大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・『はるか 真田山学院高校演劇部物語・02』

2017-05-20 10:04:48 | はるか 真田山学院高校演劇部物語
はるか 真田山学院高校演劇部物語・02

 出版された『はるか ワケあり転校生の7カ月』の原話ノーカット版。いかにはるかは生まれ変化していったか!?

アハハと笑いながら読み、高校演劇の基礎とマネジメントが分かる高演ラノベ! 


『第一章 ホンワカはるかの再出発・2』


 由香は竹内先生顔負けの手際の良さ。

 教室、おトイレ、保健室、食堂、通用門への近道などを教えてくれて、中庭で二人してベンチに腰掛けた。

「こんなもんかなぁ、いっぺんに全部は覚えられへんやろから。あたしなんかドンクサイよって、入学したとき覚えんのにゴールデンウィークまでかかってしもた」
「そうなんだ。わたしも方向オンチだから、これくらいの案内でちょうどよかった……由香さんだったわね?」
「うん、鈴木由香。由香でええよ。あんた、坂東さんやったわね、坂東はるか?」
「え、ああ……うん。坂に東の坂東。はるかはひらがな……」
 わたしは「あんた」の二人称に、少し引いてしまった。
「あ、あたし、なにか……」
 由香は方向オンチはともかく、人の微妙な気持ちの揺れなんかには鋭そう。
 こういう場合は直球がいい。
「あの……大阪の二人称って、あんた……なの?」
「二人称。あ、相手の呼び方?」
「うん」
「そやね、自分とか……たまに、おまえとかやね」
「あたし、こういうシチュエーションであんたって、呼ばれたことあんましないから……」
「あ、東京の子ぉには、ちょっときつう聞こえんねんね。まえ、テレビで言うてた。ほんなら、なんて呼んだらええんやろ?」
「はるかでいいわよ。東京じゃ友だちにはそうよばれてたから」
「え、かめへんの? もうあたしら友だち!?」
「う、うん。そちらさえよければ」
「わあ、感激! まえから東京の子ぉと友だちになりたかってん、あたし……あ、単に、東京の子ぉやいうだけやないよ。あんた……はるかとは、なんか気ぃ合いそうな感じがしたから」
「ありがとう、わたしも!」
「ハハハ……」
 二人の笑い声は中庭に大きく響いた。
「で、由香。竹内先生になにか用があってきたんじゃない? だったら、そっちの用事……」
「ヘヘ、クラスに転校生の子ぉが来てるゆうんで、用事ありげな顔してただけ。竹内先生には、バレバレやったみたいやけど」
「聞き耳ずきんなんだ、由香って!」
「へへ、デコメで言うたら(^#0#^)な感じ」


 それから、わたしと由香は、東西文化の違いについて、あれこれ話の花を咲かせた。
 大阪は、マックのことをマクドというのは知ってたけど、生で聞くとやっぱ、違いを肌で感じる。エスカレーターの左側を空けておくことや、駅で整列乗車をしないこと。「そうなんだ」という合いの手が、大阪の子には、ちょっと冷たく感じることなど(大阪では「ほんま!?」「そうなんや!?」てな感じで、距離感が近い)を話した。
 そして、これは東西共通。おきまりのメアド交換をした。
そんな、セミロングとポニーテールの異文化交流を、中庭のど真ん中の大きな蘇鉄の上でマサカドクンがユラユラと、心なし笑って見ていた。
 でも、これは、由香にも、これ読んでるあなたにも理解不能なので、ひとまずシカトすることにします。

 二人で食堂に行こうという、健康な高校二年の女子としては、当然の結論に達して立ち上がり、中庭の角まで行って気が付いた。
 蘇鉄の陰に隠れた、身の丈ほどもある巨大なゲンコツに。
「なに、あのゲンコツ?」
「ああ、あれグー像」
「偶像?」
「ううん、ジャンケンホイのグー。ほんまは『初志貫徹の像』とかいうんやけど、どない見てもグーやさかいにグー像。ちなみにそのむこうの入り口の中、生活指導やさかい、要注意」
「へー……」
 数ヶ月後、わたしは、そのグー像の前でとんでもない事件をやらかしてしまうのだが、その時はトーゼン知るよしもなかった、あのマサカドクンを除いては……。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・新希望ヶ... | トップ | 高校ライトノベル・オメガと... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。