった。
「カーネルサンタって言うんです!」
 くすくす、笑い声が湧いてきた。
「カーネルって言うのは、英語で大佐の意味です。自衛隊じゃ一佐って言いますけど。そう、カーネルサンダースって言うのは、カーネル大佐って意味なんです。ま、フライドチキン揚げたり、そんなもんです。で、うちの父は三太って名前なんで、カーネルサンタです。アハハ……じゃ、みなさん、お元気で!」

 わたしは、その足でカバンを持って、校門を出た。
 後ろから、仁が思い詰めた顔で追いかけてきた。
「なあに?」
「…………………………」
「なによ?」
「……メールとかしていいか?」
「う、うん。いいよ」
「よかった、オレ、みなみに嫌われてんじゃないかって……」
「そんなことないよ。ほら、あのときだって傘貸してくれたじゃない」
「じゃ、オレ、メールする」
「じゃ……」
 わたしが、スマホを出しているうちに、あいつは行ってしまった。

 メアドの交換もしてないのに……。


ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・オフステ... | トップ | 高校ライトノベル・ボクの妹... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ライトノベルセレクト」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。