大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・メガ盛りマイマイ 06『俺たち兄妹の秘密・その二』

2017-06-20 12:10:49 | ノベル
 高校ライトノベル・メガ盛りマイマイ 
 06『俺たち兄妹の秘密・その二』





 ちゃんとしたお家に住めるわよ

 それが最後の言葉だった。

 いつもより軽い足取りで、アパートの階段を駆け下りて行ったお袋。
「勇者レイディーンを四週分くらい観たら帰って来るから」
 お気に入りのアニメをセットして「ちゃんとしたお家に住めるわよ」と続けたんだ。

 四週分観終って、玄関の呼び鈴を押したのは警察官だった。

 子ども心にも、お袋は殺されたと思った。
「あんたのお母さん、忘れたわけじゃないでしょ……」
 舞がガチガチのマジになって言ったのは、そういうことだ。

 俺は、自販機の陰でイヤホンを装着した。

 舞のスマホは親父の会社の試作高級機で、いろんな機能がついている。その一つがこれだ。
 舞がいる場所の映像が、俺のスマホに送られてくる。
 どんな仕掛かは分からないが、舞を中心の3D映像だ。

 舞の前にはヒッツメの女の人。

 化粧っ気はないけど美人だ。
 勘だけど、モデル上がりのプロディユーサーかなんかだと思う。
 以前、関根さんのブログを見ていて、そんなことを見たか読んだかした記憶がある。
 暇つぶしのネットサーフィンで得た情報なんで確実じゃないけどな。

 斜め前には関根さん。

 太めのボーダー柄のタンクトップにピンクのショートパンツ。膝の上に揃えた両手の指は淡い水色のマニュキア。
 ちょっと露出が多くてドキドキする。
 モデルをやっているとはいえ、冷房も効いてるんだろう、寒くないのかなー。
 と、思ったら、椅子の横にトートバッグを置いていて、中からサマージャケットみたいなのが覗いている。
 なるほど、怠りのない美人さんだ。
「ユイちゃん、あれを」
「あ、はい」
 ヒッツメさんに言われて、トートバッグを探る。
 当然前かがみになるので……胸の谷間が見えてしまう。

 !!

 関根さんて着やせするタイプなんだろうか……スゴイ。
 すかさずアップにしてみるが、ブツはすぐに見つかってヒッツメさんに渡される。
「こういう感じなの」
 ヒッツメさんが舞に手渡したんだろう、画面は手渡されたパンフだか雑誌だかの背表紙の陰になる。
「うわーー……」
 舞の感嘆の声、ブツが邪魔をして関根さんが見えなくなって、音もくぐもってきた。
 でも、さすがは親父の会社の試作品、カメラはブツから見えている関根さんの下半分にピントが合った。
 関根さん、教室では、よく足を組んでいる。
 モテカワイメージの関根さんなんだけど、そいう足を組んだ姿も、ちょっと大人びたイメージでイカシテいる。
 しかし、ここでは足を組まない関根さんだ。
 ここは、モデルとしては職場で、上役と思われるヒッツメさんがいるのでわきまえているんだろう。
 なかなか大したもんだと感じ入る。

 それにしてもきれいな脚だなあ……

 そうこうしているうちに視界を遮っていたブツがどけられ、一瞬トンネルから出てきた時みたいにホワイトアウト。
「「「「失礼します」」」」
「どうぞ、入って」
 のやりとりがあって、女の子が四人入って来た。
 これは、関根さんのモデル仲間だ!

 俺は、一人一人に注目した。なんとも目の保養だ。
 ヒッツメさんの前だからではあるんだろうけど、派手なファッションのわりには、清楚って言っていいくらいキチンとしている。
 ちゃんとオヘソの前で手を組んで、脚もそろえて立っている。
 喋る時には、接頭語のように「ハイ」がつく。
 女の子がキチンとしているのは、清々しいだけじゃなくて、魅力を倍増させるよなあ。

 そうこうしているうちに、パチパチと拍手が起こった、

 ガサゴソとマイクが擦れるような音がしたのは、舞がお辞儀をしたせいだろう。
 
 どうやら、めでたく舞はモデルの仲間入りをするようだ。

 七つの部活に生徒会、加えてのモデル業の開始。

 妹ながらよくやるよなあ……。
 
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・ライトノ... | トップ | 高校ライトノベル・新 VARIA... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ノベル」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。