大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・『はるか 真田山学院高校演劇部物語・43』

2017-07-01 05:58:06 | はるか 真田山学院高校演劇部物語
はるか 真田山学院高校演劇部物語・43

出版された『はるか ワケあり転校生の7カ月』の原話ノーカット版。いかにはるかは生まれ変化していったか!?


アハハと笑いながら読み、高校演劇の基礎とマネジメントが分かる高演ラノベ! 

『第五章 ピノキオホールまで・4』


 グラウンドは、無対象のトスバレー以来だ。懐かしい。で、暑い……!

「なにするんですか?」
 早くも汗をにじませて、タロくん先輩が言った。
「実況中継をやる」
「え?」
「手ぇにマイク持ったつもりで、目ぇに見えたもんを解説する。まず見本やるから、よう見とけ」
 と、先生は実況中継を始めた。
「晴れ渡った空に、むくむくと入道雲。積乱雲と表現するより、ずっと夏を感じさせる言葉ではあります。ここに蚊取り線香。ヒエヒエのスイカ。風鈴なんかがチリンと音を響かせますと、立派に夏の道具立てが揃い、あっぱれ『ああ、日本の夏』の風情であります。目をおもむろに下ろしますと、一面のグラウンドに、部活に励む生徒諸君の姿が(長いので割愛します)……と、Y高校、真夏のグラウンドからの実況でありました」
 なんと十分間も。思わず拍手! 休憩中の女子バレーの子たちもいっしょになっていた。
「どうもありがとう(女バレの子たちにお愛想)いいかい君たち……あかん、標準語のままや。オホン、ええか。観察しながら、見たこと、感じたことを言葉に置き換えて、同時に話す。テンポとか聞いてる視聴者、ここでは君らやけどな。その反応も見ながら話題を変えていく。簡単に言うたら、演る自分と、それを観察してコントロールする自分と二人要る。基本的にはアナウンサーの練習やけど、役者の練習にもなる。今の自分らの芝居はコントロールができてない。ほな、はるかからいこか」
「え、わたしですか?」
「ほかに、はるかはおらん」
 一分はもった、目をグラウンドから、校舎に目をやったところで、詰まってしまった。二階の窓に吉川先輩「あとで……」と口パク。
 先輩二人も、二分と持たなかった。
「栄恵ちゃんおったら、このレッスン喜んでやったやろねえ、アナウンサー志望やさかいに」
 タマちゃん先輩が、まぶしそうに空を見上げた。
「お母さん、早よようなったらええのにな」
 時刻表のように精密な出欠表を見ながら、タロくん先輩がため息をついた。
 吉川先輩の口パクが無ければ、もう二三分はもったのに、とわたしは負け惜しみ。

 午後の稽古では「感情に飛びつくな」と注意された。笑うところで、笑ったら「笑うな!」と言われた。

「人間、笑おと思て、笑うんは『お愛想笑い』だけや。そんなんシラコイやろ。はるか、おまえはカオルや、スミレがシンパシー(共感てな意味)感じて、呼吸がいっしょになる。ほんで初めて喜びやら、はしゃぎに繋がって笑いになる。出会いのとこは六十何年ぶりに生きた人間と話して、それも、狙い付けてたスミレと話せたことでびっくりして笑いになるんや」
「どうしたら……」
「とりあえず、自分の台詞は忘れろ(せっかく覚えたのにー)。そんでスミレの言葉を聞け。そしたら自然に笑いがこみ上げてくる」
 雲をつかむような話。よくわからなかった。
「それから、香盤表と付け帳。舞台で使う衣装やら小道具を書く。一応必要なもんはプリントにしといた。これ参考に書いといで」
これはよく分かった。
「それから、はるか」
「はい?」
「……もうええわ」
 先生は、わたしの顔を見て、何か言おうとしてやめた。

「先生、ありがとうございました。みなさんお疲れ様でした」
 お決まりの挨拶をして、帰り支度をしていると、先生が思い出したように言った。
「今日、ドラマフェスタの最終日やな。だれか行ってこいよ小屋はPホールや近鉄沿線のもんが行きやすいぞ」
「ボク今日は、家族と出かけますねん」
 U駅近くのタロくん先輩が予防線を張った。
「じゃ、わたし行きます。近所のホールだし」
 これで五本目。クラブの中でも一番たくさん観ている。だから気軽に手が上がった。
「はるか、観るんやったら、台詞をしゃべってない役者見とけ。オレの言うてることが、ちょっとはわかる」
「はい……?」 
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・新 VARIA... | トップ | 高校ライトノベル・連載戯曲... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。