大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・ボクの妹がこんなにニクソイわけがない・4

2017-07-31 05:52:36 | ボクの妹
ボクの妹がこんなにニクソイわけがない・4
『幸子 佳子ちゃんと友だちに』
   



 人は大概の環境の変化にはすぐに慣れる。

 自他共に認める「事なかれ人間」のボクは、三日目には、幸子の可愛さとニクソさに慣れてしまった。
 幸子は、家の外では、多少コマッシャクレた、おしゃべり少女だが、まあ普通……より少し可愛い妹だった。家のなかでは、相変わらずのニクソイまでのぶっきらぼう。

 六日目に、一度だけお母さんに聞いた。ちょうど幸子がお使いに行っている間に。

「幸子……どこか病気ってか、調子悪いの?」
「え……どうして?」
 お母さんは、打ちかけのパソコンの手を休めてたずねてきた。ちなみにお母さんは、在宅で編集の仕事をやっている。
「あ……なんてか、躁鬱ってんじゃないけど、気持ちの起伏が、その……少し激しいような……」
「そう……幸子は、少し病んでるの、ここがね」
 お母さんは、ボクの顔を見ずに、なにか耐えるような顔で、胸をおさえた。
「……あ、そういうこと。思春期にはありがちだよね。そうなんだ」
 それで納得しようと思ったら、お母さんは、あとを続けた。
「夜中に症状がひどくなることが多くてね、夜、時々幸子の部屋にお母さんたちが入っているの知ってるでしょ」
 ボクは、盗み聞きがばれたようにオタオタした。
「いや……それは、そんなにってか……」
「いいのよ、わたしも、お父さんも。太一が気づいてるだろうとは思ってたから……」
 そういうとお母さんは、サイドテーブルの引き出しから薬の袋を取りだした。袋の中にはレキソタンとかレンドルミンとかいうような薬が入っていた。処方箋を見ると、向精神薬であることが分かった。
「あ、ボクが何か気を付けてやること、あるかなあ?」
「そうね……どうしてとか、なんでとか、疑問系の問いかけは、あまりしないでちょうだい」
「う、うん」
「それから、逆に、あの子が、どうしてとか、なんでとか聞いてきたら、面倒だけど答えるように……そんなとこかな」
「うん、分かった」
「それと、このことは、人にはもちろん、幸子にも言わないでね」
「もちろん」
「それから……」
 と、お母さんが言いかけて、玄関が乱暴に開く音がした。

「お母さん、この子怪我してんの!」

 幸子が、泣きじゃくる六歳ぐらいの女の子を背負ってリビングに入ってきた。
「お兄ちゃん、大村さんちの前にレジ袋おきっぱだから、取ってきて。それから、大村さんの玄関に、これ貼っといて」
 女の子をなだめながら、背中でボクに言った。渡されたメモには『妹さん預かっています。佐伯』とあった。メモを貼り、レジ袋をとりに行って戻ってくると、幸子は女の子の足の傷の消毒をしてやっているところだった。
「公園から帰ってきたらお家が閉まっていて、家の人を探そうとして転んだみたい」
「大丈夫よ、優子ちゃん。オネエチャンがちゃんと直してあげるからね、もう泣かないのよ……」
 幸子は、まるでスキャンするように優子ちゃんの傷に手をかざした。
「大丈夫、骨には異常は無いわ。擦り傷だけ……」
「はい、傷薬」
 お母さんは、手伝うこともなく、薬箱の中から必要なものを取りだして、幸子に渡した。幸子は、実に手際よく処置していく。
 インタホンが鳴った。
「すみません、大村です。妹が……」
「あ、佳子ちゃん、じつは……」
 佳子ちゃんを招き入れ、お母さんが手際よく説明、優子ちゃんも姉の佳子ちゃんを見て安心したんだろう。涙は浮かべていたが、泣きやんだ。
「まあ、幸子ちゃんが。どうもありがとう……わたし、用事でコンビニに行ったら、友だちと話し込んでしもて。それで優子、自分でお家に帰ってきちゃったんや。ごめんね」
「用事って、それ?」
 幸子は、佳子ちゃんが手にしている書類に目をやった。
「あ、わたしドンクサイよって、出願書類コピーで練習しよ思て、十枚もコピーしてしもた」
「佳子ちゃん、どこの高校受けるの?」
「あ、それ、友だちと話ししてたとこ。わたし真田山にしよ思て」
 それがやぶ蛇だった。ひとしきりお母さんと優子ちゃんの二人を交えた女子会になり、終わる頃には、幸子は大村姉妹と仲良しになり、ついでに受験先も、我が真田山高校に決まってしまった。

 そして、二日後、なんと幸子は真田山高校に単独で体験入学に来た……。

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・ライトノ... | トップ | 高校ライトノベル・連載戯曲... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ボクの妹」カテゴリの最新記事