大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・オメガとシグマ・77『くたばれ腐れ童貞!』

2017-05-14 11:37:56 | 小説
高校ライトノベル・オメガとシグマ・77
オメガのターム『くたばれ腐れ童貞!』




 起き抜けに点けたテレビに、いきなり妹のドアップが写って驚かない兄はいないだろう。

 ゲホッ! ゲホ! ゲホ! ゲホ! ゲホ!

 お茶が横っちょに入ってしまって、死ぬほどむせかえってしまった。

「あらあら、朝から不調ね」
 松ネエが背中をさすってくれる。松ネエもやっと落ち着いて、昨日からは屋内に限って普通に過ごしている。
 しかし、やっと回復期の松ネエに労わられるというのも申し訳なく、自分で水を飲んで喉の混乱を収める。
「やっと発表になったのね」
 菊乃のドアップを見ても動じることのない松ネエは、菊乃の姿に目を細めている。
「これって、いったいなんなの?」
 ストロボ焚かれまくりの中で、ニコニコとトロフィーを抱いている菊乃は、ひどく現実離れしている。
 瞬間アップになったトロフィーには、こんな言葉が刻まれているのだ。

 ☆・第十七回突撃文庫新人賞・☆

 時空が歪んで、パラレルワールドの、それも、とってもでんぐり返った異世界の出来事だと思った。
「家では、あんまり騒がないでって言われてたけど、受賞発表されたら、もう解禁ね」
「おお、いよいよだったんだな」
「付き添って行けばよかった」
「今夜はお祝いだな」
 いつの間にかリビングに収まった菊乃の両親と祖父が盛り上がっている。
 両親と祖父ってのは、俺にとっても親父とお袋と祖父ちゃんになるんだけど、あまりのショックで違和感の有りまくりなんだ。
 菊乃に文才が有るとは知らなかった、てか、菊乃は作文も苦手なはずだ。
 それがラノベの登竜門として超有名な『突撃文庫新人賞』を受賞、いや、応募したこと自体信じられない。
――わたしって、本当は臆病で自信のない子なんです。でも、突撃のスタッフさんたちが、ここ一番という時にきちっと応援してくださるので、なんとか受賞させていただいたんだと、とっても感謝してます――
――いや、菊乃さんに、それだけの力があるからですよ。最終選考に残った時、初めて経歴を見ましたが、15歳の女子高校生なのにはビックリしました――
――あの時ポテチいっぱい下さったじゃないですか『とりあえずおめでとう賞』ってことで。スタッフさんたち凄いと思いました。春にはポテチ用のジャガイモが品薄になって、ポテチがすっごく喜ばれるって読んでたんですもんね、わたし、ポテチだけでもよかった! そう思ってましたもの――

 ましたもの……なんちゅう猫っかぶり! それに一人称も「わたし」になってるし!
 俺は、このあとの展開に、ひどく良くないものを予感していた。
 で、その予感を超えて、受賞発表は場外ホームランになってしまうのだ!

――菊乃さんの凄いところは、ラノベに新しいステージを提示したことですよね――
――提示だなんて、わたしは、ただ届く範囲の想像力で書かせてもらっただけです――
――タイトルは『くたばれ腐れ童貞!』。凄いです、久々に突破力満点の作品が出てきたと括目してますよ!――

 そう、菊乃のラノベネタは、こともあろうに、この俺だったのだ!
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・新希望ヶ... | トップ | 高校ライトノベル・VARIATION... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。