大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・『はるか 真田山学院高校演劇部物語・69』

2017-07-27 06:43:05 | はるか 真田山学院高校演劇部物語
はるか 真田山学院高校演劇部物語・69

出版された『はるか ワケあり転校生の7カ月』の原話ノーカット版。いかにはるかは生まれ変化していったか!?


アハハと笑いながら読み、高校演劇の基礎とマネジメントが分かる高演ラノベ! 

『第七章 ヘビーローテーション 7』

 稽古が再開された。

 わたしは三十分早く来て、通用門の前で大橋先生を待った。

 
「先生、これ受け取ってください」
 コンニャク顔で、のらくらやってきた先生をつかまえて、ピンク色の封筒(この色のしかなかったんで)を突き出した。
「ラブレターか?」
「もう、入部届です! 東京で言ったでしょ、大阪に帰ったら出しますって」
「うーん、また今度にしょ」
「わたし、もう荒川の土手でケリをつけたんです。それまでは、東京に帰ることが頭の片隅にあって、踏み切れなかったけど、今度のことで、ふっきれたんです。正式に演劇部員になります」
「その気持ちは嬉しいねんけどな、はるかにはもうちょっといろんなこと経験してもろてからにしたいんや」
「なんですか、それって?」
「演劇の三要素……」
「観客、戯曲、役者、ですよね」
「まあ、先回りせんと、話聞けよ」
「わたしじゃ、まだ力不足だって言うんですか!」
 顔が火照ってきたのは、日差しを増してきたお日さまのせいばかりではなかった。
「その顔や。聞いたこと、見たことが、すぐに増幅して反射されて顔に出る。磨きすぎの鏡みたいや」
 わたしは、いそいでホンワカ顔になる。
「そない言うたら、すぐに、そのホンワカや」

――どうしろってのよ!?――

「実際、演劇部やってると、この三要素だけでは間に合わんことがけっこうあるんや」
「具体的に、言ってください」
「東京で、経験したとこやろ。人生は思たようには転がっていかへん。自分自身の心も含めてな。芝居にも同じことがある。」
 汗がこめかみを伝った……。
「はるかの鏡は、よう光る。オレの予想以上や。役者としてもそれは、ものごっつい役に立つ」
「それって……」
「ええ役者になると思てる。そのためには、もうちょっとの間、演劇部とは微妙な距離残しておいたほうがええと思うんや。鏡は、時には曇ったほうがええ。光りすぎる鏡は割れやすいで」
「先生の話って……」
「ん?」
「なんでもないです」
 コンニャクだと言おうと思った。でも、この五ヶ月あまりで、かみしめたら、後で「そうなんだ」ってことも何度かあった。とりあえず頭にセーブしておくことにした。
「稽古いきましょうか」
 
 出てきたホンワカは、意外に素直ではあった。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・小悪魔マ... | トップ | 高校ライトノベル・ライトノ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

はるか 真田山学院高校演劇部物語」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。