大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・オメガとシグマ・79『イテ!』

2017-05-16 14:06:22 | 小説

高校ライトノベル・オメガとシグマ・79
松ネエのターム『イテ!』




 ミリーさんからメールが来た。

 ほら、ミコちゃん……じゃわからないか、シグマちゃんのお祖母さま。
 春先に@ホームに来られてメイドカフェを気に入っていただいた。そして、ハワイ@ホームを作っちゃって、わたしたちアキバ@ホームのメイドがインストラクターで呼んでくださった。

――おかげさまで、ハワイ@ホームは順調です。月末にでも、みなさんいっしょに来ませんか? ワイキキの浜辺も待ってますよ!――

 ハワイ@ホームのメイドさんたちの写真が添付されていて、一気に懐かしさがこみ上げてきた。
――みんなと相談して、ぜひ伺います!――
 返事を打ってルンルン気分。
 ルンルン気分になると、自然と笑いがこみ上げてくるのは、青春真っ盛りの証拠です!

 ウフ フフ フフ アハハハ……イテ!

 激しく笑うと傷が痛む。今日のわたしは、退院後最初の通院の途中なのです。
 思わずわき腹を押える。ショーウィンドに写る姿が自分でも可哀そうなんだけど、ひどく三枚目じみて見えるのは、わたしの本性だからなのかもしれない。実際、ウィンド向こうの店員さんが笑いをこらえて俯いている。

 十時の予約だったのに、診察室に入れたのは十一時だ。

 お待たせして申し訳ありません。他の業種だったら、ぜったいお詫びの言葉から始まる。
 病院は、こういう場合でも涼しい顔で「84番の方どうぞ~」になる。
「失礼します」
「え~と……あら、ずいぶん早く退院したのね」
 挨拶に返事も返さずに、この言葉。わたしは絶句しそうになったけど、きっちり言いました。
「先生が退院しろっておっしゃったんです」
 にこやかにしているけど、目が三角になりかける。
「あ、そうだ、わたし次の日から休暇だったんだ」
 なんだって!? 休暇に入るから在庫一掃したってか!
「あれから熱が出て、別のお医者様に診ていただいて、そしたら一週間安静の診断でした」
「そうですか、で、今は?」
「笑うと痛いです」
「でしょうね、笑うとか怒るとか、感情的になるのは、即痛みになります」
 言いたいのをぐっとこらえた。
 で、けっきょく五分足らずの問診だけで終わってしまい、診察を出ようとして、なにかを引っかけた。

 ブチ! 

 音がしたかと思うと、女医さんの悲鳴が続いた。

 キャッ、データが!!!!!

 確認も同情もしないで診察室を出たことは言うまでもありません。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・新希望ヶ... | トップ | 高校ライトノベル・VARIATION... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。