大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・新希望ヶ丘青春高等学校物語・5『鳥居をくぐって』

2017-04-06 06:57:52 | 青春高校
新希望ヶ丘青春高等学校物語・5
『鳥居をくぐって』
    

 鳥居をくぐり、境内に足を踏み入れると別世界であった。

 伊邪那美神社は、この地の産土神(うぶすながみ)である。
 旧集落そのものが、古い摂津の村の佇まいを残しているが、こんもりとした森の中の神域に入ってみて、乙女先生は息を呑んだ。一の鳥居をくぐって石畳の道が「く」の字に曲がって、五メーターほどの石段を登って、二の鳥居。それをくぐったところから見える境内は、一面の玉砂利で、ちょっとした野球場ほどもあった。
 正面彼方に拝殿、手前上手に御手洗所(みたらしどころ) そこで口をすすぎ、手を清めて振り向くと、拝殿の前で二人の若い巫女さんが境内を掃いていた。

「あのう……ご祈祷をお願いしたいんですけど」
 少しだけ背の高い方の巫女さんに声をかけた。
「そこの社務所の窓口の鈴を……鳴らしておくれやす」
 京都弁に近い摂津言葉で巫女さんが答えた。岸和田の神社に慣れた乙女先生は、少しドギマギした。

「ほう、それはご奇特なことですなあ」
 神主は、拝殿の板の間で驚いたように言った。
「青春高校の前のS高校のころから、先生が来はったことなんか初めてですわ。お若いのに、よう気いまわらはりましたなあ」
「岸城神社には、しょっちゅう行ってましたから」
「ほう、岸和田の……」
「はい、だんじりの引き回しが生き甲斐です。それと、わたしそんな若いことありませんよって」
 正直に答えた年齢に、神主は目を丸くした。
「わたしより、四つ若いだけですか……いや、それにしても……ご立派なことです」
 神主は「ご立派」に敬意といろんな意味の興味をこめてため息混じりに言った。その素直な反応に、乙女先生は思わず笑ってしまった。 いい神主さんだと思った。
「そこいくと、うちのカミサンは……」
 神主は、廊下続きの社務所に目をやった。吉本のベテラン女優によく似た奥さんが、横顔でパソコンと睨めっこしていた。
「あ、えと、ご祈祷は、なんでしたかいなあ?」
「青春高校の生徒の学業成就と、すこやかな成長を……」
「は、はあ、そうでしたな。ほんならさっそく」
 神主はCDのスイッチを入れ、大幣(おおぬさ=お祓いに使うハタキみたいなの)を構えた。
「すんませんなあ、貧乏神社やさかいに、巫女もおりませんのでなあ。若い頃はカミサンが巫女もやりよったんですがな。まあ、こんなとこで堪忍してください」
「は、はあ」
「オホン」
 神主は居住まいを正した。
「かけまくも、かしこき伊邪那美の尊に、かしこみかしこみ申さく……」
 祝詞は五分ほどで終わり、玉串料をご神前に供えると、神主は笑顔で振り返った。
「ほな、お茶でも持ってきますさかいに、お楽になさってください」
「あの……」
「は?」
「この神社には、巫女さんがいらっしゃらない?」
「ええ、さっきも申し上げましたが、カミサンの巫女姿は氏子さんからも不評。本人も、今はネットで、御札やらお守り売るのに一生懸命。いや、シャレで始めたんですけど、このネット通販がバカにならん稼ぎになりましてな。いやはや……あ、正月なんかは、アルバイトの子に巫女さんやらせてますけどな。どないです、先生も正月にバイトで……」
 社務所のほうで、奥さんの咳払いがした。神主はいそいでお茶を入れにいった。
 ご神前に目を向けると、そこにいた……。

 アルカイックスマイルで座って、さっき境内を掃いていた二人の若い巫女さんが……。

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・時かける... | トップ | 高校ライトノベル・オメガと... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

青春高校」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。