大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・トモコパラドクス・69『ミズホクライシス・予兆』

2017-04-20 06:23:56 | トモコパラドクス
トモコパラドクス・69 
『ミズホクライシス・予兆』
       

 三十年前、友子が生む娘が極東戦争を起こすという説が有力になった未来。そこから来た特殊部隊によって、女子高生の友子は一度殺された。しかしこれに反対する勢力により義体として一命を取り留める。しかし、未来世界の内紛や、資材不足により、義体化できたのは三十年先の現代。やむなく友子は弟一郎の娘として社会に適応する「え、お姉ちゃんが、オレの娘!?」そう、友子は十六歳。女高生としてのパラドクスに満ちた生活が再開された! 娘である栞との決着もすみ、久々に女子高生として、マッタリ過ごすはずであったが……そのマッタリ生活に破綻の兆しが……。


 退屈な授業が終わって大あくびすると、隣の麻衣の視線を感じた。

「ハハ、今の大あくび、ノドチンコまで見えちゃった!」
「なによ、麻衣の視線感じたから……」
 アクビと一緒に出た涙を手の甲で拭っている間も、麻衣は笑っている。
「大あくびの顔のまま、人の顔見ない方がいいよ。なけなしの可愛さが台無しよ」
「いつになく絡むわね、このコーラ女」
「ちょっと目ぇ覚まししに行かない?」
 友子の返事も待たずに、麻衣は、教室を出て行った。

「まだ、三時間目の前だよ。コーラ飲むか普通?」
「友子も飲みなよ、目が覚めるから」
 自販機のボタンを、拳で叩いたら、二個出てきた。
「あ、ラッキー! ほれ」
 麻衣はコーラを、友子に投げて寄こした。
「よそで飲もう、人の目に付くから」
 そう言って、校舎の階段に向かった。入れ違いに自販機の前を、生指の池波が通るのを感じた。乃木坂学院は、休み時間も自販機は動いているが、生指は、あまりいい顔はしない。特に、昼休みでもないのに教室に飲み物を持ち込むのは御法度である。

「あれ……」
「ドンマイ、ドンマイ」
 いつもなら施錠されている屋上へのドアの鍵が開いていた。さすがに友子は警戒し始めた。しかし、屋上をスキップしながら給水塔の方へ行く麻衣は、まったくの麻衣で、脳天気さに変わりはなかった。

「プハー……ゲフ!」

 いつも通り、顔に似合わない大きなゲップをする麻衣に、友子は苦笑い……で、気が付いた。ゲップの中に義体にしか分からない、暗号が含まれていたのである。

――お母さん、またヤツラが動き出した。気を付けて――

「瑞穂……」
「ゲフ――学校にスパイがいる――」
 友子も、コーラをあおった。
「ゲフ――麻衣はどうしちゃったのよ?――」
「ゲフ――五十分だけ、トイレで眠ってもらった。次の時間には帰すわ――」
「ゲフ――情報をちょうだい――」
 麻衣に化けた瑞穂は、残りのコ-ラを一気飲みした。
「プハー……ゲフ、ゲフ!――圧縮して送った――」
「ありがとう、コーラも、たまにはおいしいわね」

「だめでしょ、女の子が下品にゲップばかりして。屋上の使用も禁止のはずよ」

 見知らぬ女生徒が立っていた。瞬時に友子は、全生徒の資料を検索したが、こんな女生徒はいない。でも、義体特有のオーラもノイズも感じなかった。全身をスキャンしても、生身の人間である。虫歯の治療痕、二日目の便秘さえも読み取れた。
「気を付けて、こいつは新型の義体。あたしも、そうだけど……」
 そう言ったとき、瑞穂はもう、自分本来の顔に戻っていた。横顔が自分に似ている。そう思ったとき、破壊の兆しを感じて、跳躍して給水塔の上に瑞穂と共にへばりついた。校舎内や、グランドから見られないためである。
「ここじゃ戦えない。ワープ……!」
 ワープした瞬間、なにかに弾かれて、屋上に叩き戻された。
「この空間は閉じてあるの、ワープはできないわよ」
 また、破壊の兆し。
 友子は母子で跳躍し、屋上のコンクリートにジャンプの姿勢のまま降り立った。
「おかしい、今の衝撃なら、給水塔は破壊されているはず!」
「新型のパルス砲、義体にだけ効果があるの」
「分子変換は……」

「効かないわよ、ちゃんとバリアーを張ってある」
 女生徒の義体がニクソク言う。

 三十秒ほど屋上で、友子と瑞穂は逃げ回った。パターンを読まれないように、乱数ムーブにしたが、それでも読まれたようだ、二発ほどパルスがかすめていき、制服はズタボロ、髪はチリチリになってしまった。瑞穂も派手に動き、パルス砲を放ったが、バリアーに阻まれて、まるで効果がない。
――お母さん、この乱数を使って!――
 瑞穂から送られた乱数で跳躍したが、やはり読まれている。三発目がかすめていき、ブラのストラップを吹き飛ばした。
――瑞穂、あなたの乱数も読んじゃった。あたしは第五世代の義体だからね――

 ドーン……!

 いきなり、女生徒の義体が、血しぶきと肉片、特殊金属のパーツをまき散らして爆発した。同時に、学校近くの空で、カラスが落ちていくのが分かった。

「危ないとこだったね」

 左腕の肘から先が無くなった紀香が、屋上に跳躍してきた。
「今の、紀香が?」
「うん……」
「左手の先をミサイル代わりにしたんですね……でも、どうやって?」
「あたしはカラスを狙ったのさ。カラスとこいつが同軸で重なったところで、発射。こいつにはロックオンできないからね」
「ちょっと危ない秋になりそうね」
「感想言ってる前に、そのナリなんとかしなよ。もう千切れ掛けのパンツ一枚だぜ」
「紀香の片腕もね」
「それと、この義体の始末もね」
「こいつ臭いね」
「八割、人間と同じ生体組織だから」

 友子は、義体の残骸を分子分解し、そこから制服と、紀香の左手を、間に合わせに合成した。
「この左手、動かないよ」
「とりあえずのダミー。組成が違うんで、完全に同じものはね。昼休みにでも、診てあげる」
「たのむよ。これじゃ、ご飯もたべられやしない」

 学校の前の道路でノビていたカラスは、やっと脳震とうが治って「アホー」と一声鳴いて飛んでいった。

 危険な秋を感じさせる風が三人の頬を撫でていった……。
 

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル🍑MOMOTO🍑デ... | トップ | 高校ライトノベル・時かける... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。