大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・時かける少女BETA・26《大和と信濃と・11》

2017-07-27 06:33:51 | 時かける少女
時かける少女BETA・26
《大和と信濃と・11》
         


 今回釈放に応じた捕虜は2000名だった。

 残り500の捕虜たちは、自分たちと交換に油と交換されることを拒絶した。軍人らしいと言えばそうだが、そういう者は一握りで、大半の者は仲間や上官の意志に流されたものだった。

 捕虜たちの出発は、3月20日横浜の埠頭からだった。今回の乗船は前回油を積んできたアメリカの二隻のタンカーである。
「日本には、もう余分な船は残っていない。交換を迅速に済ますためにも、この二隻のタンカーを使わざるを得なかった。見送りに500人の残留する仲間にも来てもらった。30分の猶予を与える。残留したい者は船から降り給え。また、見送りの諸君で気の変わった者も乗船してもらっても構わない。この10日余りで、携帯電話でいろんな話を、いろんな相手にしてもらったと思う。上官や仲間の気持ちはどうでもいい。一人のアメリカ市民として判断したまえ。4月の初旬には君たちの大部隊が沖縄に上陸する。我々は全力で阻止する。釈放される諸君は二度と戦場には出られない。国際法だからね、お互いに最低限の約束は守ろう。帰国する諸君はアメリカで声をあげてもらいたい。原子爆弾は使うなと。じゃあ、30分のシンキングタイムだ」

 見送りの捕虜たちに動揺が走った。結果、新たに300の捕虜が見送る側から見送られる側に変わった。

 護衛には、前回同様に大和と信濃が付いた。前回と違って、信濃には30機あまりの紫電改が積まれていた。いずれも、あの真っ黒い紫電改である。その紫電改が、なぜか250キロの爆弾を積んで発進した。
「何のつもりだ……!?」
 捕虜たちに動揺が走った。釈放を餌にして味方の攻撃に出たのかと思ったのだ。

 紫電改は3機ずつの編隊になり、なんと大和を急降下爆撃し始めた。
「な、なんだこれは!?」
 紫電改の10組の編隊は、全機正確に30発の爆弾を大和に命中させたが、爆煙が風に吹き飛ばされると、大和は何事もなかったように無傷で航行していた。
 そして、9機の紫電改が空中に「バカげた戦争を終わらせよう」と英語で空中に文字を描いた。
 空中の文字が消えかかったころ、米軍の船団がやってきた。今回は護衛に新鋭の戦艦ノースカロライナを伴っていたが、さっきの紫電改の爆撃に耐えた大和をみていると、どこか見劣りがした。
「じゃ、ウェンライト。今度は戦争が終わってから会おう」
「ああ、ただしアメリカが勝った上でな」
「勝負は五分五分で幕を下ろす」
「原爆もカミカゼもない、勝負でな」

 日米の中佐が、そう言葉を交わした一週間後、アメリカ軍は沖縄本島に上陸を開始しようとしていた。そして、上陸前の艦砲射撃を加えようとした直前、米軍司令官サイモン・バックナー、レイモンド・スプルーアンスに電文が届いた。

――ただちに攻撃作戦を中止し、艦隊を戻せ。5分後に威嚇攻撃をかける――

 発信者は、伊藤整一中将であった。そして、きっちり5分後に、空母エンタープライズが爆沈した……。

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・連載戯曲... | トップ | 高校ライトノベル・小悪魔マ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

時かける少女」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。