大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・学校時代・05 昔は自習監督なんか無かった

2017-04-25 20:09:09 | エッセー
学校時代 05 昔は自習監督なんか無かった


 教師時代、しんどい仕事の一つが自習監督だった。

 教師も人の子なので、病気もするし、よんどころない用事もある。
 で、そういう時は受け持ちの授業は自習になる。
 これは昔も今も変わらない。

 ただ、昔の生徒は「大人扱い」されていたので、自習監督の先生が自習課題などという野暮なものを持ってきて監視するというようなことはなかった。
「6時間目と4時間目自習なんで、調整してきます」
 てなことを言って、世話女房タイプの副委員長が職員室に掛け合いに行き、授業のコマを弄り、5・6時限の自習にしてクラス全員午前中でおしまいにするというようなこともやっていた。
 むろん普通に自習になっても、自習監督の先生が来ることは無かった。

 無茶をやる生徒も居たが、たいていは教室か図書室で本当に自習していた。自習時間中の早弁はおろか食堂で早めの昼食もOKだ。OKどころか、昼休みの食堂の込みようは尋常ではないので、合理的なことだと思っていた。
 先生も生徒もハメをはずすことはめったにないので、こういうことができていた。

 もちろん、当時も後の時代で言うところの困難校はあったわけで、そういう学校の苦しさは後の時代と変わらない。用事で女子高に行った時、一年生の教室の前に『上級生は無断で一年生の教室に入ってはいけない 学校長』という張り紙があった。

 たまに酔狂で自習監督に来る先生が居た。

 大方は生徒が好きな先生で、来ると一時間いろんな話をしていく。学校の裏話であったり、先生の自分史であったり、恋愛論であったり。あの頃の先生は大正生まれが中心で、年配の先生は明治生まれであった。大陸や半島からの引揚者も多く、話の中身も分厚く豊かだ。
 けして巧みな話術ではないが、実際に体験した人の話は面白かった。
 戦争で乗っていた船が撃沈され丸二日海に投げ出された人、疎開先でいじめにあった話、女郎屋でモテたことを話し半分に聞いたこと、モテたことはともかく、その中で話された学生やお女郎さんの生活、関東大震災の体験談、幼児の頃に見た「生きた姿の徳川慶喜」などというものもあった。

 当時の高校生は、そういう話をきちんと聞くという習慣が身についていたし、下手な話でも頭の中でイメージする力が(今よりは)あったような気がする。
 あの時代、まだ知性や経験で人を圧倒することができたし、そういう大人の知性や経験を、とりあえず尊重するという空気があったように思う。
 あの時代、教師が、もう少しきちんと生徒に向いていたら、学園紛争や校内暴力による荒廃も、少しはちがったものになっていたような気がする。1時間目と6時間目の授業を忌避していたようではどうにもならない、後の学校の荒廃は自明の理であったと言える。

 
 教師時代の自習監督は、大げさに言えば命がけだった。

 自習課題をやる生徒は半分もおらず、居ても10分ほどで適当に片づけてしまい、教室は無政府状態だ。
「セン(先生という意味)、トイレ」「あ、おれも」「あたしも」
 一人にトイレを許可すると、クラスのほとんどが居なくなることもある。居なくなった生徒は学校の内外で悪さをするので、身体を張って教室を死守する。対教師暴力の多くが自習監督時間内に起こっていたことでも困難さが分かる。
 教務では自習監督表というものをつけていて、自分が出した自習と、いった自習監督数のバランスを取り不公平が出ないようにしていた。新任三か月で入院を余儀なくされたわたしは体調不良や通院で自習を出すことが多く、自習監督表を見るのがとても苦痛だった。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・オメガと... | トップ | 高校ライトノベル・VARIATION... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

エッセー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。