大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・オメガとシグマ・27『連休明けとはいえシグマはくたびれすぎている』

2017-03-21 12:28:06 | 小説
高校ライトノベル・オメガシグマ・27
『連休明けとはいえシグマはくたびれすぎている』



 松ネエがオイデオイデをしている。

 宿題を2/3やったところでダレてきたので誘いに乗る。
 座ったままカウンター席の椅子を回すと二歩で四人掛け席に着く。
「あ、そーだ」
 呼んでおきながら、松ネエは席を立って店を出て行く。
 店というのは、かつてうちがやっていたパブの店舗部分。
 内装はそのままなので第二リビングとして家族のだんらんやご近所との社交場に使っている。松ネエが勉強やら書類を書いたりにも使い始めたので、俺も倣って気の乗らない宿題やら読書(っても、ラノベとかマンガ)のスペースとして使い始めた。
 子どものころの秘密基地の感覚なのかもしれない。

 大学生って大変なのな。

 テーブルの上には書きかけの書類が散らばっている。
 従姉だけども個人情報、マジマジと見るわけにはいかないけど、その種類と枚数で大変だと思う。
 奨学金申込書的なのが目に入る。
 松ネエんちは両親揃って学校の先生、一人娘の学費くらい楽勝なのに奨学金の申し込みというのは松ネエの心意気なんだと思う。
「ブスだーー」
 書類の写真を見て不用意な言葉がこちをつく。

「だれがブスだって」

 いつのまにか戻って来た松ネエが怖い顔をする。
「いや、写真の写りがさ、現物はイケてんのに」
「ま、そのフォローに免じて食わせてやる。どーぞ」
 松ネエが出したのは箱入りのフライドチキンだ。
「お、いっただきー」
 さっそくかぶりつく。鳥は苦手なんだけど、フライドチキンは別だ。この調理法を編み出した白スーツに眼鏡のアメリカのオジサンはエライと思うぞ!
「買ってきたんじゃないんだよ、これ」
「え?」
 確かに見慣れたパッケージではない。
「こんど@ホームで出すかもしれない試作品」
 なるほど、俺は試作品のモルモットか。でも、こういうモルモットなら大歓迎だ、感想を言わなければならないんだろうと、真剣に味わう。
「……カレー味……なんだろうけど、インドとはちがう南国的ってかオーガニックな風味」
 オーガニックがなにかよく分かってなかったけど、イメージ通りの感想。
「いい勘してるわよ雄ちゃん」
「あ、そ?」
「ハワイのカイウラニスパイスってのを使ってんの」
「@ホームがハワイアンになるの?」
 俺はビキニみたいなフラダンスのコスを着た松ネエを想像してしまった。
「なんでフラダンスがビキニなのよ!?」
 松ネエはスルドイ。
「いや、なんでハワイアンってことで」
「それがね、シグマちゃんとお祖母さんがね……」
 松ネエが示したスマホには@ホームのメイドさんたちに囲まれた金髪バアチャンとシグマが写っていた」
「二日続いてお越しになってね、メイド喫茶のメニューにこれがいいって、キッチンで試作品を作ってレシピを教えてくださったの。初日は店長が気に入って、二日目にはオーナーが信者になっちゃった」
「宗教団体かよ」
「@ホームのハワイ店を出すことになっちゃった」

 で、俺とノリスケは藤棚の下でシグマの顔に見つめている。

「シグマってクォーターだったのか……」
 言いようによっては角の立つ感想だけど、今日のノリスケは哲学じみているので、なにか高尚なことを言ったように聞こえる。
「もー連休は、全部お祖母ちゃんに持ってかれて大変だったんですから」
 そう言えば元気のないシグマではある。
「でも、すごいお祖母さんだよな。皇居の写真で『なんで!?』って感じて日本に来るのもぶっ飛んでるけど、二日でハワイにメイド喫茶作るの決めちゃうんだもんなあ」
「あたし、今日は帰って寝ます」
 多くを語らずにシグマは席を立った。

 ほんとは他の話があったんだろうけど、祖母ちゃん疲れのせいかノリスケがいるためか、その話題に触れることは無かった。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・トモコパ... | トップ | 高校ライトノベル・ポナの新... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。