大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・VARIATIONS*さくら*95『さつき今日この頃・2』

2017-05-18 06:00:52 | 小説4
VARIATIONS*さくら*95
『さつき今日この頃・2』



 意外な人が周恩華さんの身元引受人になって、カタがついた。

 なんと、裏のアパートの冴えない住人、四ノ宮忠八クンだった。
「よかったら、さつきさんもどうぞ」
 というので、迎えのタクシーにいっしょに乗った。

 違和感は、ここからだった。四ノ宮クンと言えば東京大学に籍があることだけが取り柄の、冴えない上に貧乏な学生という認識しかない。
「四ノ宮クン、どこに行くの?」
「恥ずかしながら、僕の実家」
 そう言ったなり黙りこくってしまった。タクシーは山の手の高級住宅街に入って、ひときわ大きなお屋敷の前で……と思ったら、八の字に開いた門を抜けて、玄関の前の車寄せで止まった。タクシーのドアが自動で開くのは当たり前だけど、開いたドアの前に執事さんとメイドさんが出迎えているのにはタマゲタ。
「四ノ宮クン、あなたって……」
「めったに、ここには来ないんだけどね……」
「奥の座敷になさいますか? それとも坊ちゃんのお部屋で?」
「僕の部屋。肩の凝らないところがいいだろうから」
「若奥様は、間もなくお出でになります」
「え、まだ来てないの。桜だけが頼りなのに」
「え、さくらちゃん!?」
「あ、来てから説明するけど、あの『さくらちゃん』じゃないから。ま、どうぞ。南さん、お茶だけおねがいします」
「かしこまりました」
 アキバや渋谷のまがい物ではないメイドの南さんが言った。メイドも本物になると迫力と気品がちがう。

 四ノ宮クンの部屋は広いだけが取り柄のガラクタ部屋だった。プラモデルやフィギュアの類なら、まだ理解はできるけど、かなりの量のプラレールや、骨董品屋さんの倉庫のように鎧があったり、模擬刀なんだろうけど、刀があったり、壺や茶わんや掛け軸。よく見ると、なんかの専門書や漫画などがゴタマゼで平積みになっていた。天井からは、モビールやら、模型飛行機なんかもぶら下がってた。
 あたしはぶっタマゲタけど、恩華さんは不快を絵にかいたような顔になっていた。

 二三分すると、メイドではないかわいい子がワゴンにお茶とケーキを乗せて現れた。若奥さんではないと思った。身に着いた気品や、そこはかとなく感じる人としての幅が四ノ宮クンとはかけ離れ過ぎていた。言ってみれば、この娘さんはドラマで主役がはれそうだったが、四ノ宮君は、どう見ても通行人のエキストラ。
「妹の篤子。こないだまではオレのお目付け役だった」
「過去形で言わないでくれます、お兄様」
「おいおい、じゃ、お目付け役が二人も居るってことかい?」
「たった二人だと思ってたの? まあ、頼りない兄で申し訳ありません。そういうわたしも盲腸のときはさくらさんにお世話になりましたけど。どうぞ恩華さん」
 恩華は、お茶を受け取るふりをして、少し先にあった脇差を抜くと自分の喉元に当てた。

「恩華さん!」

「それ以上近づかないで!」

 それ以上近づけば、自殺しかねない勢いで、誰も身動きができなかった……。

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・オメガと... | トップ | 高校ライトノベル・オフステ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。