大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・トモコパラドクス・95『友子の修学旅行・1』

2017-05-16 06:15:19 | トモコパラドクス
トモコパラドクス・95 
『友子の修学旅行・1』
       

 三十年前、友子が生む娘が極東戦争を起こすという説が有力になった未来。そこから来た特殊部隊によって、女子高生の友子は一度殺された。しかし反対勢力により義体として一命を取り留めた。しかし、未来世界の内紛や、資材不足により、義体化できたのは三十年先の現代。やむなく友子は弟一郎の娘として社会に適応する「え、お姉ちゃんが、オレの娘!?」そう、友子は十六歳。女子高生としてのパラドクスに満ちた生活が再開された! 久々に女子高生として、マッタリ過ごすはず……今度は、忘れかけていた修学旅行!


 コンクールですっかりとんでいたが、来週から修学旅行である。

 乃木坂学院も、以前は他の学校同様に海外が流行った。イタリア、ドイツ、オーストリアなどを一週間かけて回っていた。
 しかし、他の私学も同様な修学旅行をやり出すと、新鮮みがなくなってきた。

「韓国、中国をまわろう!」

 団塊の世代の先生が言い出したこともあるが、理事長が反対した。
「マスコミに乗せられて、生徒に贖罪旅行をさせるつもりですか」
 組合を中心とした先生達が、こぞって理事長に反対の直訴に及んだが、見事に論破されてしまった。
「反日に凝り固まった国に行っても得るものはありません。広くアジアに目を向けようということには賛成です。先生方の中で、韓国、中国以外の国にお説があるならうけたまわりましょう」
 だれも答えられる教師はいなかった。逆に、バングラディシュ、台湾、ベトナム、パラオなどについて理事長は語り出した。社会科の教師よりも博学で、かつ噛んで含めるように説明した。
「国旗当てクイズをやりましょう」
 理事長はアジア数カ国の国旗を見せた。信じられないことに全問正解の教師はいなかった。
「この日の丸に似たのが、バングラディシュとパラオです」
「あ、いま言おうと思っていたところです」
「それは失礼。では、パラオの黄色のマルが、なぜ左に少しだけ寄っているかご存じですか?」
「それは……」
「日本に遠慮されたそうですよ。ベトナムなどにも学ぶべきものがありますが、いかんせん。これらの国々には、修学旅行を受け入れる下地がない。で、どうですか、いっそ国際的に外国人の視線で考えてみては?」
「そ、それは良いことです」
 組合の先生達は、うっかり賛意を表してしまった。
「それでは、日本にしましょう」
 で、決まってしまった。

「……というわけで、君たちは日本の原点を見極めるために、関西に行きます。コースは十通り、抽選の結果を各担任の先生からしていただきます」
 修学旅行担当の先生から全員に、決定したコースのパンフレットが渡された。なんと全員が希望通りのコ-スだった。大は八十人から、小は二十人までのコースだった。
 これには、理事長の巧みな誘導があるのだが、気づくものは居なかった。

 今週いっぱいは、二年生の放課後は、修学旅行の準備が優先される。使い方は各自の自由であるが、帰ってから総合学習の一環としてレポートが課されているので、そうそう手抜きもできない。

「ま、レポートは任しといて」

 友子の一言で、友子の班は、放課後を旅行準備の買い物にあてた。
 言うまでもないが、友子の班は、クラスのお馴染みが全員いた。男子は亮介、大佛。女子は麻衣、妙子、純子、梨花。それに急遽コンクールの赤ちゃん事件から入ってきたC組の滝川コウが入っていた。
「いい、今日は下見ね。慌てて買ったら損するから。ま、どーしてもって人は止めないけどね」
 で、八人は、好きな者同士バラバラに行動した。
「ね、友子は、やっぱ自由時間の私服中心に見るのよね?」
「あの……滝川さんの女子高生って、やっぱキモイんですけど」
 滝川は、とっくに退役した義体で、本性は着やせはするがムキムキのオッサンである。
「しかたないでしょ。すみれちゃんのことでこうなっちゃったんだから」
 友子は、見てくれだけで滝川に接することに決めた。外見は女子高生に擬態しているので、記憶を眠らせてしまえば違和感はない。

――でも、この記憶って、消せないのよね!――

 その気になれば、渋谷中のお店の商品情報など簡単に検索できるのだが、今日は、あくまで人間の女子高生、それも修学旅行前のルンルン気分で来ているので、義体としての能力はカットしている。たまには並の女の子として、悩んだり迷ったりしてみたい。
 滝川も同様らしく、義体としての思念は感じなかった。

 しかし、そこが落とし穴だった。敵は、どういう手を使ったのか、若いシングルマザーに擬態して、すみれを抱っこして、何度も思念を送りながら、友子と滝川に接近していた。気づいた時は、抱っこしたすみれに、ナイフを突きつけていた。むろん人には見えないようにして。

==赤ん坊の命が惜しければ、修学旅行に行くな!==

 強烈な思念が、二人の義体のCPUにこだました……!
 

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・オフステ... | トップ | 高校ライトノベル・時かける... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。