大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・小悪魔マユの魔法日記・14『知井子の悩み・4』

2017-07-14 06:23:01 | 小説3
小悪魔マユの魔法日記・14
『知井子の悩み・4』



「マユ、あったわ!」

 知井子が群衆の中から、這うようにして薬の小瓶を探して持ってきた。
「あ、ありがとう」
 おきて破りの蘇生魔法を、あじいさんに施していたマユは、戒めのカチューシャに頭を締め上げられ、気絶寸前だった。
「おじいさん、このスポーツドリンクで……」
 しかし、発作が3分近く続いているおじいさんは、自分で薬を飲む力もない。
「それ、寄こして!」
 マユは、知井子からスポーツドリンクを取り上げ、口に錠剤を含み、口移しでスポーツドリンクごと飲ませた。

 おじいさんは、しばらくすると、息も整い、元気になった。
「だいじょうぶですか、なんなら救急車よびますけど」
 今頃になって、駅員さんがやってきた。
「それには及ばん、この子達のお陰で助かった」
「でも……」
「いいと言ったら、いい!」
 おじいさんが睨みつけると、駅員さんはスゴスゴと行ってしまった。
「すまんな、こんなジジイに、口移しで飲ませてくれたんだね、キミもせっかくの洋服を汚させてしまったなあ」
「あ、いいんです……こ、これ、オバアチャンのお古ですから」
「お古に、タグが付いているのかなあ」
 知井子のゴスロリにタグが付いたままだということに、マユは初めて気が付いた。

「じゃ、わたしたち、ここで……」

 マユと知井子は、息子さんが勤めているというビルの前まで、やってきていた。おじいさんもピンシャンしているので、もういいだろうと思ったのだ。
「それじゃわたしの気が済まん。息子にも君たちに礼を言わせたい」
 というわけで、マユと知井子は、そのビルの三階まで付いていくことになった。

 エレベーターのドアが開いて、二人は驚いた。
 目の前が、HIKARIプロの受付になっていた。
 HIKARIプロと言えば、東京、大阪、名古屋などにアイドルユニットを持って、急成長のプロダクションだった。
「黒羽を呼んでくださらんか」
 タバコでも買うような気楽さで、受付のおねえさんに言った。
「黒羽と申しますと……」
「チーフプロデューサーとかをやっとる黒羽だ」
「あの、失礼ですが。アポは……」
「わしは、黒羽の父親だ!」

 黒羽英二……マユも知井子も驚いた。黒羽英二と言えば、HIKARIプロの大黒柱、今売り出し中のアイドルユニット生みの親。そして、マユには分かった。さっきまで、地下鉄の入り口で人待ち顔で立っていた、プロデユーサーであることに……。

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・連載戯曲... | トップ | 高校ライトノベル・『はるか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

小説3」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。