大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・新 時かける少女・9〈ガーディアン〉

2016-11-07 06:50:42 | 時かける少女
新 かける少女・9
〈ガーディアン〉
 



「始まったわね」

 オスプレイの機内で、エリーが呟いた。そして、指揮官らしい将校に何か言ってる。
「エリー、あなたって……」
「あたしは、愛のガーディアンよ」
「ガーディアン?」
「愛を守るために、去年から那覇中央高校にスリーパーとして潜り込んでいたの」
「うそ、あたしのため?」
「南西方面遊撃特化連隊ができたときから。K国もC国も、この部隊ができたときに、日本は本気なんだということを知った。だから、いざというときには混乱を引き起こして、有利に戦おうとした」
「それが、あたしを狙うことだったの?」
「愛を殺せば、連隊長の判断が鈍る」
「お父さんは、そんなことで判断を誤ったりしないわ」
「敵は、お父さんを甘く見ていた。だからフェリーの中で愛を殺すことに失敗したあとは、沖縄で派手に愛を殺すことに切り替えた。大げさな事件になれば、非難は特化連隊や政府に行くわ。それで、特化連隊や日本政府の手を縛ろうとしたの。さっきの学校前の事件、A新聞なんかは、特化連隊との関連に気づいて……むろん情報をたれ込んだのは、敵のスリーパーだけどね。政府批判のキャンペーンをやり始めた」
「わ、わけ分かんないよ」
「愛に間違われた子は、死んだわ。他にも怪我人がね。日本人は、こういう事件が起こると敵よりも、敵に、そうさせた政府や自衛隊を非難する。敵の狙い通りよ」

 オスプレイは時間を掛けて海を渡った。おそらく内地の米軍基地を目指している。

 基地にたどり着いたのは、夕方だった。あたしたちは、他の米兵と共に、基地内の宿舎に向かった。あたしとエリーに化けた女性兵士は、護衛十人ほどが付いて別の建物に入っていった。

「愛、悪いけど髪を切って染めてくれる」

 そう言ってきたエリーは、他の女性兵士と同じようなショ-トヘアーになっていた。あたしも、アレヨアレヨというまにブラウンのショートヘアーにされてしまった。
「お母さんには、自衛隊で保護してあると言ってある。この二十四時間の間に事態は動くわ。政府がバカな判断をしなければスグにカタが付く」
「うん……」
「……気に掛かってるんだね、宇土って工作員が言ったこと」
「そんなことないよ。あたしは、お父さんとお母さんの娘だもん!」
「やっぱ、ひっかかってるんだ」
「違うってば!」
「だったら、なんで、そうムキになるの」

 返す言葉が無かった。

「おいで、証明してあげよう」
 エリーは、そう言って、あたしを研究室のようなところへ連れていった。
「これ、さっき切った愛の髪の毛。念のために口の中の粘膜ももらおうか」
 ポカンとしてるあたしの口に、エリーは綿棒を突っこんで、あっという間にホッペの内側をこそいでいった。
「そんな、乱暴にしなくても……」
「ごめん。ついクセでね」

 エリーの本性が分からなくなってきた。

「これが愛の遺伝子。こっちがお母さんの髪の毛から取った遺伝子。ね、よく似てるでしょ」
 エリーは、モニターを見ながらニマニマし、エンターキーを押した。
「ジャーン。これが結果!」

 あたしとお母さんが親子である確率は99・999%と出てきた。
 正直ホッとした。
 ホッとしたのもつかの間、基地内にアラームが、鳴り始めた。

「中尉、C国がS諸島に侵攻しはじめました!」

 若い下士官が、エリーに言った。
「愛の前では、そういう呼び方しないで!」
「すみません。軍服を着てらっしゃったので、つい……」
「この上歳なんか言ったら、軍法会議」
「ハッ!」
「……かけないで、銃殺!」

 下士官は、顔色を変えてすっ飛んでいった。

「アハ、今の冗談だからね」

 しかし、事態は冗談ではない方向に進んでいた……。

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・乃木坂学... | トップ | 高校ライトノベル・ライトノ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

時かける少女」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。