大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・乃木坂学院高校演劇部物語・39『第八章・3』

2016-10-25 06:53:04 | 小説7
まどか 乃木坂学院高校演劇部物語・39   

 これは前出の『まどか 乃木坂学院演劇部物語』の初稿です。紛失していたもが出てきましたので再掲載しました。

『はるか ワケあり転校生の7ヵ月』姉妹版


 この話に出てくる個人、法人、団体名は全てフィクションです。


『第八章 風雲急を告げる視聴覚教室!・3』


 ガタガタガタ……気の早い木枯らしが、立て付けの悪い窓を揺すった

 二三人が、そちらに目をやったが、すぐに机の上のSDメモリーカードを見つめる視線の中に戻った。
「再生してみますか……」
 加藤先輩が小型の再生機を出した……ほんとは気の利いたカタカナの名前がついてんだけど、こういうのは携帯とパソコンの一部の機能しか分からないわたしには、そう表現するしかありません。
「マリ先生が、再生するなって……」
「じゃ、マリ先生……」
 わたしは持って行き場のない怒りに拳を握って立ち上がった。
「そう……じゃ、マリ先生は、全てを知った上で辞めていかれたのね」
 柚木先生が腰を下ろした。木枯らしはまだ窓を揺すっていたが、もう振り返る者はいなかった。

「あとは山埼、おまえががやれ」
 峰岸先輩は山埼先輩にふった。
「……今日は結論を出そうと思う」
 山埼先輩が立ちながら言った。

――結論……なんの結論?

「部員も、この一週間で半分以上減った。このままでは演劇部は自滅してしまう。倉庫も、機材ごと丸焼けになってしまった。今さらながら乃木坂学院高校演劇部の名前の重さとマリ先生の力を思い知った」

――思い知って、だからどうだと言うんですか……。

「忍びがたいことだが、まだオレたちが乃木坂学院高校演劇部である今のうちに、我々の手で演劇部に幕を降ろしたい」
 みんなウツムイテしまった……。

「……いやです。こんなところで、こんなカタチで演劇部止めるなんて」
「気持ちは分かるけどよ、もうマリ先生もいない、倉庫も機材もない、人だって、こんなに減っちまって、どうやって今までの乃木坂の芝居が続けられるんだよ!」
「でも、いや……絶対にいや」
「まどか……」
「わたしたちの夢って……演劇部ってこんなヤワなもんだったんですか」
「あのな、まどか……」
「わたし、インフルエンザで一週間学校休みました。そしたら、たった一週間でこんなになっちゃって……駅前のちょっと行ったところが更地になっていました。いつもパン買ってるお店のすぐ近く。もう半年以上もあの道通っていたのに、なにがあったのか思い出せないんです」
 なにを言い出すんだ、わたしってば……。
「ああ、あそこ?」
「なんだったけ?」
「そんなのあった?」
 などの声が続いた。外はあいかわらずの木枯らし。
「今朝、グラウンドに立ってみました。倉庫のあったとこが、あっさり更地になっちゃって。他の生徒の人たちはもう慣れっこ。体育の時間、ボールが転がっていっても平気でボールを取りにいきます。あたりまえっちゃ、あたりまえなんですけど。わたしには、わたしたちには永遠の思い出の場所です」
「なにが言いたいんだ、まどか」
「今、ここで演劇部止めちゃったら……青春のこの時期、この時が、駅前のちょっと行ったところの更地みたく、何があったか分からない心の更地になっちゃうような気がするんです。たとえ燃え尽きてもいい。今のこの時期を、この時間を、あの更地のようにはしたくないんです……」
「まどか……」
 里沙と夏鈴が心細げに引き留めるように言った。
「それは感傷だな……」
 峰岸先輩が呟いた。

 わたしの中で、なにかがタギリはじめた……。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・タキさん... | トップ | 高校ライトノベル・あすかの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。