大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・タキさんの押しつけ映画評・49『ラストスタンド』『聖☆おにいさん』

2016-10-01 06:05:41 | 映画評
タキさんの押しつけ映画評・49
『ラストスタンド』


この春(2016年4月)に逝ってしまった滝川浩一君を偲びつつ

これは悪友の映画評論家・滝川浩一が個人的に流している映画評ですが、もったいないので転載したものです


『ラストスタンド』

 うん、そんなに酷くはなかったですね。

 なんせアメリカでBOX OFFICE 1週間で圏外、しかも全米で1000万稼いだかすら怪しい。転けた……どころやない作品、覚悟して見に行ったらまぁ 見られる映画でした。アメリカじゃ 州知事末期の人気の落ち目が映画にも響いたって事でしょうかねぇ……まぁある意味中途半端ではありました。製作費がかかっているやら安上がりなんやらようわからん作りだし、悪党がシュワちゃん相手には小振り過ぎるし、思うにB級扱いされない体裁だけは整えて 本格復帰前のトレーニングって所でしょう。公開まだ未定ですけどターミネーター新作に登場は決定していますし、元々 スタローンみたいに自ら企画を建てる人じゃないんで、誰かに使ってもらわなきゃ出番が無い。シュワちゃんが演技出来ない事をよおく理解した上で持ち味を生かせる作品が必要、過去デビュー以来40本弱 内主演32本でヒット作品8本…当たり確率25%ってのは やっぱり大物…なんでしょうねぇ〓




『聖☆おにいさん』

アハハハ〓〓〓 ここまで予想通りだと笑っちまいます。

 確かに'09この漫画大賞なんですけど……未だに連載中とは言え、もう4年前 「旬は過ぎてる感」満タン。しかも、ストーリー構成に難有りすぎ。(泣き)

 ご存知無い向きに解説いたしますと……無事 世紀末を越えたブッダとイエスが長期休暇で東京立川にやって来ている ってな 真面目な信者ならブチ切れそうな内容の漫画です。結構コアな宗教ネタと現世東京下町人情が 繋がらなさそうながら変に絡まるのと、たまにやってくる弟子や天使とのトンチンカンギャグがそこはかとなく可笑しい漫画なんですが…そらまぁ見事にコアってかディープな部分は全部削ってあります。 極 上っ面で一般に知られていると思われるブッダとイエスの話のみで繋いであります。
 原作そのものが若干賞味期間切れな所にもって、テレビシリーズも無いのにいきなり劇場映画ってのは、いくらなんでも無理ですわ。その上、脚本も監督も本作の可笑しさを勘違いしているから……たった一言「無惨」であります。
 ご存知無い方へ、これを見るお金があるなら、原作漫画を3冊買って クスクス笑いながらお読み下さいませ。映画は金と時間の無駄遣いです。チャンチャン〓
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・あたしの... | トップ | 高校ライトノベル・『メタモ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。