大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・VARIATIONS*さくら*3≪ピンクベイビーズ≫

2017-02-12 06:59:52 | 小説4
新 VARIATIONS*さくら*3 (さくら編)
≪ピンクベイビーズ≫



 夏休みは、ほとんど成果とか成長とかからは無縁で終わってしまった。ま、毎年のことだけど。

 でも、まったく無かったわけでもない。しいて挙げれば二個ある。
 一つがピンクベイビーズを発見したこと。You Tubeを見ていたら偶然「発見」した。
 アカぬけきっていない少女たちが、ピンクレディーの「WANTED」と「UFO」歌って踊っていた。あたしはピンクレディーには昭和の力がこもっていると思う。根拠はない。何年か前に2年間の限定でピンクレディーが復活したときに、お父さんが照れ隠しにあたしを連れて行った。「いやあ、娘が見たいって言うもんですから」という言い訳のため。

 落語で似たようなのがあった。人前でオナラをする癖がある母親が、万一の言い訳のために息子を連れていく。ついていくと10銭の小遣いがもらえる。ところが、ある日、母親は二回も訪問先で放屁してしまった。
「まあ、この子は人様の前で、二回も。申しわけありません」
「お母ちゃん、二回で10銭は安いよ!」
 で、バレてしまうというはなし。

 あたしは、大人しくしていたし、お父さんが心配するように人に言い訳しなきゃならない状況にはならなかった。
 で、あたしがハマってしまった。ハマるといっても熱烈なおっかけなんかはしない。動画サイトで、ピンクレディーを探しては録画して観たり聞いたり。スマホのマチウケにするほど浅はかでもない。

 言っとくけど、あたしに音楽的才能なんてのは無い。ただ、なんとなくいいなあと思って聞いている程度。他にもキャンディーズ、中島みゆき、イルカ(名残雪だけ) かぐや姫、スマップなんか好き。スマップがピンクレディーとコラボしたときなんて、ちょっと興奮。
 AKBも出だしのころはご贔屓だった。イカシテいながら素人っぽいところがいい。
 ピンクベイビーズには、それがある。Twitterで、呟いたら、3人ぐらいの人がリツイート。ひょっとしたら先見の明があるのかも。

 もう一つの成果は『はるか ワケあり転校生の7カ月』の発見。以前は『はるか 真田山学院高校演劇部物語』でネットに出ていた。タイトルを変えて本物の本になったのでビックリするやら、先見の明がビビッとするやら。
 主人公のはるかが、今時こんな女子高生いるかって感じなんだけど。ちょっと抜けててピュアなところが、で、坂東はるかって女優さんのセミドキュメンタリー風。あたしのアンテナの周波数にあった。

 今日は夏休み明けの短縮なんで渋谷Tデパートの本屋さんに行った。恵里奈は部活があるので、マクサを誘う。
「あ、絵の展示会やってる」
 エレベーターの中でマクサがささやくように言った。見ると印象派っぽい広告が貼ってあった。印象派は好きだしタダで観られるので、本屋さんの階は飛ばして催事場へ。H・大林という人の絵だ。港を海側から見た絵で『魔女の宅急便』の冒頭に似たものを感じる。ヨットの帆柱が林立する向こうに、ローマ時代の水道橋が見えて、その下のあたりが入江か川でがあることを暗示している。印象派的な光の使い方もいいけど、見えないところに空間の奥行きを感じさせるところがいい。
 このコンパクトでツボを押さえた評はマクサ。お茶の家元の娘だけのことはある。

「ちょっと、そのまま、ガラスに目の焦点合わせてみそ」
「え、なに?」
「いいから……」
 あたしが、そう言うとマクサも、ようやく分かった。

 ガラスには、あたしたちと同じ帝都の制服着た子と、乃木坂学院の制服きたアベックが、絵を観ているのが映っていた。
 乃木坂は、ぜんぜん方角違い。これは、乃木坂の男子が気を使って、渋谷にまで来て、絵の鑑賞をしながらのつましいデート。
「ウラヤマだな……」
 マクサが呟く。あたしも、このアベックのありようをとても好ましく思った。だからして、お邪魔虫にならないよう、二人の視界に入らないように気を使った。

 ところが、ここから問題なのよね!

 一階下の本屋さんのフロアーに行ったら、また、このアベックに出くわした。本屋さんに来ることは問題なし。微笑ましいくらいに、あたしのアンテナには好ましく感じられたぐらい。
 ところが、ところがよ。あとがダメダメ!

 女の子は、ファッション雑誌のコーナーで若者向きのファッション雑誌見ながら「かわいい~」「いけてる~」を連発。よくよく見ると、ゴスロリのところでキャピキャピ。男の子は、スマホでモバゲーとかやってる感じで、テキトーに返事。で、二人から感じられるのはイケてるオーラ。さっきのつましさはどこ行ったんだ!
「ちょっと、よしなさいよ」
 マクサの制止をを振り切って横に並ぶ。彼女と同じ雑誌めくって「サイテーのセンスだね!」と独り言。さすがに女の子はムッとして、こちらをチラ見。

「あ、佐倉さん!?」
「あ、(学級委員長の)米井さん!」

 同じクラスで、疎遠な米井由美と初めて会話を交わした瞬間だった。

 で、あたしは、やっぱ、ピンクベイビーズ的なものが好きだ……と実感した瞬間でもあった。

 

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・秘録エロ... | トップ | 高校ライトノベル・トモコパ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。