大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・VARIATIONS*さくら*69(さくら編)『どっちが変わった?』

2017-04-22 06:24:14 | 小説4
VARIATIONS*さくら*69(さくら編)
『どっちが変わった?』



 ポニーテールのゴールデンポイントって知ってます?

 アゴと耳を結んだ延長線上の頭の頂点に結び目をもってくると一番カッコいい。これをゴールデンポイントといいます。
 あたしはバラが咲く頃から、このゴールデンポイントのポニーテール。中学一年のときにお姉ちゃんにおしえてもらってから、ずっと夏はポニーテール。他の季節でも気分転換したいときなんかには、これにする。このお話の第一回もそうだったんじゃないかな? で自分のブログを調べる。どうも第一回は書いていない。でも記憶にはある。
 あの四ノ宮クンがガードマンのバイトで道に立ってて、彼の誘導灯がスカートにひっかかり、その一瞬を後ろ歩いてたオッサンにシャメられ動画サイトに投稿されて大恥。そのあくる日ぐらいは、ポニーテールにした記憶がある。ようはあたしのトレードマーク。

 撮影の時は由香ってポニーテールの役だったので、あたし個人のイメージと被るんで、ちょっとサイドポニーテールにし、前髪も変えた。

 で、今日からは佐倉さくらという普通の女子高生に戻って登校。むろんいつものポニーテール。

 東京は、街で芸能人に会っても、プライベートだと分かると、快くシカトしてくれる。大阪でロケやってたころは「やあ、あんたサクラ×2やんか!」などと気安い。よくアメチャンをもらったり、シャメの二人撮りなんかやらされた。
 その点、渋谷は気楽だった。もちろん、あたしが坂東はるかさんみたく一流でないことや、朝の忙しさは、それどころではないということもあるけど。

 やっぱ、東京はいいと思った……のは、学校の校門を潜るまでだった!

 学校に着いた途端、視線をあちこちから感じた。むろん帝都女学院なので、大阪のオバチャンのようなことはなかったが、自分の視界から外れたところから視線を感じるのは、気持ちのいいものではない。
「さくら、撮影のときのままなの?」
 席に着くとマクサが横にきて言った。
「なにが、いつものあたしだよ」
「でも、撮影のときのままだって、ポニーテールとかさ」
「なによ、これはあたしのスタイル。役の時は、サイドだわよさ!」
「だったっけ?」
「そうだよ。さくらは暑い季節や気分転換のときは、いつもこれやん」
 恵里奈がフォローしてくれた。さすがはバレーのセッター、記憶がいい。
 担任の北川先生は微妙によそよそしかった。覚悟はしていた。北川先生は、元アイドル志望で、学生のころには事務所に所属していて、ほとんどプロになりかけていた。それも、ごく数年前のことで、当時同じ事務所にいる人とは、今回の撮影でもいっしょだった。いささかおもしろくないだろうことは、北川先生には覚悟していた。

「さくらって、チョッチいい気になってるよね。役と同じポニーテールで学校来る、普通!」
「女優たって、ほんの二三本出ただけなのにね。まあ、舞い上がってる子は仕方ないよ」
「それにさ……」
 そのあとは水を流す音で聞こえなかった。
 個室を出た時には、声の主はいなかったが、クラスで口もきいたことがない子だということは分かった。
「どないしたん、さくら?」
 トイレに入ってきた恵里奈が心配げに顔を覗きこんできた。恵里奈は大阪の子なんで、このへんの距離の取り方は大阪だ。大阪のオバチャンたちが懐かしくなってきた。
「なんでもないよ。手洗ってたら水しぶきが目に入っちゃって」
「そうか、ほんなら、うちは失礼して……」
 個室に消えた。恵里奈は大阪人のせいなのか、本人の性格なのか、まわりを気にせずトイレで無駄な水は流さない。水道ではない元気な水音をさせたあと、可愛く「PU」という音がした。
「あ、今の音は聞かんかったいうことで!」
 個室からの声に思わず吹き出した。恵里奈なりのいたわりだろうと思った。

 昼休み、ショックなことを聞いた。

 あたしを、この世界に引きずり込んだ張本人の原鈴奈が退学した。
「ダスゲマイネ……」
 久々の口癖が口をついた……。

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・学校時代... | トップ | 高校ライトノベル🍑MOMOTO🍑デ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。